長野ラジオ孔子学堂中国語講座2016年度受講生受付中!

◎HSK中国語検定ご案内 

ぴっTOPICS
県協会60周年記念式典、記念誌発行など決定、県日中友好協会定期大会(5/12)

創立60周年・長野県日中友好訪中団、北京・河北訪問、60周年をともに祝賀(4/6~11)

第39回日中スキー交流会、熱く交流(2/27~28)

帰国者への理解を深めるつどい・体験発表と春節交流会(2/14)


県日中友好協会新春座談会・新年会を開催(1/25)

中国人養母ら招き阿智村でシンポジウム(12/12)

第19期日中関係を考える連続市民講座スタート(11/28)

県女性委員会、新潟中国領事館を訪問(11/19)

丹羽宇一郎・前中国大使講演会(10/9)

中国語スピーチ県大会、26人が出場(9/27)


第50回日中友好キャンプ、上高地・小梨平(8/8~9)

高波謙二氏を新会長に選出、井出会長は最高顧問に、県日中友好協会定期大会(5/25)

2015年緑化協力・南京城壁修復20周年記念訪中に参加して(5/12~16)






長野茶臼山動物園のレッサーパンダ、中国石家荘市からの親善大使だよ

 JAPAN-CHINA FRIENDSHIP ASSOCIATION OF NAGANO PREFECTURE
長野県日中友好協会のホームページへようこそ

 
 日中友好協会は全国にネットワークを持ち人の交流を軸に多彩な事業を展開しています。      
会長メッセージ 協会案内 催し案内 友好短信 友好論壇 資料編 リンク
     
 
 
  
上野動物園のパンダの力力(リーリー)と真真(シンシン)、”白浜カップルに負けないで今年も頑張ります。”
あなたは、番目の訪問者です!***
ご意見・ご質問等 jcfan@mx1.avis.ne.jpまでどうぞ
友好短信

2016年1~8月
2015年1~12月

写真で見る
日中フォトニュース

2016年1~5月
2015年1~10月

高波謙二会長メッセージ

年頭のごあいさつ-長野県日中友好協会創立60周年を迎えて




 *HOT SPOT
 
注目論点&友好論壇



催し案内
ご参加ください


中国語学ぶなら、長野ラジオ孔子学堂中国語講座!

◎HSK中国語検定ご案内
◎第19期日中関係を考える連続市民講座

長野県日中友好協
会ご案内


◎地区日中友好協会案内

 ◎友好団体案内

*飯田日中友好協会のホームページ゙

*松本日中友好協会のホームページ

*長野市日中友好協会だより

 まんが
 『内山完造の生涯』


mini日中クイズ
≪日中面白比較なぜ?≫
千万不要在日本待的太久
絶対日本に長く住んではいけません
 長野ラジオ孔子学堂だより
中国帰国者だより
長野県日中友好協会青年委員会
長野県日中友好協会女性委員会
長野県「人民中国」読者会だより

長野県北京放送を聞く会だより

満蒙開拓平和記念館
日中共同声明日中平和友好条約・日中共同宣言「戦略的互恵関係」の包括的推進に関する日中共同声明」
*中国各地区の概況*
(北京放送/中国百科)
 中国の 世界遺産
 友好都市提携紹介  
 長野県と河北省

長野県華僑総会
北京放送

情報ネットへのリンク

ぴっづき写真をクリックしてください。

TOPICSぴっ

県協会60周年記念式典、記念誌発行など決定、県日中友好協会定期大会(5/12)

創立60周年・長野県日中友好訪中団、北京・河北訪問、60周年をともに祝賀(4/6~11)
第39回日中スキー交流会、115人参加して熱く交流(2/27~28)

帰国者への理解を深めるつどい・体験発表と春節交流会(2/14)
県日中友好協会新春座談会・新年会を開催-創立60周年、友好交流の再活性化へ(1/25)
中国人養母ら招き阿智村でシンポジウム(12/12)
第19期日中関係を考える連続市民講座スタート(11/28)
県女性委員会バスツアー、新潟中国領事館を訪問交流(11/19)
長野市の帰国者、世界遺産・富岡製糸場とこんにゃくパークを見学交流(10/25)
お世話になりました朱丹陽老師、ようこそ王秀閣さん、歓送迎夕食会(10/6)
丹羽宇一郎・前中国大使招き講演会を開催(10/9)
中国語スピーチ県大会、26人が出場して中国語を競う(9/27)


第2回日中友好秋季セミナー松本で開催、程永華大使講演(9/26~27)
中国女子ジャンプ訓練隊、白馬で訓練(9/23~10/14)
中国昆劇長野公演、伝統芸術の舞台に感動(9/22 
第42回中国語夏期スクーリング、良く学び同学が有意義に交流(8/29~30)
第50回日中友好キャンプ、友好王国in上高地・小梨平キャンプ場(8/8・9)
中国留学生23人が信州で第25次ホームステイ(7/22~24)
関係好転を活かし経済交流を促進、日中経済交流促進協議会総会(6/23)
高波謙二氏を新会長に選出、井出会長は最高顧問に、県日中友好協会定期大会(5/25)
2015年緑化協力・南京城壁修復20周年記念訪中に参加して(5/12~16)
第38回日中スキー交流会in木島平スキー場、打ち解けて友好交流(3/21~22)
帰国者への理解を深めるつどい・体験発表と春節交流会(2/22)
河北省代表団、白馬などの五輪ノウハウを視察交流(1/27)
河北省省長一行を迎えて友好提携30周年を祝う(1/26)
戦後70年、友好協会創立65周年を友好再出発の年にー 新春座談会・新年会を開催(1/16)


(詳しくは友好短信2016年1~5月友好短信2015年1~12月をご覧ください)

 *催し
       ご参加ください


◎第43回中国語夏期スクーリング
今年も恒例の第43回中国語夏期スクーリングを開催します。同学と集う中国語レベルアップの2日間にチャレンジしましょう!
*日時:8月27日(土)10:00~28日(日)15:30   *場所:長野ラジオ孔子学堂各教室(長野市岡田町166-1森ビル新館4階)
*参加費:3,500円(食費・交流懇親会費/食費懇親会以外の費用は孔子学堂の助成、通所方式で行います)
*定員:40名(8/18締め切り、先着受付)

HSK中国語検定ご案内 
長野孔子学堂、地元長野でHSK中国語検定試験が受けられます。
2016年は2月21日(日)、3月20日(日)、9月11日(日)行われます。詳しくはこちら→HSK

中国語学ぶなら、長野ラジオ孔子学堂中国語講座!
  ≪毎週2時間の学習! 月謝は3,000円!≫
火~金曜日 入門・初級・中級・上級(それぞれ午前の部と夜の部があります)
授業見学歓迎します。ご希望の方は、事務局までご連絡ください。(TEL026-224-6517)

"言葉は相互理解と友好の架け橋"
あなたも『中国語』を学んで、中国の友人との交流を深めませんか!ビジネスにも必需の中国語、また年配の方も生き生きと学んでいます。

長野県日中友好協会と中国国際放送局は、中国語の普及や中国文化の紹介などを趣旨とする、「長野ラジオ孔子学堂」を開設いたしました


満蒙開拓平和記念館  開館から3年、来場者は約9万人に。  お誘いあって参観ください!!

”前事不忘、後事之師”-前事を忘れず、後世の教訓とするー満蒙開拓団の歴史的悲劇を風化させることなく、平和への願いを 今、伝えたい。全国で最も多くの開拓団を送り出した長野県南部のこの地域に全国で唯一の満蒙開拓団に特化した記念館が2013年4月オープンしました。

*満蒙開拓団の歴史を時代の流れに沿って展示、映像や写真などを多く用いて、若い世代にも理解しやすい工夫をしています。「語り部」の話や証言映像などを視聴できます。資料閲覧用の資料研究室や喫茶コーナーもあります。お誘いあってご来場ください。

◇開館時間9:30~16:30(入館は16:00まで)  
◇休館日 火曜日(祝祭日の場合はその翌日)、第2・4水曜日、年末年始等
◇入館料一般500円、小中高生300円(団体20名以上の場合はいずれも100円引き)
◇詳細は――>満蒙開拓平和記念館まで


<書籍案内>

◎『虹の架け橋-長野県日中友好の歩みⅢ』2000円)

長野県日中友好協会創立50周年を記念して『虹の架け橋-長野県日中友好の歩みⅢ』が発行されました。グラビアと50年の概況に始まり、この10年間の具体的な活動の紹介、70名に及ぶ皆さんの日ごろの友好活動や友好の思いの寄稿、年表などが掲載されています。ご一読ください。370ページ。9月8日発行。
*なお、『虹の架け橋Ⅰ』(1500円・創立30周年記念)、『虹の架け橋Ⅱ』(2000円・創立40周年記念)も在庫あります。ご希望の方はお申し込みください。(FAX026-224-6518)





友好短信2016.1~8

  中国国際放送局代表団を歓迎、新議定書に調印(8/19~21)

 中国国際放送局代表団(馬博輝副局長一行5名)が8月19日から21日来県し、長野県日中友好協会との間で長野ラジオ孔子学堂に関する新議定書の調印式に出席しました。また、滞在中、長野県、県日中友好協会、県北京放送を聞く会、長野ラジオ孔子学堂関係者から歓迎を受け交流しました。

 19日一行は長野駅頭で長野ラジオ孔子学堂関係者らにあたたかく迎えられ、ホテルメトロポリタン長野で開かれた歓迎会に出席しました。高波謙二県日中友好協会会長、大月良則県国際担当部長、上條宏之県短期大学学長、西堀正司県日中理事長、竹内勲長野ラジオ孔子学堂長、北沢久県北京放送を聞く会代表ら30人が出席しました。

 歓迎あいさつに立った高波会長は一行を、熱烈歓迎した後、2007年長野ラジオ孔子学堂雅スタートして以来の9年間を振り返り、国際放送局の支持と協力のもと、中国語講座の開講、中国文化の紹介、県短期大学との提携、中国語スピーチコンテスの実施などに取り組んできたことを紹介し、その成果の上に新議定書の調印式が行われることに感謝の意を表しました。さらに県日協会が本年創立60周年を迎えることを紹介し、「日中戦争の反省の上に立ち、先達の皆さんが日中不再戦、平和友好を願って県協会を1956年9月に設立し、以後県民の共感と支持を得ながら国交正常化実現と県民的友好協力推進に努めてきた。 また、30数年前に中国語を学ぶ会と長野県北京放送を聞く会を設立して中国語の普及向上と中国を知り知らせる活動に取り組んできた。先人の努力の後を振り返り、粘り強く友好交流に努めて行きたい」と述べました。また中国国際放送局が本年開局75周年を迎えることを祝し、両国民の相互理解促進の上で中国国際放送局の果たしている役割は大きなものがあり、特に近年インターネットを活用しての国際放送局の活躍は目覚ましいものがある。マスメディアの果たす社会的役割には大きなものがあり、中国国際放送局の一層のご発展とご活躍をお祈りいたします 」と述べました。

 大月良則県国際担当部長と北沢久県北京放送を聞く会顧問が歓迎のあいさつを行いました。

 馬副局長は、あたたかい歓迎に感謝し、長野県日中友好協会との間で長野ラジオ孔子学堂の設置に合意して8年余り成果を上げてきたことに触れて、関係者の尽力に感謝しました。県協会創立60周年を祝賀するとともに、開局75周年を迎えた国際放送局の活動を紹介し、インターネットを活用してより多くの日本のリスナーに愛される放送事業に取り組んでいきたいと述べました。
  
 上條県短期大学学長が乾杯のあいさつに立ち、国際放送局と協定を結び、客員講師を受入れ交流成果を上げてきた、今後とも中国国際放送局との相互交流を深めていきたいと述べ、一行の来県を歓迎して乾杯しました。ゆかりの深い皆さんから次々と歓迎スピーチや歌が披露されなごやかな交流懇親が続きました。

 一行は翌日、中島恵理県副知事を表敬し、昼食会に出席懇談し、今後とも長野県の魅力を紹介していきたいなどと述べました。

 午後、長野ラジオ孔子学堂において、新議定書の調印式が行われ、高波会長と馬副局長が議定書に調印ししっかりと握手しました。中国語の普及と中国文化の紹介、HSK(中国語検定試験)の実施、相互交流の促進に取り組んでいくことがうたわれています。記念撮影の後、引き続き、孔子学堂役員、中国語受講者などと親しく懇談交流しました。
  日中学術交流委員会2016年度総会を開催(8/8)

 長野県日中学術交流委員会は8月8日、長野市内のホテル信濃路において2016年度総会を開きました。引き続き日中学術交流を促進していくことを決めた他、信州大学や長野大学、県短期大学、上田女子短大など中国との学術協定や学術交流、留学生受け入れなどの現状なども報告されました。また、第20期日中関係を考える連続市民講座や長野県日中友好協会創立60周年記念事業に協力していくことが決定されました。

 濱田州博会長は、「日中関係は難しい問題を抱えているが、長野県は、民間レベルで中国と深い結びつきがあり交流も盛んだ。(出身の)信州大学繊維学部でも留学生受け入れなど交流が行われている。引き続き、民間学術交流に力を入れ中国との積極的な学術交流を継続していきたい。」と述べました。

 来賓として高波謙二県日中友好協会会長が日ごろの協力に対し感謝た後、日中関係の重要性と長野県と河北省の交流状況などに触れ、本年が県協会創立60周年にあたり引き続き平和友好に努めていきたいとのべ、「文化学術交流は両国の平和友好関係を持続発展させていく大切な役割を果たしてきた。一層のご活躍を祈ります」とあいさつしました。

 山本晋司県国際課長は、長野県が河北省はじめとした中国との交流に力を入れている様子を紹介し、学術交流は地味ではあるが日中関係を支える大切な役割を果たしていると述べ今後の活躍を期待しました。上條宏之県短期大学学長は「中国国際放送局や河北大学と友好関係があり、学生が訪問して交流する機会も増えている。いろいろな交流を重ねていきたい」とあいさつしました。

 総会では2015年度の事業報告・決算報告を承認した後、2016年度の事業方針・予算を採択しました。

 終了後、立石昌広県短期大学教授が、「中国の”新常態”」と題して講演しました。
 長野びんずる「日中友好連」で参加(8/6)

 第46回長野びんずる祭りが8月6日長野市の中心街でおこなわれ、長野市日中友好協会は「日中友好連」を組んで40人で参加しました。

 1万2千人の踊り手とともに長野中央通りかるかや山前交差点から昭和通りに向かい、方向転換して南に進みました。日中友好の提燈を先頭に、友好協会会員と帰国者、研修生などが黄色い友好法被をまとってシャモジを打ち鳴らしながら熱心に汗だくになりながら、元気いっぱい踊りました。

 河北省からの国際交流員の李妮さんや研修生の王暁攀さん、国際放送局の王秀閣さんも初めての体験で、「びんずる祭りを体験できて楽しかった。良い思い出になりました」と喜んでいました。
  中国留学生18人が信州で第26次ホームステイ(7/26~28)

 県日中友好協会は(公財)日中友好会館・後楽寮が派遣する中国留学生18人を7月26日から28日まで飯山・中野・長野・千曲・小諸・安曇野・大北・岡谷など8地区協会で受け入れました。2泊3日のホームステイで本年で26年目になります。

 26日長野駅に降り立った10名の留学生は、関係地区の皆さんの出迎えをうけました。長野オリンピック・エンブレムの前で、対面歓迎式を行い受入れホスト家庭の皆さんとお互いに紹介しあい全員で記念撮影した後、各地に出発して行きました。

 留学生の皆さんは、地区協会主催の歓迎交流会や市町村長表敬懇談、地域の名所や施設などの参観、ホスト家庭での語らいなど有意義な3日間を過ごし、楽しい思い出をいっぱいにして再び長野駅に集合しました。受入れホスト家庭の皆さんと名残を惜しんで新幹線に乗り込みました。
 

第51回日中友好キャンプ、友好王国in軽井沢湯川キャンプ場(7/16・17)

長野県日中友好協会青年委員会(石崎琢哉委員長)と女性委員会(宮沢信代委員長)は7月16・17日軽井沢湯川キャンプ場にて第51回日中友好キャンプを開催しました。留学生や国際放送局アナウンサー、国際交流員、研修員、友好協会会員メンバーなど70名が参加し、楽しい2日間を過ごしました。

 避暑地として有名な軽井沢の湯川キャンプ場は施設は年数を経過していますが軽井沢の雰囲気を残した風情がありました。中軽井沢駅から600mほどのロケーションで周囲は観光客でにぎわっていましたがキャンプ場は別世界でした。開会式で石崎青年委員長(国王)が、地元軽井沢日中友好協会のご配慮に感謝した後「51回目を迎えた友好キャンプを参加者が協力して友好交流の2日間とし楽しく盛り上げましょう」とあいさつしました。軽井沢町の柳沢宏副町長、県日中友好協会の西堀正司理事長、中国国際放送局孔子学堂責任者の王秀閣さん、県華僑総会の王昌勝会長、地元軽井沢日中友好協会の佐藤敬治会長からあいさつをいただきました。

 赤、青、黄、緑、桃色のバンダナを目印に5つの班に分かれて活動が始まりました。ボーイスカウトの皆さんに指導いただいて、テント張りとロープワーク、続いて夕食準備にかかります。炭火おこしに悪戦苦闘しながらも、焼肉バーベキューの準備が整ったところで乾杯!大勢で交流しながらの焼肉、焼きそばの味は格別。軽井沢日中から差し入れていただいた3種類6kgの肉も全部平らげていました。規制がありキャンプファイヤーができませんが替わりに、軽井沢の花火大会を鑑賞し、続いて星野温泉提供の温泉入浴ができました。これも軽井沢協会のご配慮の一環です。

 翌朝は6時起床。ラジオ体操で体をほぐした後、カレー作りに励みました。各班それぞれの味自慢のカレーをおいしく食べ、後片付けの後、流しソーメンの仕掛けづくりに挑戦しました。太い孟宗竹を半分に割りつなぎ合わせて6mの樋をつくりました。同時進行で、ニラせんべいづくりも行われ、懐かしい味を体験しました。さていよいよ流しソーメンタイムです。女性委員会の皆さんが手際良くゆであげたソーメンを流すと、子供も大人も歓声をあげて大喜びでした。堪能した後、スイカがふるまわれました。皆さん満足顔で「もう十分いただきました」。

 閉会式で、宮沢女性委員長(女王)は、「皆さんの協力で楽しい2日間となりました。準備(段取り)7分という言葉がありますが、キャンプを成功させるため、青年委員会、女性委員会のみなさんが大変ご苦労いただきました。感謝したいと思います。今回のキャンプで育まれた、日中友好を大切に今後に活かして行きましょう」とあいさつしました。留学生や県外参加者代表、県国際交流員の李妮さんは、「初めてのキャンプでしたが、本当に楽しいかったです。このような交流を通じて友好を深めていきたいです」と感想を述べていました。

 経済交流、民間交流を促進、日中経済交流促進協議会総会(6/20)

 長野県日中経済交流促進協議会は、6月20日、長野市内のホテル犀北館で第40回定期総会を開き新年度の事業方針、役員の再任などを決めました。

 総会で、夏目潔会長は、「日中関係は一昨年の両国首脳会談以来、好転が期待されたが、ギクシャクやざらつきもあって予断を許さないが、中国は日本にとって最大の貿易相手国であり、長野県経済にとっても重要な経済パートナーとなっている。観光客の増加は目を見張るものがある。今後とも民間交流、経済交流の促進に努めていきたい」とあいさつしました。

 松澤繁明・県産業戦略室室長は来賓祝辞の中で、長野県の景気動向に触れながら、中国は長野県にとってもっとも重要な貿易相手国であり上海に駐在員をおいていることなどを紹介し、協議会の活躍を激励しました。福沢宏夫・県日中友好協会副会長は日ごろの協力に感謝し、「経済交流や地方民間交流が政治的ギクシャクがあっても両国の平和友好関係を持続発展させていく役割を果たしてきた。協議会の一層の活躍を願う」とあいさつし、本年県日中友好協会創立60周年を迎えるにあたり支援協力を要請しました。ました。

 15年度の事業報告と決算を承認した後、河北省はじめとした中国との経済交流の促進、講演会やセミナーの開催、観光客誘致協力、北京冬季オリンピック支援交流協力、県日中60周年記念行事への協力などの16年度の事業計画・予算を決めました。また夏目会長をはじめとした役員を再任しました。

 総会終了後、「体験的中国事情と日中経済交流」をテーマに、西堀正司理事長がコーディネーター役を務め、パネラーに、浅川洋・元㈱高見沢専務・海外事業本部長と大口春夫・飯山中央市場㈱専務を迎えパネルディスカッションが行われました。

 両氏はこの20~30年間の中国の巨大な変化を、人民服からスーツへ、80年代暗かった町が明るくなりサービス業が増えたことなどをあげ、また90年代は合弁といったら資金と技術、販路すべてを日本側に頼る形だったが、現在の合弁は、資金と販路は中国側、技術を日本側に期待といった内容に変化している。またリーマンショックに対し中国は4兆元の財政出動を行い世界経済を救い中国も超高速経済発展となったが、結果とし現在いろいろなひずみが出てきている。中速度の経済発展に舵を切り、ソフトランディングを目指して全力投球している。鉄鋼やセメントの過剰生産の問題の処理もしている。WTO加盟以降労働コストは20倍にもなっており、山菜などの面で見ると加工レベルの低いものから、加工レベルの高い物への輸出へとシフトしてきている。中国の高度経済成長は終わり、売り手市場から買い手市場に変化してきている。不況が20年続いている日本の経営者とも話が通じるようになった。―――現場を体験した興味深い話が続きました。

 最後に、記念パーティーがおこなわれ交流懇親を深めました。
 県日中女性委員会、須坂で第41回定期総会開く(6/12)

 県日中友好協会女性委員会は6月12日、第41回定期総会を須坂温泉古城荘で開きました。恒例の持ち出し総会には地元須坂市をはじめ県内から女性委員会のメンバーや来賓など80名が参加する盛会となりました。新年度の活動方針を採択し、新役員を選出しました。

 島津美智子委員長は地元須坂市日中友好協会の協力に感謝した後、「県女性委員会は日中友好の先人の志に思いを致し、今まで積み上げてきた活動を基礎にして努力してきた。昨年度も日中友好キャンプ、スキー交流会、新潟領事館を訪問した研修バスツアー、新春女性のつどいなどに皆さんのご協力のもと取り組むことができた。県協会創立60周年、女性委員会設立41周年の本年も日中友好と平和のために何ができるか改めて考え、新たな一歩を踏み出していかねばならない」と述べ、中国人技能実習生の日本語指導に当たっている中で、実習生の一人が熊本地震の義援金に是非協力したいと支援を申し出たことを紹介し、「相手を思いやり行動に移すこと、これが友好の原点。国交正常化45年を迎えようとしているのにどうして国同士の関係は危ういのでしょうか。私たちは粘り強く友好の芽を育てていきましょう」とあいさつしました。

 高波謙二県日中友好協会会長、西堀正司県日中理事長、清水えい子女性委員会顧問、石崎琢哉県日中青年委員長らが日ごろの女性委員会の活躍に感謝し、エールを送りました。

 総会では15年度の活動報告や決算報告を承認した後、16年度の活動方針と予算が採択されました。先人の志に思いをいたし友好の促進に努めること、友好キャンプやスキー交流会を通じて中国留学生・研修生・帰国者との交流を深めること、女性会員の拡大と相互の親睦を深める活動に取り組むことなどが盛られています。役員改選では島津委員長の後任に宮沢信代さんを新委員長に選出しました。宮沢新委員長は島津委員長の労をねぎらった後、「今まで普通のおばさんの目線で友好に携わってきました。阿部県知事の中国との交流積極姿勢、熊本のくまモンを励ますパンダのぬいぐるみの姿を見て励まされた。戦後世代の一人として、次の世代にバトンタッチしていきたい。日中友好のために何ができるかともに考え追及していきましょう」と力強くあいさつしました。

 第2部では三木正夫・須坂市長(須坂市日中友好協会会長)が「健康長寿発信都市ー須坂JAPANと女性の活躍」」と題して記念講演しました。須坂市日中女性委員会の活躍をや四平市との交流の状況等を紹介し、中国との歴史的かかわりの深いことなどにふれ日中関係は好き嫌いだけで判断してはいけない、隣国同士仲良く付き合うべきと述べました。また健康長寿発信都市として女性が中心となり健康補導員、食生活改善、連合婦人会などの活動に力を入れ、100歳健康長寿を目指し、引きこもりをなくし外に出ること、世話好き活動に取り組んでいること。また小さいことから始めて充実拡大していくことに心がけていることなどアイデアマン市長さんの話は大好評でした。

 第3部の交流懇親会では地元の墨坂民謡会の皆さんがすばらしいの津軽三味線の演奏を披露したのをはじめ、上田の皆さんの指導で真田桜の大きな踊りの輪ができました。大変楽しい交流会となりました。最後に、来年の開催地の上田日中女性委員会に県女性委員会の旗が手渡されました。
 友好提携35周年を記念して石家庄市長一行が来長、友情深める(5/22~25)

 長野市・石家庄市友好都市締結35周年を記念して、長野市の招聘により邢国輝石家庄市長を団長とする友好代表訪日団一行が5月22日来日来長しました。

一行は市長以下、孟勝林政府秘書長、趙建林外事弁公室主任、趙俊芳旅行局局長、郎金国教育局局長の政府関係者はじめ、中学校校長、外国語学校長などの教育関係者、旅行会社社長など16名。長野駅に到着した一行を、長野市日中友好協会メンバーは加藤久雄長野市長とともに大きな歓迎の横断幕と日中両国の小旗を持ってにぎやかに出迎え歓迎しました。

23日には、10:00から長野市市民交流センターにおいて歓迎式典が行われ、長野市の博愛保育園園児54人が元気にサクラサクラを歌ったり、鈴やカスタネットを響かせて歓迎しました。その後、善光寺門前の仲見世通りや、松代地区の文武学校を視察。18:30から市内ホテルで開催された記念レセプションでは、市議会議員や長野市日中友好協会はじめ各種団体代表の皆さんと懇談交流を深めました。

24日には、教育交流会議、観光交流会議を開催し、教育と観光についての覚書を交わし連携強化を確認しました。教育交流会議では里山修学旅行や語学教師の相互派遣の充実、柳町中学校と石家庄市第2中学校の「友好交流校」の覚書を交わしました。

続く観光交流会議では、長野市のウィンタースポーツを楽しめるスキー場やエムウェーブを紹介し、石家庄市からは由緒ある寺や仏像、雄大な景勝地を紹介して、それぞれに双方の観光PRを充実させていくことを約束しました。

長野市日中友好協会主催の歓迎会は24日ホテル信濃路で90名が参加して盛大に開催されました。

会場入口で山根敏郎会長以下全員が拍手で迎え、記念撮影をした後、9テーブルに分かれて着席いただき歓迎会が始りました。

双方の出席者紹介の後、山根敏郎会長が「朋有 自遠方来 不亦楽平」(ともあり遠方より来る、また楽しからずや)と論語の言葉を引用して、邢国輝市長一行を心を込めて熱烈に歓迎するとともに、秋には加藤長野市長とともに石家庄市を訪問して、更なる友情を深めたいとあいさつ。邢市長からは「友好協会の友人の皆さんと会うことができ喜びに堪えない。短い3日間でしたが観光・教育交流会議、文化・企業視察など35周年にふさわしい友好協力推進の旅となり、観光、教育、経済交流の基礎ができた。両市の青少年交流と友好交流を今後とも重視ししていきたい。108人の研修生派遣、50回以上の中学生の相互派遣などを通して、相互理解に貢献し友好の架け橋として期待されている。友好協会の一貫した友好の尽力に感謝している。石家庄市に是非お出かけください。1000万石家庄市民は熱烈に歓迎します」と情熱のこもったあいさつをいただきました。続いて、記念品の交換が行われました。

引き続き、来賓の加藤久雄長野市長、小林義直長野市議会議長、西堀正司県日中友好協会理事長から歓迎の祝辞をいただき、当協会の塚田佐名誉顧問の声高らかな乾杯の音頭により懇談交流となりました。

交流会では、琴伝流大正琴10名のメンバーにより、「世界に一つだけの花」「おどるポンポコリン&さんぽ」「月亮代表我的心」などが演奏される中、会場のいたるところで、なごやかな交流が繰り広げられました。市協会女性委員会の皆さんも大正琴の伴奏で「北国の春」を合唱し、更に邢市長を誘って「大海啊故郷」(海はふるさと)を熱唱しました。盛り上がった雰囲気の中、黄色の友好ハッピと豆絞りハチマキ姿に変身して、加藤市長も加わり、「炭坑節」の踊りの輪が広がって交流を楽しみました。アッと言う間に終宴の時刻を迎え、岡田荘史長野市日中友好議員連盟会長に一締めをしていただき、代表団の皆様と握手をしながら別れを惜しみお送りしました。  (吉岡弘海 記)

 人民中国読者会、第6回総会を開催(5/21)

 県人民中国読者会は5月21日、県日中友好センターにおいて第6回2016年度定期総会を開きました。24名が出席し、昨年度の活動報告と決算報告を承認した後、2016年度の方針等を決定しました。

 福沢宏夫会長は「2011年の会設立から6年目を迎え、昨年からオープン参加制を導入して参加者の幅を広げ、隔月の読書会を行い、一定の成果を上げることができた。10月には王漢平副社長を迎えて意見交換の機会が持てた。今後も長野市以外にも全県に会のPRを進めていきたい。日中関係はだんだんと明るさも見えてきた。『人民中国』を通じて生の情報を得ながら中国への理解を深め、民間交流を進めていきたい」とあいさつしました。西堀正司県日中友好協会理事長が、読者会の活躍を称えるとともに本年県協会が創立60周年を迎えるに当たり記念誌発行などを予定していることを紹介、協力を要請しました。

 新年度の活動方針では過去5年間の実績の上に、定例読者会の開催、人民中国の普及拡大、会員同士の交流を3つの柱に中国理解と友好推進に資していくとしています。
 
 続いて、于文・人民中国東京支局長の「なんとなく」から抜け出して~正面から向き合えば」との講演を代読でお聞きしました。メディアなどの間接情報によってなんとなく嫌いと思うのではなく自分の目で確かめ正面から向き合えば相手の良さも見えてくる、なんとなくから抜け出そうとの内容に共感の拍手が送られました。内容は別掲→こちらの通りです。

 また東京支局スタッフの阿羅美奈子さんの「私の中国留学と青春」と題してのお話しも興味深い内容でした。同じくスタッフの後藤彩子さんからは熊本地震への義援金を呼びかけ、くまモンにパンダが好物のタケノコを届けている王衆一編集長作のイラストも紹介され、胸が熱くなりました。

 最後に、懇親交流会が行われ、和やかに交流しました。
  周恩来総理回顧展が長野で開催(5/17)

 中華人民共和国建国や日中国交正常化に貢献するなど世界平和と人類社会の発展に大きく寄与し日本でも敬愛されてきた周恩来元総理(1898~1976年)ゆかりの品から人物像等をたどる「周恩来総理記念回顧展」の開会式が5月17日長野市の北野カルチュラルセンターで開かれ、元総理のおいで、元国防大学政治部主任の周爾均氏ら日中の関係者約70人が出席しました。

 昨年11月の東京に続き、長野が2か所目となる巡回展。1998年に周総理生誕100年を記念して中国でテレビ番組が制作された際に収集された品で、周総理直筆の歴史文書や中国や日本をはじめ世界各国の著名人直筆の題字や書画、親族から提供された希少な実物資料など極めて価値の高い秘蔵品が展示されています。毛沢東主席に自らの健康状態を報告した書簡や、夫婦の8つの約束の書(互愛・互敬・互勉などの八互)、キッシンジャーが「100年の恩来、偉大なる政治家」と記した題字など周総理の人物を知るうえで貴重な資料を目にすることができます。

 開会式で、周氏は「この展示会で(周総理の)人格や生涯がわかる。日中関係発展に尽くした総理の思いを多くの日本の皆さんに知っていただき友好発展に役立つことができれば幸い」とあいさつしました。

 テープカットやレセプションには、周氏のほか、中島恵理・副知事、中国大使(代理/郭燕公使・欧陽一一等書記官)、中原邦之・外務省中国モンゴル第1課調整官、遠山清彦・衆議院総務委員長、久間章生・元防衛大臣、早乙女晃一・日中民間交流研究所長ならびに外山衆司・実行委員長(長野放送社長)、高波謙二・県日中友好協会会長、山浦愛幸・県経営者協会会長、北野貴裕・全日本スキー連盟会長らが出席。また高振普・元中央護衛局副局長(周総理の護衛)、周氏夫人の鄧在軍・中央電視台チーフディレクターらも参加して在りし日の周総理の思い出をお話しいただきました。

 回顧展は、5月22日まで行われます。開場時間は午前10時から5時で、入場料は1000円。主催は周恩来総理記念回顧展実行委員会(長野放送・県日中友好協会・中国国際文化交流中心・上海市対外文化交流協会・周恩来思想生平研究会)。
 県協会60周年記念事業と友好交流再活性化を決定、県日中友好協会定期大会(5/12)

 長野県日中友好協会は5月12日、第54回2016年度定期大会を松本市内のホテルブエナビスタで開きました。県内各地から120人が出席して、県協会創立60周年に当たり、祝賀式典や記念誌の発行などの記念事業の取り組みを柱に、官民提携して日中交流の再活性化を図るなどの新年度の活動方針を決定し、あわせて、高波謙二会長をはじめとした役員を再選しました。第2部祝賀パーティーには中国大使館から汪婉参事官(大使夫人)も出席され激励をいただきました。

 石﨑琢哉・県青年委員長の司会で大会第1部がスタート。「永久の友情を」を県日中女性委員会のリードで全員で斉唱した後、相澤孝夫・副会長の開会あいさつに続いて、半田孝淳最高顧問や森田恒雄副会長をはじめとした物故された先輩の皆様に黙祷を捧げました。
 
 高波会長は、井出正一前会長からバトンタッチされてこの一年の役員会員の支援協力に感謝した後、「 1956年に長野県協会が設立されてから本年60周年を迎える。半田孝海初代会長はじめとした先輩の皆様の並々ならぬ努力によって、協会は様々な困難を乗り越え、現在23の地区協会と2千人の会員を有する全国屈指の協会となった。満蒙開拓団を戦前日本一送り出し、半数の1万5千人が悲惨な最期を遂げた歴史の反省から、県内には日中不再戦・平和友好を願う県民的基盤が広く存在しており、その基礎の上に県協会は工夫を凝らし、県や各分野の団体と協力して友好交流実施団体を設立して交流を進めている。県日中学術交流委員会には県内の大学・短大が参加しており、県日中経済交流促進協議会には経済団体や企業が、県日中スキー交流委員会にはスキー連盟をはじめ県や7市町村が参加。また中国国際放送局と提携しての長野ラジオ孔子学堂中国語講座、県北京放送を聞く会、県人民中国読者会、さらに県女性委員会と県青年委員会の活動も注目を集めている。日中関係は現在重要な局面を迎えているが、日本と中国は「和すればともに益となり、争えばともに傷つく」関係にあることは、自明の理。深い歴史的かかわりを持ち、また最大の貿易相手国でもある中国とは、文字通り、隣国同士仲良くしていきたい」と述べ、4月派遣の県友好訪中団が河北省政府・省対外友好協会の熱烈な歓迎を受けたことを報告し、「河北省での熱烈な歓迎と、県協会の成立60周年をともに祝っていただいた情景は忘れることができない。10月には河北省から代表団をお招きして県協会創立60周年記念式典を開催するので、熱烈に歓迎しともに喜びを分かち合いたい。60周年は一人協会の喜びであるだけでなく、県民的に祝賀すべき慶事。60周年記念誌『虹の架け橋・長野県日中友好の歩み4巻』の編集は広く県民の共有財産としての県内友好運動の記録となるので皆様のご協力を切にお願いしたい 」と述べました。

 続いて、中島恵理副知事は、長年の県日中友好協会のご労苦に県として深く感謝申し上げたいと述べ、「友好協会の皆様のご尽力の積み重ねの上に長野県と河北省の友好提携も実現した。阿部知事も就任以来5回にわたり訪中し、河北省の張慶偉省長や程永華中国大使はじめ関係者との交流を通じて相互信頼関係を深め、医療、環境、冬季スポーツ、観光などの分野で交流推進を約束した。県日中友好協会の築いた基盤の上に長野県は全国のフロントランナーとしての役割を今後も果たしていきたい。2020年の冬季五輪(スキーは張家口市)の全面支援のため豊富な人材を有する長野県として協力していきたい。創立60周年を迎える県協会の一層の活躍を期待しています」とあたたかい激励をいただきました。

 議長に内川雅夫(大北)・池上喜美子(上田)の両氏、大会運営委員長に西田節夫・副理事長、役員選考委員長に中沢道保・副会長、大会書記に長澤保・山崎始の両氏、議事録署名人に蟻川寛・宮沢信代の両氏を選出して議事に入りました。

2015年度の活動報告(布施正幸事務局長)、決算報告(市川淳子会計理事代理)、会計監査報告(田近勝之監事)を承認した後、2016年度の活動方針(西堀正司理事長)、予算(桜井佐七財政委員長代理)を採択しました。また、役員改選では中沢役員選考委員長の選考委員会報告を了承し高波謙二会長らを選出しました。

本年度の活動方針では、県協会創立60周年記念事業を柱として、河北省友好協会代表団を招請して創立60周年記念式典の開催、『虹の架け橋-長野県日中友好の歩みⅣ』の発刊、記念県協会訪中団の派遣、緑化協力プロジェクトの推進、「残留孤児と中国養父母展」の県内巡回展、「周恩来総理記念回顧展」開催、」中国留学生ホームステイ受入れなどにとりくみ、これらの活動を通じて、友好交流の再活性化、日中の相互信頼回復に力を入れて行くことを決定しました。


 意見発表では藤沢淳一・県青年委員会事務局長が青年委員会からのアピールを、松原京子・県女性委員会事務局長が60周年記念県協会訪中団報告を行いました。続いて、「創立60周年を迎え、先達が長年にわたって築き上げた成果を守り、県民ぐるみの友好運動を展開し、地方と民間の交流を進め、日中関係の再構築に貢献していく。原点に返えり、日中不再戦・覇権反対・平和友好のために、あらゆる分野の心ある人々は連携して粘り強く歩んで行きましょう」との大会宣言(南雲典子・県女性委員会副委員長)と大会スローガン(清沢浩明・県青年委員会副委員長)が採択されました。

 清水可晴・副会長の閉会あいさつで第1部は終了しました。

 第2部の祝賀パーティーでは、来賓として出席された汪婉参事官(中国大使夫人)が、日ごろの県協会の友好活動を称え、創立60周年を迎えたことを祝賀するとともに、この間、長野県が協会のサポートを得て、地方交流を積極的に進めてきたことを高く評価しました。また日中関係については改善しつつあるが危うさもあるとし、安全保障分野で中国の台頭を抑える政策をとっていることなどをあげ、違いを拡大していくのではなく共同利益を拡大していくべきだと語りました。昨年500万近い中国人観光客が日本を訪れたことを指摘し、相互理解増進に役立っているので、日本からも大勢中国を訪問し中国の現実を肌で感じてほしいと述べ、民間交流の促進を訴えました。

 また、山本晋司県国際課長、坪田明男・松本副市長、濱田州博・信州大学学長、務台俊介(代)・井出庸生(代)衆議院議員、若林健太(代)参議院議員、倉田竜彦前県日中議連会長、今井正子県議、王昌勝県華僑総会会長、張玉霞・二等書記官、李妮県国際交流員(河北省)、酒井康成・松本歯科大学学事課係長、松沢忠明・白馬村スポーツ課長らから激励の祝辞をいただきました。

 会場ではなごやかな交流が行われました。女性委員会メンバーが、汪大使夫人とともに「北国の春」を日本語と中国語で、披露すると、大きな拍手がおこりました。

 来賓として、滝沢英一・県国際課課長補佐、犛山典生・県経営者協会事務局長、木藤暢夫・県商工会議所常務理事、馬場進一・県商工会連合会参事、田中良江・JA長野中央会地域農政部主任調査役、小松朝韻・小林佑一郎参与らも出席され激励いただきました。

 邢台市代表訪日団来県、千曲市・岡谷市と交流深める(4/12~15)

 龍興洲・市外事弁公室主任を団長とする邢台市代表訪日団一行6名が4月12日から15日長野県を訪問し中島恵理副知事、高波謙二県日中会長、千曲市の岡田昭雄市長、滝沢英雄市日中会長、岡谷市の今井竜五市長、海沼知久市日中会長らの熱い歓迎を受けました。秘書長としてなじみの裴雅鋒・外弁副主任も同行し旧交をあたためました。

 邢台市と長野県は、2012年度から始まった太行山内丘県緑化協力プロジェクトを通じて関係が深まりました。2014年には、邢台市訪日団が初めて長野県を訪れ、千曲市であんずの加工を通じた交流、岡谷市で自動車部品工場の視察等が行われました。昨年は千曲市の山口昌昭市日中理事長が市長のメッセージをもって邢台市巨鹿県を訪れ交流しています。本年4月8~9日には高波会長をはじめとした県協会訪中団25名が訪れ、歓迎を受けました。

 4月12日の県日中友好協会主催の歓迎交流会には、高波会長、大月良則県国際部長ら20名が出席して一行をあたたかく歓迎しました。4日目の再会で打ち解けた和やかな交流会となり、「北国の春」を一緒に歌いました。翌13日、県表敬の際は、大勢の県職員の皆さんに出迎えられ、中島恵理副知事から親しみのこもった歓迎をいただきました。龍主任は1998年に県日中が贈った希望小学校、4年目を迎えた日中緑化基金を活用した緑化協力プロジェクトなどの協力に感謝するとともに、千曲市や岡谷市との交流を強化していきたいので県のご支援をいただきたいとあいさつしました。続いて県経営者協会を訪問し水本専務ら役員と親しく懇談し今後も交流を進めていきたいと述べました。

 千曲市では岡田市長と親しく懇談したほか、森食品工業㈱、エムケー精工㈱、森川産業㈱の視察、市日中主催の歓迎会、茶道体験など有意義に過ごしました。岡谷市でも今井市長との懇談、㈱ダイヤ精機製作所の視察、市日中主催の歓迎会が行われ交流を深めました。
   

創立60周年記念・長野県日中友好訪中団、北京、河北訪問、60周年をともに祝賀(4/6~11)

長野県日中友好協会は県協会創立60周年を記念して4月6日から11日、高波謙二会長を団長とする長野県日中友好協会訪中団を派遣しました。訪中団には25名が参加し、北京、河北省の省都石家荘市や緑化協力地の邢台市の内丘県、そして西安を友好訪問しました。北京で中日友好協会を表敬訪問し、懐かしい皆さんと再会、60周年への祝意をいただき親しく懇談しました。河北省では省政府要人、省人民対外友好協会から60周年記念招待会に招かれるなど心のこもった歓迎を受けました。邢台市でも歓迎宴や内丘県での緑化協力記念植樹など思い出に残る友好の旅となりました。
 
 北京到着2日目、4月7日は天気も快晴で青空が広がっていました。天安門広場は大勢の観光客が記念撮影していました。故宮博物院は、中国国内観光客、欧米人観光客など大勢の観光客で込み合っていました。壮大な太和殿をバックに記念撮影。迷子にならないようにと声かけながら神武門にたどり着くまで直線的に歩いても約1時間30分を要しました。

 <中日友好協会を表敬>
 午後、中日友好協会を表敬訪問しました。宋敬武副会長や袁敏道秘書長、程海波副秘書長と1時間余り熱心に懇談しました。宋副会長は、一行の訪問を歓迎し長野県協会の60周年に祝賀の意を表し、「県協会は長期にわたって友好事業に傑出した積極的な貢献をされた。特に冬季スポーツ交流、緑化協力、希望小学校等の分野で大変多くのことをされたことを高く評価している。今後全国友好協会、中日友好協会は長野県日中友好協会とともに努力し中日友好事業を不断に発展させていきたいと願っている」とあいさつしました。 
 高波会長は温かい歓迎に感謝したのち、「県協会は創立60周年を迎えたが、長期にわたって官民一体となって民間交流を進め両国関係の発展に努めてきた。北京・張家口が2022年の冬季五輪に決まったことを喜ぶとともに、長野オリンピックの経験を活かして協力していきたい」と述べました。オフィスの前で、全員で記念写真を撮りました。

 中日友好協会を辞し、北京西駅に向かいました。高速鉄道の安全検査を終えて待合室で改札を待ちます。広い待合室は人々でいっぱいでした。G663次高速列車15:45発で北京を出発し河北省の省都石家荘に向かいました。17:04石家荘駅に到着。約300km1時間あまりの旅でした。河北省外事弁公室亜洲処の梁国輝処長や韓隷東さんらの出迎えを受け、再会を喜び合いました。

<河北省政府・省対外友好協会主催で盛大に成立60周年紀念招待会>
 河北省政府の会見ホールで、朱浩文・省人民政府秘書長を表敬しました。会見には劉暁軍・省外事弁公室主任(省友好協会会長)はじめ衛生・教育・環境・林業・冬季スポーツ部門の責任者らが同席しました。

 朱秘書長は訪中団一行の来訪に熱烈歓迎の意を表した後、「昨年1月張慶偉省長とともに長野県を訪問し友好協会の皆さんに歓迎を受け交流できたことは忘れがたい思い出。長野県日中友好協会は1956年成立以来、積極的に友好交流活動を行い両国の友好発展に貢献された。1983年河北省と長野県の友好県省締結に尽力し、以来両省県の経済社会発展に役立つ大量の卓越した効果的な仕事をされた。河北省政府を代表して感謝と熱烈なお祝いを申し上げたい。特に青少年交流においては、高波会長が責任者として長野県青年の船派遣を通じ6000名の長野県青年が河北省を訪れ友情をはぐくんだ。河北省も研修生など400名以上の青年を長野県に派遣した。劉暁軍主任も長野県での留学体験などゆかりが深い。貴会は両省県友好提携以来30数年にわたり重要な役割を果たしてこられた。小渕基金(日中緑化基金)を通じて1200haの緑化を実現した。またスキー用具の提供やスキー場の設計指導、希望小学校4校の寄贈等、多くの協力支援に対し感謝したい」と述べ、続いて河北省の状況を紹介され、「現在、チャレンジと調整の途中にあるが、2つのチャンスがある。北京・天津・河北省連携発展計画と2022年の北京冬季オリンピックでのスキー種目の張家口開催。県民の皆さんに紹介いただき、協力・交流を願いたい」と述べました。

 高波会長は、熱烈な歓迎に感謝した後、「友好県省締結以来、歴代関係者の努力で青少年・医学・農業・文化スポーツ・緑化協力プロジェクトなど、多方面にわたる交流を進めてきた。未来を担う青年の育成事業の信州青年洋上セミナーも20年近くにわたり6000人の青年が河北省を訪れ交流を深めた。私も毎年同行し政府関係者との会談で日中友好活動を進める中で大きな励みとなった。張省長先生は、昨年1月全国に先駆け長野県を訪問され、阿部知事との間で各分野での交流を進める覚書を締結して新しい時代の交流を推進していくことを約束された。私ども友好協会も官民協力してこのために努力してまいりたい。本年長野県日中友好協会は創立60周年を迎える。日中戦争の反省の上に日中の不再戦、平和友好を願って協会は設立された。私たちは、多くの先輩の志を受け継ぎ、多くの県民とともに日中の永遠の平和友好協力のためにたゆまず努力を傾けていきたいと決意している。10月には記念祝賀式典を予定しており、河北省友好協会代表団をお招きしたい。10数年ぶりに訪れた河北省は全く新しい都市に生まれ変わり、発展ぶりに目を見張った。河北省がさらに発展されますことを心よりお祈りしたい」とあいさつしました。席上、阿部知事から託された張省長への親書を宋秘書長に手渡しました

 会見が終わって、歓迎宴会が行われました。会場の表面には、両国旗をあしらい「長野県日中友好協会成立60周年紀念招待会」と書かれた縦横4m×8mほどの大きな真っ赤な看板が飾られていました。早速、看板の前で記念撮影。団員一同、感動を抑えきれませんでした。祝賀歓迎の宴は華やいだ雰囲気に包まれ、乾杯が何度も繰り返されました。団員一同、感謝の気持ちを込めて、「北国の春」、「ふるさと」、「大海、啊故郷(海はふるさと)」を歌いました。西堀理事長は「友好の花は咲き誇る」を披露して喝采を浴びました。

 翌4月8日は梁先生らの案内で石家庄市外国語学校を参観しました。小60、中90、高30クラスのほか幼稚園(30クラス)など210クラスを有し、11000人が在籍する有名校です。園児から英語を学び、中学生になると第二外国語として日、ロ、独、仏、スペイン語等を学ぶ仕組みになっています。また14か国、34校と友好関係を結んでいるそうです。日本語を学んでいる高校3年生の皆さんが通訳しながら校内授業の様子を案内してくれました。幼稚園では遊戯と体験、小学校では趣味を生かして、中学では全面発展、高校では理想を追及することなど、全人教育を校風としている学校です。

 続いて、河北省環境保護監督測定センターを訪問しました。玄関に責任者と大勢の職員が並んで盛大に出迎えていただきました。土壌、水、大気、放射線などの測定を行い、企業などを監督指導する大事な役割を担っている機関です。昨年度から2名の職員が研修のため長野県に派遣され、6か月間、県環境保全研究所で学んでいます。付さん、賈さんと再会しました。

 昼は、劉暁軍・省外事弁公室主任・省友好協会会長主催の祝賀歓迎宴が開かれました。席上長野県日中友好協会成立60周年を祝って、おめでたい「五牛図」の素晴らしい横軸をいただきました。心のこもったご配慮に高波会長以下全団員が感動を禁じ得ませんでした。省友好協会秘書長の呂暁梅女史や石家庄外国語学校校長の裴紅霞女史、省農林科学院の孫風国先生も出席され、歓談しました。今後も密接に協力して友好交流を進めていきましょうと語り合いました。杯を重ね楽しく交流しました。別れを惜しみながら劉先生らとお別れして、梁先生、韓さん同行で邢台市に向かいました。

 高速道路を2時間走り、石家庄市の南隣の邢台市に到着しました。IC出口で龍興洲・市外事弁公室主任や裴雅鋒・外弁副主任が出迎えてくれました。邢台市は720万人の人口を抱える大きな市で、3500年の歴史を有しており、「充実した産業、観光、文化都市」です。元代の著名な天文学者郭守敬の生誕の地でもあります。2012年から市内の内丘県で日中緑化協力プロジェクトが実施されています。一昨年から千曲市や岡谷市との交流が始まっています。
 最初に、市の中心部にある禅宗のお寺、開元寺を参観しました。再建されてほどない感じのお寺でしたが堂々たる威容を誇っており、1300年以上の歴史を持っているそうです。住職が案内してくれました。本堂の千手観音に旅の平安を祈ってお参りしました。

<邢台市でも歓迎、内丘県で緑化協力記念植樹>  邢台市表敬と歓迎宴会がホテルで開かれました。邱文双副市長は来訪を歓迎し、緑化協力に感謝し、長野県日中友好協会成立60周年に祝賀の意を表した後、市の概況を紹介しました。更に「協会が中日友好促進のために大変多くの貢献をされた。今後とも経済貿易、科学技術、農業、教育、文化等の分野で協力を深めていきたい」と述べました。山根敏郎・緑化団長が、熱烈な歓迎に感謝し、内丘県での緑化協力プロジェクトを成功させ、長野県と邢台市の交流を盛んにしていきたいとあいさつしました。その後和やかな歓迎宴となりました。

 4月9日は、内丘県に向かいました。現地には緑化計画を示す看板が立てられており、太行山脈に連なる丘陵地帯で赤土の乾操荒地を6年計画で緑化しようというものです。本年は4期目に入っています。100株ほどのコノテガシワを龍興洲・市外事弁公室主任や盧振江・副県長さんらと共に記念植樹しました。会場を県中心地のホテルに移して盧振江・副県長が歓迎の昼食会を開いてくれました。山根団長も熱烈歓迎に感謝し、緑化プロジェクトの成功と内丘県が大きく発展して行くことを祈りますとあいさつしました。

 一行はその後西安に向かいました。悠久の歴史を有する西安は、魅力にあふれた古都ですが、大きな変貌を遂げていました。玄宗皇帝と楊貴妃ロマンの地・華清池、秦の始皇帝兵馬俑博物館、大雁塔、碑林は何度訪れても新しい感動があります。西安でも心温まる歓迎宴を開いていただきました。

 4月11日、6日間の訪中はあっという間に終わり、帰国日となりました。日中関係は依然として複雑な問題を抱えておりますが、だからこそ、中国との相互訪問の機会を増やし国民同士の相互理解と相互信頼を深める努力を強めるべきだとの思いを抱きながら、私たちは、機上の人となりました。

 第39回日中スキー交流会、115人参加して熱く交流(2/27~28)

 長野県日中友好協会青年委員会(石﨑琢哉委員長)と同女性委員会(島津美智子委員長)の主催により、2月27、28日の両日、木島平村のパノラマランド木島平スキー場において、第39回日中スキー交流会が開かれました。好天に恵まれた中、中国留学生・中国大使館・帰国者の皆さんをはじめ115人が参加して熱気あふれるスキー交流会となりました。

 開会式では石﨑青年委員長、上村力飯山日中会長、西堀正司県日中理事長、瀧澤友パノラマランド木島平支配人が、あいさつ。「参加者が心を通わせ、ケガの無いよう日中友好の楽しいスキー教室、スキー交流会にしましょう」と呼びかけました。

 7班に分かれてスキーやスノーボードの教室がおこなわれました。絶好のスキー日和の中、初心者も何度も転びながらもマンツーマンの指導でだんだんとボーゲンのコツを覚え滑れるようになっていきました。スノーボード初挑戦の留学生もさすが若者、形になっていきました。

 夜の交流会では、石﨑青年委員長がスワロースキーや地元木島平村、飯山日中友好協会の協力のもと盛大にスキー交流会を開催できたことに感謝し、「中国留学生や大使館、帰国者の皆さんと懇親交流を通じて親睦を深め、民間同士の友好交流を進めていきたい」と述べました。

 内藤克彦木島平村副村長と、中国大使館の呉慶蘭一等書記官から祝辞をいただき、、長野県華僑総会の王昌勝会長の音頭で乾杯し、懇親会に入りました。

 女性委員会の優雅なフラダンスや、はるばる神奈川県から参加いただいたチャイ華の皆さんの歌、青年委員会の踊りなどが次々と披露され、賑やかな懇親交流会となりました。中国国際放送局孔子学堂の王秀閣さん、県国際交流員の董彤さん、中野市・飯山・長野・飯田の日中友好協会の役員も参加し交流しました。2次会はカラオケで元気な若者の歌声が響きわたり大いに盛り上がりました。

 2日目も好転に恵まれました。自信をもって滑り降りる姿が目立つようになりました。けが人もなく、無事スキー教室を終えて、昼は女性委員会の皆さんが心を込めて準備してくれた豚汁をおいしくいただきました。

 閉会式では、島津女性委員長が「長年にわたってスキー用具とウェアーを提供してくれたスワロースキーの故丸山会長さんの思いを継いで日中両国が平和で友好的な関係を続けていけるよう頑張りましょう」とあいさつすると共感の拍手がおこりました。裏方をつとめた女性委員会メンバーや青年委員会のメンバーにも感謝の拍手が送られました。参加者からは「最初は転んでばかりいたがスキーを滑れるようになり、本当に嬉しかったです。夜の懇親交流会も盛り上がって楽しかった。来年もまた是非参加したい」とのうれしい感想が聞かれました。

 (追伸)日中友好会館代表理事の鄭祥林先生や大使館友好交流部の曹力萍・宋淞夫妻は中級コースを無難にこなしていました。呉慶蘭一等書記官や榮蓉さんの頑張りを称えたいと思います。王秀閣さんや董彤さんもよく頑張って、ボーゲンで気持ちよく初級コースを滑れるようになりました。スキーの楽しさを実感できたとのことです。辛苦了!(シンクーラ)お疲れ様でした!
 帰国者への理解を深めるつどい・体験発表と春節交流会(2/14)

 長野県と県日中友好協会中国帰国者交流センターは2月14日、「第8回中国帰国者への理解を深める県民の集い」を長野市内のホテル犀北館で開きました。旧満州(現中国東北部)に渡り、敗戦時の混乱で取り残され中国養父母に助けられ育てられた帰国者(残留孤児)が体験を発表、あわせて満蒙開拓平和記念館の報告と教育現場での帰国子女への差別を克服した特別講演も行われ、230人余りが熱心に聞き入りました。第2部では東京中国歌舞団による民族楽器演奏を堪能し、第3部の春節交流会では餅つきやくじ引き抽選会、歌や踊りの披露、ヤンコー踊りなどを楽しみました。

 主催者を代表して田村浩志・県地域福祉課企画幹と高波謙二・県日中友好協会会長があいさつし、「長野県は全国一満州開拓団を送り出し多くの犠牲を出した。長野県には現在1300世帯4100人の中国帰国者の皆さんが暮らしている。2008年には新帰国者支援法が施行され、更に一昨年10月からは1世の配偶者支援の態勢ができた。帰国者1世の高齢化が進み、引きこもり防止や介護、2世の就労などの課題もある。開拓団の悲劇と帰国者支援問題は長野県と県民にとって忘れてならない歴史。帰国者の皆さんが、地域や県民の皆さんの理解を得て、平穏で幸せな生活を送ることができるように国、県、市町村、関係者が連携して支援活動に取り組んで行きたい。満蒙開拓平和記念館も一昨年春オープン以来、9万人近い参観者が訪れて全国的な関心を集めていてよろこばしい。本日は、帰国者一世の石坂万寿美さんの体験発表と満蒙開拓平和記念館報告、特別講演が予定されている。帰国者の皆さんの歩んだ歴史と現状への理解を深め、支援交流にともに励んでいきたい」と述べました。

 体験発表で石坂万寿美さん(72)=塩尻市=は、「家族で旧満州に渡りまもなく敗戦、父はシベリアに抑留され死亡、母とも死別した中で、現地の中国人に救われた。養母は病気の自分を1日に200回もおなかを撫でて看病してくれたり、鉄鍋を売って生活費や教育費を工面し育ててくれた」と体験を語り、私が現在あるは養父母のおかげですと話しました。

 特別報告として、飯田日中友好協会理事長の小林勝人さんが「満蒙開拓平和記念館」の活動を紹介し、ピースラボ講座や澤地久枝さんの講演会、中国養父母連絡会代表と養母を招いてのシンポジウム、養父母展の開催等を通じて、開拓団の悲劇を若い世代に伝える平和教育の基地としての役割を果たしていることを報告しました。また養父母展の県内巡回展示への協力を呼びかけました。

 特別講演として篠ノ井西中学教諭の飯島春光さんは「満州開拓団の歴史を20代で82.9%、30代で66.3%の人が知らない、帰国者がなぜ日本で生活し苦労しているかその理由も知らない現実がある」と指摘し、篠ノ井西中学で1990年代後半中国帰国生徒が急増する中で差別やいじめ問題が発生し荒れていた、それを克服するために、満州移民に焦点を当てた学年ぐるみの歴史、平和学習に取り組んだ経緯を紹介しました。「生徒たちは祖父母や曾祖父母の戦争体験の聞き取りと発表に取り組み、帰国生徒も新聞づくりを通して曾祖母の人生に迫った」「ひいおばあちゃんの話を取材した宏くんはひいおばちゃんが中国で殺されそうになったところを現地の中国人に救われ結婚し、帰国後現地に家族と自分の墓を建てたことを知った」「ひいおばちゃんの歴史を調べ、それを親にも知らせることができた」などの事例を紹介し、戦争をどう学び、どんな未来をつくっていくかが問われていると話しました。

 第2部の東京中国歌舞団の民族楽器演奏では、劉錦程団長の揚琴と汪成さんの二胡の演奏を楽しみました。会場は春節の華やかな雰囲気に包まれました。最後に「北国の春」と「大海啊、故郷(海はふるさと)」を歌いました。

 第3部の春節交流会では長野市日中女性委員会の皆さんが友好の黄色のハッピ姿で、交流会を進行し・盛り上げに大活躍でした。アトラクションとして臼と杵を使って、帰国者の皆さんが次々と餅つきを体験しました。抽選会も行われくじを引き当てた人たちが切絵のカレンダー、お米やリンゴなどの景品を受け取って喜んでいました。松本、飯田、上田、長野、伊南の日本語教室に通う帰国者の皆さんが次々と準備してきた出し物を披露しました。「信濃の国」「ふるさと」「花」「北国の春」などを堂々と歌い大きな拍手を受けました。上田教室の皆さんは、はっぴ姿に桜の枝をもって、「真田桜」の踊りを披露喝采を浴びました。二胡やフルース、横笛の演奏なども披露され、最後に中国の東北地方に伝わるヤンコー踊りを会場いっぱいににぎやかに踊りました。参加した帰国者の皆さんは「中国の春節を祝いながらみんなと集まれるこの会を毎年楽しみにしている」と語っていました。

 飯田下伊那、伊南、伊那、松本、佐久、上田、長野、飯山などからおおぜいの帰国者や支援者、市民のみなさんが参加しました。中沢洋子県地域福祉課長補佐兼自立支援援護係長、宮川あゆみ同係主査、小林佑一郎元中国帰国者定着促進センター所長、庭山透長野市生活支援課長、王秀閣中国国際放送局孔子学堂担当者、井出正一県日中最高顧問、清水可晴・中沢道保・福沢宏夫・清水えい子・村山ひとみ県日中副会長、西堀正司県日中帰国者交流センター所長、西沢毅県日中帰国者留学生委員長、池上一巳上田市日中会長、金子繁三長野市日中理事長、布施正幸帰国者交流センター次長らも出席し帰国者を激励し交流しました。
 日中友好新春女性のつどい、”中国茶を知り味わう”(2/5)

 長野県日中友好協会女性委員会(島津美智子委員長)は2月9日、長野市内のホテル信濃路において日中友好新春女性のつどいを開きました。飯山・須坂・長野・千曲・上田・佐久・松本・飯田など各地から50人が参加し、新年の研修と交流懇親会が行なわれました。

 島津委員長は昨年の県日中女性委員会設立40周年を振り返り、「日中友好にかけた先人の志に思いを致し、今まで積み上げてきた1つ1つの活動を大事にしようと努めてきた。千曲市での総会、木島平でのスキー交流会、上高地での友好キャンプ、新潟総領事館訪問、さらに中国大学生インターンシップ生の皆さんとの交流など心に残る活動ができた。戦争の悲惨さを体験した世代が少なくなりつつある今、日中友好のために何ができるか考え、新たな一歩を踏み出していきましょう」とあいさつしました。

 来賓として高波謙二県日中会長や清水えい子女性委員会顧問、来県中の紀竑さん(福岡領事)、王昌勝県華僑総会長、西堀正司理事長、董彤県国際交流員らが、「県日中は本年創立60周年を迎えますが、県日中の柱となって活躍されている女性委員会のパワーで、日中友好交流の再活性化を図り、平和と繁栄に重要な意義を持つ友好を前に進めていきましょう。女性委員会の新年の活躍に期待します」などと激励しました。

 第1部の研修会では、中国国際放送局長野孔子学堂の王秀閣さんが「中国茶あれこれ」と題して、お茶の歴史や、”チャ”も”ティー”もいずれも中国語の茶がもとになっていること、茶葉の発酵度合いによって緑茶、白茶、青茶、紅茶、黒茶など多様な茶があることなど興味深いお話をしていただきました。また普段味わえない貴重なお茶をふるまっていただきました。

 第2部の交流懇親会では、日本舞踊、真田桜、健康体操などが披露されました。会場のあちこちで和やかな交流が行われました。最後に全員で大きな輪を作り、「ふるさと」をうたいました。当面する2月の日中スキー交流会の成功を誓ってお開きとなりました。なお当日は女性委員会の皆さんが持ち寄った品々でバザーが行われ3万5千円余りの売り上げがあり、女性委員会の資金ができました。
 紀竑さん(福岡領事)白馬、長野を友好訪問(2/7~9)

 河北省外事弁公室の紀竑さん(福岡総領事館勤務)が2月7日から9日来県し、白馬でスキーを、長野で懐かしい友人と再会交流しました。4年間の日本勤務を近く終え、3月末帰国されるそうです。

 白馬村では、八方尾根スキー場でスキーに汗を流しました。対岳館の丸山庄司先生(元全日本スキー連盟専務理事)の熱心な指導により、2日目にはボーゲンからパラレル・クリシチャニアにレベルアップ、スキー場の最高地点近くからゆっくりと滑り降りれるようになりました。王昌勝県華僑総会会長も2日間しっかりサポートしていただきました。夕食会には友人の栗岩善昭さんや佐藤元村長も参加し、話が弾みました。下川正剛白馬村村長を表敬した際には、河北省からの白馬へのスキー客訪問などが話題となりました。長野に到着すると、高波謙二会長や福沢宏夫副会長ら訪中などでお世話になった皆さんが出迎え歓迎夕食会が開かれました。

 翌日は山本県国際課長らと懇談したのち、善光寺を参拝し、県女性委員会主催の日中友好新春女性のつどいに参加しました。紀竑さんファンが大勢いて旧交をあたためました。「4月の県日中友好協会訪中団が訪問する折には石家庄で再会できそうですね。お世話になりました」。紀竑さんと握手をして別れを惜しみ、みんなで見送りました。(布施)
  県日中友好協会新春座談会・新年会を開催-創立60周年、友好交流の再活性化へ(1/25)

 長野県日中友好協会は1月25日、140人が出席して恒例の日中友好新春座談会と新年会を長野市内のホテル信濃路で開きました。創立60周年を迎える長野県日中友好協会の活動を振り返りつつ、日中両国の友好交流の再活性化と信頼回復に向けた更なる取り組みの必要性を確認しあいました。阿部守一知事、中国大使館の沈建国参事官をはじめ国会議員や各界来賓も出席され盛会裏に開催されました。

 新春座談会では、山根敏郎副会長の開会の辞に続いて、高波謙二会長があいさつし、「長野県日中友好協会創立60周年の節目の年に当たり、先人の事績を振り返り、日中友好はアジアと世界の平和と繁栄に欠かすことができないとの信念をもって今年も進んでまいりたい。力を合わせ、友好交流の再活性化に努め、相互信頼を回復していきたい。 4月には60周年記念長野県日中友好の翼訪中団を派遣し、秋には河北省友好協会代表団をお招きして60周年記念式典を予定。あわせて『虹の架け橋・長野県日中友好の歩み(第4巻)』の発刊を計画しているので格別なご支援ご協力をお願いしたい。本日は新年の抱負をともに語り合い、有意義な会としていただきたい」と述べました。

 また、座談会にも出席された沈参事官は、長野県協会の日ごろの活躍に敬意を表した後、「今の中日関係は各分野の交流協力が回復しつつあるが、まだまだ不安定要素があり、引き続き細心の注意を払いながら、努力していく必要がある。しかし、大局から見ると、まさに歴史上初めて、中日国民の大交流の時代を迎えており、本格的に向き合い、触れ合う時代になった」と述べ、今後の中日関係を発展させるため3つの提言をされました。「 第1は、お互いのことを客観的に見ることが大事。日本も等身大の中国を見て取ってほしい。中国は平和発展を堅持し、日本を協力のパートナーとみなして、日本をライバル、ないし仮想敵国とみなすことはない。中国の指導者はさまざまな場で、中日関係の重要性を言及して来た。第2は、中日関係に自信を持つこと。40数年の蓄積はたいしたもので、相手に対して好感度を持たないとか言われるが、それは必ずしも両国国民感情の実態ではない。三国志や中華料理が好きな日本人は圧倒的に多くて、また、日本製品や日本の流行文化が好きな中国人もいっぱいいる。それこそ、中日関係の強固な基盤と思う。第3は、人と人とのつながりを重視した友好交流を通じて、中日関係の発展を促進すること。いま訪日中国人は年間500万人、まさに、国の交わりは、国民の親交にあり、大いに両国民の直接の接触を拡大していく必要がある。歴史的な国民大交流の時代に、必ずや、多くの若者が友好活動に参加してくると確信している。中国大使館も、私自身も引き続き頑張ります」とのあいさつに共感の拍手が送られました。

 布施正幸事務局長が第2回理事会(12/2)で決定された今年の主な事業計画を報告し、「長野県日中友好協会創立60周年の節目の年に当たり、歴史を顧み未来を展望し、日中の平和友好の大切さを内外にアピールする。地方民間交流事業を企画し、友好交流の再活性化と信頼関係の回復に努める。 *4月の長野県日中友好協会代表団の派遣 *10月の河北省人民対外友好協会代表団を招いての長野県日中友好協会創立60周年記念式典開催  *『虹の架け橋-長野県日中友好の歩みⅣ』の編集発刊  *中国残留孤児養父母展の県内巡回展 *太行山河北省内丘県での緑化協力プロジェクトの実施 *長野ラジオ孔子学堂のHSK中国語検定試験実施協力 *留学生ホームステイ受入れ などにとりくんでいきたい」と述べました。

 続いて西堀正司理事長の司会でディスカッションに入り、日中関係の現状と課題、地区活動や各分野の交流などについて活発に意見交換が行われました。

◎中国の積極的な対外外交に関心を持ってみている。中国が好きで仲良くしていきたいと願っている。 ◎南京大学と藤村文学賞を通じた交流を今後も進めていきたい。中国は文化の恩人であり大切に付き合っていきたい。◎両国民の信頼関係の低下が言われているが訪日観光客が500万人に近づいたことや爆買など明るい話題もある。 ◎諏訪の御柱祭が行われるが岡谷蚕糸博物館に中国から蚕などの資材を導入して中国人観光客誘致に知恵を絞っていきたい。邱国洪・次期中国大使は古い友人なので、歓迎したい。 ◎中国は人件費のアップを国指導で行い内需拡大を図っている。個人消費は伸びており、消費税17%関税20%の中国人が日本で買い物をしたいと思う背景がある。

◎帰国者を取り巻く状況も大きく変わってきている。温かいまなざしがほしい。いじめなどの問題にも関心を持ってほしい。 ◎解決には地域・学校・家庭での教育が大切と思う。 ◎県内在住の帰国者は4100人と言われるが1万人を超える関係者が暮らしている。医療通訳等を各市町村に置くなどの対策が必要。 ◎かつて協会として陳情したが自動車免許試験は中国語でも受けれるようになった。

◎世界人口73億人の53%の39億人がアジアに住んでおり、世界のGDP・77兆ドルのうち日中両国で16兆ドルを占めている。日中関係がぎくしゃくすると世界にもマイナスの影響が大きい。 ◎謙中・反中雑誌があふれていて中国を正しく理解する若者が少ない現状は大変残念だ。中国の若者も日本の現状を見てほしい。 ◎昨秋の丹羽宇一郎先生の講演を聞き「とにかくできることをやるんだ」と決意した。若い人に参加してもらうにはどうしたらいいか。友好訪中団に参加して入会してくれる人もいる。インターンシップ生との交流も有意義だった。 ◎日中両国民が直接触れ合って真剣に向き合うようになった。言論NPOの世論調査(2000人)は、謙中・反日90%といった数字を出しているが、実態と違っている。世論を誤った方向へ誘導する弊害があると思う。人の交流が飛躍的に拡大し、人と人の付き合いの接点が増えている。戦中世代の贖罪から友好というモチーフの中で、お互いに等身大の日本と中国を認識して付き合っていきたい。 ◎日本は敗戦以来70年、戦争しないでやってきた。平和を守っていきたい。冷静に考えれば、戦争をする相手はいない。 ◎右傾化が心配。マスコミの偏向も感じられる。脅威をあおっているが日中は運命共同体であることを認識すべきだ。

◎映画「望郷の鐘」の上映会に420名参加、好評だった。学校の先生方にも見てもらい、各学校でも上映して平和の大切さを学んでほしい。 ◎中国ジャンプ訓練隊の受け入れ協力などに取り組んできた。◎大学生インターンシップ生受け入れ事業を県の協力のもと5年取り組み300人近く受け入れた。観光やスポーツビジネスに貢献したい。違いを認識してできることからやっていき、お互いに必要とされる間柄となりたい。県が河北省と結んだ4つの協定(医療介護・スポーツ/スキー・環境・観光)推進に協力していきたい。 ◎創立時は開拓団関係者が多かった。若い人が動きにくいところがあった。日中はお互いを認め合って、できることから実行していきたい。諏訪にも大勢の中国人実習生・留学生がいるので交流し理解を深める機会を増やしていきたい。 ◎貴重な社会主義の文献贈呈を通じて交流があった。日中は唇と歯の関係にある。

◎満蒙開拓平和記念館の昨年の入館者は27000人だった(累計80000人超)。11~12月中国残留孤児養父母展を開催するとともに、養母を招いて「養父母を知るつどい」を開催した。養父母展の県内巡回展にご協力願いたい。体験者の発表などを合わせて取り組んでいただければ効果的と思う。子供たちに教え伝える機会としていただきたい。謙中・謙日は教育の問題でもある。近現代史を正しく子供たちに教えることが大切と思う。 ◎青年委員会と女性委員会の共催で日中スキー交流会を2月木島平スキー場で開催。ご参加とご協力をお願いしたい。 ◎女性委員会は新春女性のつどいを予定している。地区協会を基盤に活躍しているのでご支援ご協力をお願いしたい。

◎(まとめ)活発なご意見に感謝したい。現在は、世界のグローバル化が進むとともに地方ローカルが重視される時代となっている。グローカルという言葉も生まれている。平和な社会を維持していく上で、日中両国の平和友好は欠かすことができない。地域での交流活動に取り組み、友好を発展させていきたい。

 新年会には、日頃友好運動に協力いただいている各界来賓が多数出席いただきました。相澤孝夫副会長の開会あいさつに続き、高波会長は日ごろの協力に感謝し、「日中首脳会談により両国関係に明るさが見えてきた。本年は長野県日中友好協会創立60周年の節目の年に当たる。半田孝海初代会長はじめ先人の事績を振り返り、官民力を合わせ、友好交流の再活性化に努め、相互信頼を回復していきたいと決意している」とあいさつし、60周年記念事業への協力を要請しました。

 阿部県知事、沈参事官、務台俊介衆議院議員、村石正郎県日中友好促進議員連盟会長から激励の祝辞をいただき、濱田州博信州大学長の音頭で乾杯しました。阿部知事は、日ごろの友好協会の活動協力に謝意を表したのち、張慶偉河北省省長との間で結んだ医療介護・スキースポーツ・環境・観光などの分野での協力交流を深めていく決意を語りました。

 懇親会の中のスピーチで、小松裕・井出庸生両衆議院議員(代)、小坂憲次・若林健太両参議院議員(代)、太田昌孝・竹内久幸・今井正子・小林東一郎・高島陽子・清水純子各県議、王昌勝県華僑総会会長、河野博明県スキー連盟副会長、王秀閣中国国際放送局長野孔子学堂代表、董彤国際交流員などから激励をいただきました。女性委員会メンバーが沈参事官とともに壇上にのぼり「ふるさと」を披露し大きな拍手が送られました。親しく懇談交流が行なわれ会場は和やかな雰囲気に包まれました。山本晋司県国際課長の音頭で日中友好協会の万歳が行なわれ、中沢道保副会長の閉会あいさつで散会となりました。

 来賓として前記のほか岡田荘史長野市議会日中友好議員連盟会長、返町健長野市国際室長、岡村重信県経営者協会人材戦略拠点事務局長、井出康弘県中小企業団体中央会事務局長、木藤暢夫県商工会議所常務理事、中村英雄県商工会連合会専務理事諏訪浩一県平和人権環境労組会議共同代表、星沢重幸部落解放同盟県連委員長、井口弥寿彦信濃毎日新聞社総務局長、酒井康成松本歯科大学学事課係長、桜井啓司県武術太極拳連盟会長らのご臨席をいただきました。

年頭のごあいさつ-長野県日中友好協会創立60周年を迎えて

                                       
                                                長野県日中友好協会  会長 高波謙二 

新年を迎え、日ごろの各位の献身的な日中友好のご尽力に心から敬意を表しご協力に感謝申し上げます。

日中関係は一昨年秋の両国首脳会談実現以降、地方民間交流はじめ、国レベルの青年学生交流も再開されてきています。多くの課題が残されていますが、両国政府と国民が英知をかたむけ、協力してアジアと世界の平和と繁栄に貢献していけるよう願っております。

戦後70年、日中友好協会創立65周年に当たり、この1年様々な活動に取り組む中で、日中不再戦、平和友好の大切さを県民にアピールしつつ歩んでまいりました。河北省の張慶偉省長を迎えての友好30年記念式典を皮切りに、映画「望郷の鐘」上映、緑化協力やスキー交流、中国留学生ホームステイ受け入れ、中国語の普及、帰国者支援活動、中国昆劇長野公演や丹羽宇一郎前中国大使の講演会、程永華大使を迎えての日中友好秋季セミナーなどにとりくみました。

程大使の「友好に対し自信を持ち国民交流を積極的に進めたい」とのお話や、丹羽先生の「日中両国は仲良く付き合っていく以外に道はない。まず一歩を踏み出すこと」という強い信念に感動しました。

本年は長野県日中友好協会創立60周年の節目の年に当たります。日中の平和友好協力の道こそ日本の歩むべき道であり平和と繁栄の道であります。力を合わせ、友好交流の再活性化に努め、相互信頼を回復していきたいと決意しております。4月には60周年記念県日中友好の翼訪中団を派遣します。秋には河北省友好協会代表団をお招きして60周年記念式典を開催します。『虹の架け橋-長野県日中友好の歩みⅣ』も発刊します。皆様の格別なご支援ご協力をお願い申し上げます。(2016.1.1)

<初春を迎えて>  協働して日中友好交流のフロントランナーとしての役割を
                                                
                                                  長野県知事 阿部 守一 

 皆様には、清々しい新年をお迎えのことと、心からお喜び申し上げます。
 
 長野県では、戦後70年の大きな節目の年であった昨年を、国際関係再構築年として位置付け、世界において長野県の果たすべき役割を検証するとともに、アジアの近隣諸国を中心とする友好関係の強化に努めて参りました。こうした中、昨年初早々、貴協会の格段の御支援と御協力のもとに、張慶偉省長を団長とする河北省代表団の来県が実現いたしました。ここに改めまして衷心よりお礼を申し上げます。

 御蔭様をもちまして、張省長との間で「冬季スポーツ」、「医療・介護」、そして「環境」の3分野において、交流を強化する覚書きを締結したほか、「観光」分野においても、河北省との間で観光交流を強化する覚書を締結することができました。

 年末には、私が河北省を訪れ、これらの覚書の進捗状況を張慶偉省長と確認するとともに、2022年の北京冬季オリンピック・パラリンピックの会場となる河北省に対して、全面的な協力と支援を約束して参りました。

 ここ数年にわたり、日中国家間の関係は決して良好とは言えない状況が続いて参りましたが、そのような厳しい環境にあって、長野県と河北省はこれまで、「日中地方間官民交流のお手本」のような固い絆を築き上げて参りました。これも、貴協会の多大なる御尽力の賜物であると心から感謝を申し上げる次第です。

 今後も日中友好交流のフロントランナーとしての役割を果たして参る所存でございます。引き続き、全国の日中地域間交流を牽引してこられた長野県日中好協会の皆様との協働をお願いいたしますとともに、新しい年が希望に満ちあふれ、実り多い良き年となりますよう心からお祈り申し上げます。(県日中友好友好協会名誉会長 16.1.1)
 

<新春メッセージ>相互信頼構築と国民感情の増進に努めましょう

                               中華人民共和国駐日大使館 友好交流部 参事官  汪 婉 

2016年の新年を迎え、謹んで新春のお祝いを申し上げます。

一昨年11月に達成された両国政府の四項目の原則的共通認識に基づき、両国各界のたゆまぬ努力により、困難な状況にあった中日関係は去る2015年、戦後70周年という節目の年にようやく改善の方向に転換し、各分野における交流と協力は回復されつつあります。この中、両国関係の改善のために、長野県各界はより一層結束し、地方レベルから大きなご貢献をなされ、欠かせない重要な役割を果たされたことは特筆に値するものであります。阿部守一知事と張慶偉河北省省長との相互訪問をはじめ、貴県と河北省は様々な分野において、活発な交流事業を実施され、中日両国地方交流のモデルと言っても過言ではありません。これに対し、高く評価し、感謝の意を申し上げます。

その一方、中日関係にはまだ不安定な要素が含まれており、両国相互信頼関係の構築と国民感情の増進には引き続き努力しなければなりません。中日友好の基盤は民間にあり、中日関係の前途は両国人民に委ねられています。新たなる一年に、長野県の皆様は「民を持って、官を促す」という両国間の優れた伝統を発揚し、中日関係の持続的改善と両国人民の世々代々にわたる友好のために引き続きご尽力、ご貢献されますよう期待しております。

長野県の益々のご発展と長野県民の益々のご幸福をお祈り申し上げます。(16.1.1)

 
故半田孝淳先生のご逝去を悼みご冥福をお祈り申し上げます(12/14)

 天台宗座主で長野県日中友好協会最高顧問の、半田孝淳先生が12月14日逝去されました。享年98歳でした。先生のご逝去を悼み心から哀悼の意を表しますとともに生前の日中友好のご貢献に感謝し謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 半田先生は、長野県日中友好協会初代会長半田孝海先生のご子息で、孝海先生の後をついで、日中友好に深い関心を寄せ、長野県日中友好協会副会長さらに最高顧問として、協会を導き私たち会員を励ましていただきました。ご自身も幾たびも中国を訪問され、中国仏教会の趙僕初会長はじめ佛教会の要路の方々との親交を温められてこられました。

 日本仏教界の重鎮のお立場になられてからも、大変親しみやすいお人柄で、親しく声をかけてくださり感慨深く先生の在りし日のお姿を思い浮かべております。

 1986年に県協会創立30周年の記念誌を編集するにあたり、半田先生から、父君の残された新聞大の大型スクラップ20冊ほどに整理されていた沢山の貴重な資料をご提供いただきました。おかげで1950年代、60年代当時の確かな記録が明らかとなり編集者一同半田会長のお人柄を改めて偲び、半田先生のご好意に深く感謝した次第です。

 2011年に常楽寺でお会いした時のことも忘れがたい思い出です。その時の様子を記した短文を紹介させていただき半田先生のご冥福をお祈りしたいと思います。(F)

半田孝淳先生から半田孝海初代会長の貴重な資料を提供いただく(2011年10月11日)

 長野県日中友好協会の初代会長の半田孝海先生(善光寺大勧進大僧正)が先頭に立って戦争中県内の平岡や木曽谷に強制連行されダム建設工事に従事させられ殉難された240名余の遺骨収集・慰霊・遺骨送還の事業に関係者とともに尽力されたことは友好協会会員のみならず多くの県民の知るところです。半田先生は1957年9月と1963年11月一部遺骨を携え訪中し周恩来総理とも会見しています。

 このほど、半田孝淳先生(半田初代会長のご子息で、比叡山延暦寺座主大僧正、県協会の最高顧問)から1957年5月半田孝海会長が、長野県中国人俘虜殉難者慰霊実行委員会委員長として中国紅十字会宛に殉難烈士・呉栄海氏の遺骨に添えて送った手紙の写しをいただきました。

 天津市烈士陵園の中にある在日殉難烈士・労工紀念館のなかに実物の手紙は展示されていましたが、本年9月日中友好宗教者懇話会訪中団の一員として訪中された、中尊寺貫首の山田俊和・宗教者懇話会理事長がこれを写真に収め半田先生にお送りいただいたものでした。

 半田会長の精魂を傾けられた日中不再戦、平和友好の願いと実践の一端が、明年の日中国交正常化40周年を前にして私達の目の前に現れたことは、重要な啓示に思えます。半田孝淳先生もまた日本の仏教界の最高指導者のお立場にあって父君の思いを継いで日中の永久の友好平和の思いを熱く語られ私達を激励くださいました。心から感謝申し上げます。
 中国人養母ら招き阿智村でシンポジウム(12/12)

 満蒙開拓平和記念館(河原進館長)と飯田日中友好協会(清水可晴会長)は12月12日、阿智村中央公民館で中国残留孤児を育てた養母を招き「中国養父母を知るシンポジウム」を開きました。元残留孤児やその家族、支援者、市民ら約100人が参加し、養母と孤児の話に耳を傾けました。

 来日したのは、黒竜江省ハルビン市在住で残留孤児の日本人女児を育てた養母、李淑蘭さん(88)や中国に残る孤児や養父母の生活を支援している「ハルビン市日本孤児中国養父母聯誼会」の丁一平副会長ら7名。昨年6月、記念館代表が訪中した際に交流したのがきっかけで今回の招請が実現しました。

 丁副会長が1985年に設立された養父母聯誼会の活動を紹介したのち、李さんは記念館の三沢亜紀事務局長の質問に答える方式で、日本人孤児を育てることとなった経緯や思いを語りました。おかゆやマントウを売る店を営んでいた李さんは1945(昭和20)年秋、日本人女性からやせ細った女児を託されました。自身も養女として育てられた経験から「ほっておけない気持ちで預かった」。日本人の子を預かったことで非難も浴びたが「孤児なのだから誰かが面倒を見てあげなければかわいそう」と揺るがなかったと李さん。娘が81年実母がわかり日本に帰ることとなった際は「別れはつらかったが娘が実の母と会えると思うとうれしかった。自分は母が誰なのかいまだわからない」と述べました。

 中国の養父母に育てられた元残留孤児、多田清司さん(76)=飯田市=も登壇。「(収容所で父母を亡くした多田さんを)養父がおぶって自宅へ連れて帰り、養母がおもゆを作って一口一口たべさせてくれた。中国の養母(ママ)のおかげで生きながらえることができた」と話しました。

 東京から駆け付けた元残留孤児の中島幼八さん(73)は、花束とともに自身の体験をつづった書『この生あるは』(中国語版)を贈り、感謝の気持ちを表しました。中国残留孤児長野訴訟副団長を務めた石坂万寿美さん(72)=塩尻市=も「中国と養父母は私たちが生活し学ぶすべてを支援してくれた。健康で長生きされることを心から願っています」と語り、感謝の意を表しました。

 小林勝人・飯田日中友好協会理事長が日本側における残留孤児の受け入れ活動の概要を報告し、寺沢秀文・平和記念館副館長がシンポジウムのまとめを行いました。

 なお、平和記念館では「日本人残留孤児と中国養父母展」(ハルビン市日本孤児中国養父母聯誼会提供)を11月21日から12月26日にかけ開催しています。引き続き、県内各地区日中友好協会と共催で巡回展示を予定しています。
  ワールドフェスタin長野に長野市日中も参加(11/29)  

国際交流イベント「おぉ!地球人 ワールドフェスタ in 長野 2015」が11月29日長野市のもんぜんぷら座で開催されました。市民の国際感覚・国際理解の向上を目指し、今年で4回目となります。市内に活動拠点を置く団体等21の出展ブースと8つのステージ発表が行われ、多くの市民が訪れ、交流を楽しみました。

ステージ発表では、中国石家庄市からの3名の語学研修生(何瑛さん、王景澔さん、鄺天辰くん)が和服姿でそれぞれ一人ずつ「能」を舞い、3人一緒に三味線で「さくら」の曲を演奏し、更に一人ずつ研修中の思い出などを日本語で発表し視聴者の大きな拍手を浴びました。また、幸福龍さんほか敦煌二胡教室のみなさんによる二胡演奏も行われ、5曲目は長野市日中のメンバーもステージに上がり観客の皆さんと「ふるさと」を合唱しました。

幸運を招く赤い提灯や切り紙で飾り付けた長野市日中友好協会のブースには、協会の活動紹介展示のほか、「満蒙開拓団の悲劇を語り継ごう!」のコーナー、 中国茶のサービスコーナー、ミニ中国語教室を設けて来客者を迎えることとしました。激励に来場された山根会長、福澤副会長も黄色い日中友好のハッピ姿になり、ブース前で全員勢ぞろいの記念写真を撮り、定刻の11時いよいよ開会セレモニーで始まりました。

当協会ブースでは、王秀閣さん(中国国際放送局孔子学堂中国側責任者)のお手前による「黒茶」「白茶」「ジャスミン茶」など、中国茶のサービスが人気を呼び、それぞれの効能などを記したチラシを手に味わっていただきました。茶菓子の「ナツメ」「山査子」の提供も喜ばれました。また、応援に来てくれた県国際交流員(河北省から来県)の董彤さんと信州大学研究生の劉非さんによるミニ中国語コーナーにも多くの人が立ち寄っていただき好評でした。 満蒙開拓団の悲劇など綴った『活(いきる)』(宝興長野郷開拓団出身の大石文彦さん著)などの著書にも関心を寄せていただき、日中不再戦、平和友好をアピールすることもできました。

その他、アメリカ、ロシア、ベトナム、モンゴル、フィリピン、タイなど、それぞれのブースにも多くの皆さんの関心が集まっていました。

長野市国際室によれば、当日の来場者は688名で、長野市には11月現在、53ヶ国・地域の3491名の外国籍の方が暮らしています。国際交流の良い機会になったと喜ばれています。         (長野市日中友好協会 事務局長 吉岡 弘海)

 第19期日中関係を考える連続市民講座スタート(11/28)

第19期日中関係を考える連続市民講座が11月28日から始まりました。県内の大学と県日中友好協会などで作る県日中学術交流委員会主催で、毎月1回のペースで文化、歴史、経済関係などをテーマに計6回の講座が開かれます。第1回は長野大学の塚瀬進教授が「溥儀の生涯とその時代」と題してラストエンペラーの生きた激動の時代とその人を紹介しました。第2回は立石昌弘・県短期大学教授(中国経済)が「1930年代の中国と日本」と題して講演しました。

 開催趣旨は次のようです。
--日中両国は2000年の友好往来に裏打ちされた文化の共通性があります。一方、近代不幸な戦争を体験しています。国交正常化以来40数年を経過し、最大の貿易相手国となっています。ここ数年、政治的ギクシャクが続いてきましたが、日中関係は徐々に明るさを取り戻しつつあります。英知をかたむけ、平和と友好協力の道を歩む方途を探すことは両国国民にとって大切な課題です。中国を多面的に理解するため県内で活躍している大学・短大などの先生を講師に迎え第19期講座を計画しました。お誘いあってご参加ください。

詳細はこちら――>第19期日中関係を考える連続市民講座「中国の歴史・文化と日本」

11/28(土)「溥儀(ラストエンペラー)の生涯とその時代」、塚瀬進・長野大学教授
12/19(土)「1930年代の中国と日本」、立石昌弘・県短期大学教授(中国経済)
1/23(土)「中国茶あれこれ」、王秀閣・中国国際放送局日本語部アナウンサー・長野孔子学堂責任者
2/27(土)「中国近世小説の世界『杜騙新書』の話」、氏岡真士・信州大学人文学部准教授
3/19(土)「中国進出県内企業の現状」、兼村智也・松本大学教授
4/23(土)「宋代中国の都城と文化」、久保田和夫・長野高専教授
 県女性委員会バスツアー、新潟中国領事館を訪問交流(11/19)

 県日中女性委員会は11月19日、第8回秋の日中友好研修バスツアーを行いました。女性委員会メンバーら42名が参加して、新潟の中国領事館を訪問し、何平・総領事はじめ関係者から心のこもった歓迎を受けました。

 未明に南信のメンバーを乗せ、岡谷を出発したバスは松本、長野、須坂、中野、飯山と参加者を加えながら、新潟を目指しました。車中では西堀正司県日中理事長から最近の日中関係についてレクチャーを受け、さらに中国語の歌「大海啊、故郷」(海はふるさと)を練習し、自己紹介など交流しながら、11時過ぎには領事館に到着しました。

 何総領事は、心からの歓迎の意を表した後、「長野県の皆さんとの交流は今まであまり機会がありませんでしたが、隣県同士これを機会に交流を深めていきましょう。両国関係は複雑な問題も抱えていますが、女性のパワーを発揮していただき、民間・地方交流を活発にし友好協力を進めていきましょう」と述べました。 

 島津美智子女性委員長や西堀理事長らが訪問御礼のあいさつをし記念品交換が行われました。領事館の内部も案内していただき、領事館の皆さんの仕事ぶりも見せていただきました。現在の領事館は手狭なため、行く行くは新しい領事館に移ることになるそうです。国章の飾られた玄関前にて全員で記念撮影しました。

 続いて何総領事の特別の計らいで、市内の中華レストランに場所を移して歓迎昼食会がもたれました。美味しい中華料理や紹興酒をいただきながら領事館のスタッフの皆さんと交流懇親を深めることができました。感謝の意味を込めて、バスの中で練習してきた「大海啊、故郷」や「ふるさと」を一緒に歌いました。名残を惜しみながら長野での再会を約して会場を後にしました。

 一行はその後、新潟ふるさと村でショッピングを楽しみ、さらに越後一の宮と言われる弥彦神社で菊まつりを鑑賞し英気を養い帰途につきました。バスの中では、「領事館訪問など良い体験ができ楽しく勉強になりました」「来年も友達を誘って参加したい」などと感想が語られました。自慢のカラオケも披露され、長い道のりも短く感じられる有意義な研修バスツアーとなりました。
長野市の帰国者、世界遺産・富岡製糸場とこんにゃくパークを見学交流(10/25)
 
 長野市と市日中友好協会、市帰国者の会で構成される長野市中国帰国者三者連絡会の主催により平成27年度長野市帰国者のつどいが10月27日行われました。昨年の上越市水族博物館訪問に引き続き今年も要望に応えてのバスツアーで世界遺産冨岡製糸場とこんにゃくパークを訪問しました。帰国者65名と友好協会役員、市生活支援課の皆さんが参加し、市のバス2台に分乗しての80名の賑やかな見学交流会となりました。

 あたたかい日差しに恵まれたこの日、長野を8時前後に出発した2台のバスは松代PAで合流し、ここで開会式が行なわれました。

 三者連絡会副会長の柳沢春生・市帰国者の会会長は、「沢山の帰国者に参加いただき感謝します。年配の方もいるので、無理しないで、楽しい1日を過ごしてください」とあいさつしました。布施正幸・県日中帰国者交流センター次長も「帰国者1世の皆さんが大勢の子や孫に囲まれて安心した老後を送れるよう地域の皆さんとともに頑張っていきたい。日中両国の不再戦、平和友好を願う気持ちを誰よりも持っている皆さんが友好の懸け橋になっていただきたい」と述べました。

 バスは、予定通り11時に富岡製糸場に到着すると、参観者が門前列を成していて大盛況でした。木骨レンガ造の広大な建物がしっかり保存され、東置繭場跡には富岡製糸の歩みをわかりやすくパネル展示してありました。繰糸所は工場の心臓部だったところですが、28年前まで動いていた機械が整然とその場所に保存されていました。

 富岡製糸場は明治5年(1872)に日本初の官営の近代的大規模製糸工場としてスタートしました。以後民営払い下げとなり最終的に長野県とかかわりの深い片倉工業㈱が取得し昭和62年(1987)操業停止まで続いたもので、その後富岡市に寄贈され国指定重要文化財となりました。昨年念願かなって世界遺産に指定されました。帰国者の皆さんも興味深げに参観していました。

 市内の藤乃屋で昼食の後、群馬県の特産こんにゃくのテーマパーク「こんにゃくパーク」を訪問しました。大変大きな施設ですが、こちらも大勢の観光客でにぎわっていました。まず入口で記念撮影、そして工場を2階から案内コースに沿って参観しました。続いてこんにゃくのバイキング料理を味わい、最後に両手がふさがるほどのこんにゃく製品を買い込みショッピングを楽しみました。

 一世の皆さんは70代半ば過ぎの方が多いですが、皆さん元気に2世3世4世に囲まれて楽しい一日だったと喜んでいました。
人民中国雑誌社王漢平副社長一行迎え、意見交換と歓迎会(10/10)

 人民中国読者会は10月10日、県日中友好センターにおいて人民中国雑誌社王漢平副社長一行4名を迎えて、歓迎意見交換会を開きました。于文東京支局長と呉文欽特派員、王朝陽・本社政治経済班記者が同行しました。急なご案内でしたが、読者会メンバー20人が出席し熱心な意見交換を行いました。

 福沢宏夫会長は、歓迎のあいさつの中で、読書会の活動を紹介するとともに、人民中国がより読者から愛される雑誌になるよう編集部、東京支局の皆さんが努力していることに敬意を表しました。

 王副社長は、「2度目の長野訪問ですがあたたかい歓迎に感謝し、読者会の皆様にに親しみを感じております。雑誌を読者に愛される立派なものにすることが私たちの第1の使命です。いつも長野の皆さんにご支持いただき感謝しています。懇談会を機にいろいろな貴重な意見をお聞きしたい」と述べました。

 短時間でしたが、内容の濃い意見交換ができました。よりよい雑誌とするために改善すべき点を出して欲しいとの要請で、次々と要望が率直に出されました。

 「レベルが高く、内容が固い感じがして最後まで読み通すのが大変に思う。10代の中高生が読んでも理解できるような読みやすい雑誌の編集に心がけて欲しい」。具体的には、「ノーベル賞作家の短編小説を載せたらどうか。世界遺産の紹介や日中間の友好交流の紹介と言うことで長野県が紹介されていたが、継続して他県の交流も紹介していったら良いのではないか」。「中国の魅力的な歴史や格言、漢詩の紹介なども期待したい。医療介護、環境問題などにも興味を持っている。交流イベントや開発区、「爆買い」などの状況も取材紹介して欲しい」。また、「読者アンケートを編集に反映してほしい」など、アットいう間に1時間半が過ぎ、続いて交流懇親会となりました。「北国の春」や「我愛北京天安門」などの歌も飛び出し盛り上がりました。

丹羽宇一郎・前中国大使招き、日中友好協会創立65周年記念の講演会を開催(10/9)

 長野県日中友好協会・県日中経済交流促進協議会・県日中学術交流委員会は10月9日、戦後70年、日中友好協会創立65周年にあたり講演と記念のつどいを長野市内のホテル犀北館で開きました。講演会には、180名が出席。尖閣問題のさなか中国大使として厳しい日中関係の最前線にあって両国関係の破滅を避けるため全力を傾注された、丹羽宇一郎先生(日中友好協会全国会長)が、「戦後70年、中国の行方と日中関係の今後」と題して記念講演しました。その後、先生を囲んでパネルディスカッションがおこなわれました。「厳しい日中関係を打開し新たな扉を開くために」、ともに考え前向きに民間交流を進めていこうとする熱意あふれる有意義な1日となりました。

 夏目潔・県日中経済交流促進協議会会長の開会のあいさつに続き、高波謙二・県日中友好協会会長が主催者を代表して「日中友好協会は65年前、日中戦争の深い反省の上に、両国の不再戦、平和友好を誓って国民の期待を担って誕生した。全国でもっとも多くの満蒙開拓団を送り出した長野県は負の歴史を肝に銘じ教訓として友好関係を築く決意をした。粘り強く民間・地方の交流を続け、友好に資していきたい。大使在任中、中国全土を自分の目で視察され、政府高官はもとより、庶民の方とも交流を深め現場主義を貫かれた丹羽先生から得がたい体験に裏打ちされた貴重なお話をお聞きし、今後の糧としていきたい」とあいさつしました。

丹羽先生は冒頭、習近平主席とも大使在任中9回あったことがあり習氏が「日中は引越しのできない間柄で、仲良く付き合っていく以外に道はない」と言っていたことを紹介しました。「日中双方の世論調査では、嫌中や日本人が怖いなどの数字が8割を超えるなど、政府間だけでなく民間でも厳しい。交流の機会を増やし誤解を解いていく必要がある。同じ人間としてお互いに信頼しあったら日中間でも過去の歴史を乗り越えて偏見をなくしていくことができる」と強調し、日中間の全ての紛争を平和的手段で解決し、武力や武力による威嚇に訴えないと定めた1972年の日中共同声明に触れ、「声明の精神を両国が遵守するよう努力するべきだ」と訴えました。

 また9月の米中首脳会談に触れ日本人が大きくなった中国を理解すべきだと述べました。日本で余り報道されていないが、米中首脳会談では安全保障や経済連携などが広範に議論され、両国は2016年を「米中観光年」にすることで合意したことを紹介。さらに「オバマ大統領は2020年までに米国人学生100万人強に中国語を学ばせると宣言した。日本が尖閣問題でごちゃごちゃやっている間に、中国は日本を必要とせず米国と関係を深めるようになってしまう」と指摘しました。

 先生は、日本の戦争責任や、日中国交正常化のために先人が払った努力が忘れ去られつつあるとも懸念。「国交正常化移行の40年余りで10億ドルだった日中の貿易額が3300億ドルまでになったのは両国が平和だったからだ。戦争に近づくようなことはやるべきでない」と強調しました。

 最後に中国の習近平体制に触れ、「習氏は自信を持って国政にあたっており中国経済は崩壊しない。当面中国共産党の1党独裁体制以外ありえないが、21世紀半ばの建国100周年に向けた長期構想を持ちさまざまな課題を解決しようとしている。ちなみに2017年は習体制2期目になるが、日中国交正常化45周年にもなる。大使のとき40周年記念行事600件もが、中止になり本当に悔しかった。45周年は是非成功させたい」と講演を締めくくりました。

 講演後、丹羽先生を囲んで上條宏之・県日中学術交流委員会副会長(県短期大学学長)、山根敏郎・長野市日中友好協会会長をパネラーに、西堀正司・県日中理事長がコーディネーター役をつとめ、パネルディスカッションが行われました。

 県内各地から集まった聴衆は熱心に耳をかたむけ、時代の変化や国際環境の変化を踏まえ日中が真剣に向かい合い相手を理解し、両国関係を改善し、関係を深めていく必要性を心に刻みました。「まず一歩踏み出すこと」を信条とする先生の情熱に大いに刺激を受けたと感想を語っていました。

 第2部の祝賀パーティーでは、相澤孝夫・副会長(松本日中会長)の開会あいさつに続き、高波会長が「”隣人同士仲良く付き合っていきたい。その為にもてる力を発揮したい”との丹羽先生の信念に貫かれた講演に感動した。日中関係が徐々に明るさを取り戻しつつある中で、集いの成果を踏まえて民間交流を進めていきたい」と語りました。中島恵理県副知事、井出庸生代議士、若林健太参議院議員からの祝辞に続いて、村石正郎・県議会日中友好促進議員連盟会長の乾杯の音頭で懇親会に入りました。小松裕・代議士(代)、小坂憲次・参議院議員(代)、今井正子・高島陽子県会議員、朱丹陽・王秀閣・中国国際放送局長野孔子学堂担当、董彤・県国際交流員、王昌勝・県華僑総会会長、塚田佐・元長野市長らから祝辞をいただきました。また、小林勝人・飯田日中理事長から満蒙開拓平和記念館の現状報告がされました。また女性委員会メンバーなどから日本と中国の歌が披露され、和やかな交流がおこなわれました。

 岡本宜樹・日本銀行松本支店長、滝沢英一・県国際課課長補佐、銭坂丈夫・上田市秘書課、柳澤直樹・山ノ内町副町長、岡村重信・県経営者協会事務局長、西村昌二・県中小企業団体中央会参事、中村英雄・県商工会連合会専務理事、荒井英彦・県信用保証協会会長、奥村明子・ジェトロ長野所長、高木幸一郎・JA全農県本部長、北村智・JA長野中央会地域農政部長部長、後藤正幸・信濃教育会会長、嶋田力夫・長野学園理事長、手塚久雄・信州大学国際交流課長、井口弥寿彦・信濃毎日新聞社総務局長、小沢吉則・長野経済研究所調査部長、桜井啓司・県武術太極拳連盟会長、など各界来賓が出席しました。

 これより前の友好短信はこちらでご覧ください。ーー>友好短信2015年1~12月

注目論点&友好論壇

このコーナーでは日中関係で注目される論点&論壇を紹介したり、日中の平和・友好・共生を願う皆さんのご意見などを紹介しています。

友好論壇・提言&時事解説

◎井出正一最高顧問の日中関係論文集
◎<資料>「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(いわゆる村山談話)
◎<資料>小泉首相の靖国参拝問題
◎<資料>日中関係の改善に向けた話合い(日中4項目の合意)(14.11.7)
◎中日友好交流大会での習近平国家主席の演説(2015.5.23)

(2016)

<初春を迎えて>  協働して日中友好交流のフロントランナーとしての役割を--長野県知事 阿部 守一(16.1.1) 
<新春メッセージ>相互信頼構築と国民感情の増進に努めましょう--中国大使館友好交流部参事官 汪 婉(16.1.1) 
<年頭のごあいさつ>長野県日中友好協会創立60周年を迎えて--長野県日中友好協会  会長 高波謙二(16.1.1)
日中友好は平和繁栄の基礎、60周年を友好前進の年に--長野県日中友好協会理事長 西堀正司(16.1.1)
2016年を友好交流再活性化、相互信頼回復の年に--長野県日中友好協会事務局長 布施正幸(16.1.1)

(2015)
82歳の誕生日を前に記者会見に臨まれた天皇陛下のお言葉(2015.12.23)
程永華大使,第2回日中友好秋季セミナーに出席し講演(2015.9.26)
戦後70年、日中友好協会65周年を迎えて-日中相互信頼回復のために民間交流を粘り強く進めよう-長野県日中友好協会理事長 西堀正司(15.8.1)
<資料>国民は国に再びだまされぬよう--森田恒雄・元県議・飯田日中友好協会会長--信濃毎日新聞(15.7.1)
会長就任あいさつ--長野県日中友好協会会長 高波謙二(15.5.25) 
戦後70年、今、日中戦争の歴史に向き合う--長野県日中友好協会事務局長 布施正幸(15.3.16)
<年頭ごあいさつ> 戦後70周年、平和友好の誓い新たに-- 井出正一会長メッセージ(15.1.1) 
新春メッセージ--中華人民共和国駐日特命全権大使 程永華 (15.1.1)
日中友好の原点を大切に--長野県日中友好協会理事長 西堀正司 (15.1.1)
日中友好 私の提言--小諸市日中友好協会会長 佐々木治夫(15.1.1) 
戦後70年・日中友好協会創立65周年を平和友好再出発の年に--長野県日中友好協会事務局長 布施正幸(15.1.1)

(2014)
<資料>3年ぶり首脳会談 日中改善の歩み着実に--毎日新聞社説(14.11.11)
<資料>村上春樹氏「日本人は自らを第2次大戦の被害者と認識している、戦争も原発も責任回避」(14.11.3)
建国65周年を迎えた中国と日中関係の今後--朱建榮・東洋学園大学教授(14.12.2)
日中不再戦・平和友好こそ日本の国是--長野県日中友好協会理事長 西堀正司(14.8.1)
<資料>中国と心の交流---稲盛和夫・京セラ名誉会長--日本経済新聞電子版(14.6.16)
最近の日中関係を考える--長野県日中友好協会理事長 西堀正司--須坂市日中定期総会講演(14.5.24)
<資料>尖閣問題でオバマは安保適用だけに言及した訳でない。他に3点、報じないマスコミ---孫崎享(2014.4.25)  
長野が好き!--張金霞(長野県国際交流員・河北省滄州市(14.4.2)
<資料><ジャッキー・チェンさん>「日中対立は有害無益」---毎日新聞【北京・工藤哲】(14.3.13)
<資料>どこが反日? 上海の大型書店には日本の本が平積みされていた 中島恵:ジャーナリスト(14.3.10)
<資料>浅田真央が最後に見せた本来の姿、数えきれぬ人の涙誘う「勝負とは関係ない感動があった」=中国報道(サーチナ14. 2.21)
<資料>高社郷集団自決の悲劇を繰り返さないために-終戦の事実を告げられなかったための悲劇-篠原孝メールマガジン361・362号(14.2.7)
<資料>日本どこへ、過剰な米依存気づく時(寺島実郎・日本総合研究所理事長)--信濃毎日新聞(14.1/9)
安倍首相の靖国参拝に抗議する--長野県日中友好協会理事長 西堀正司(14.1/1)
日中不再戦、平和友好を誓い、本気で中国と付き合おう--長野県日中友好協会会長 井出正一(14.1/1)

初春を迎えて/「顔の見える交流」重ね、次代を見据えた新たな交流を--長野県知事 阿部 守一(「日本と中国」長野県版新年号14.1/1)
新春賀辞/手を携え、創新に努め、両省県の友好事業に新しい未来を--河北省人民政府省長 張慶偉(「日本と中国」長野県版新年号14.1/1)
新春メッセージ/国民交流の重要性を再認識し力を入れて推し進めましょう--中華人民共和国駐日本国特命全権大使  程永華(14.1/1)
覇権反対、平和友好を築こう--長野県日中友好協会理事長 西堀正司(14.1/1)
2014年、日中関係の危機を打開し、平和友好の道を再び作ろう--長野県日中友好協会事務局長 布施正幸(14.1/1)
「満蒙開拓平和記念館」平和教育の拠点として~記念館脇に「平和友好の碑」を設置--満蒙開拓平和記念館専務理事 寺沢 秀文(14.1/1)

これより前のものは友好論壇でご覧くださいーー>注目論点&友好論壇

トップページはこちら
長野県日中友好協会のホームページへようこそ