友好短信2023.1

トップページはこちら
長野県日中友好協会のホームページへようこそ

第26期日中 市民講座第3回、「米中のはざまにおける日本の立場と選択肢」(1/29)

 日中関係を考える連続市民講座第26期第3回は、上田女子短期大学学長の小池明先生が「米中のはざまにおける日本の立場と選択肢」と題して講演しました。20年間の商社マン勤務うち約半分を、イギリス、フランス、アメリカで過ごし、中国にも深い関心を寄せ留学生の受け入れなど行ってきた体験も踏まえ、米中対立が激化する中で両国と深いかかわりを持つ日本はどうあるべきかについて話し、26名が熱心に聴講しました。

 小池先生は中国、アメリカの現状と近未来、世界の今を解説した後、日本の選択肢について語りました。

――中国は1977年文化大革命終了時点では世界的プレゼンスがわずかなものであったが、改革開放への転換以来大きく発展し世界の重要なプレイヤーとなっている。「国家資本主義」的発展を遂げ、同じチームではなく1つの極を作った。中国は高度経済成長期を過ぎ、安定成長期に入っている。世界の工場(共通のルール)、巨大市場、一帯一路、大国志向、権力集中などに国際社会から今後の行方を注視されている。多民族国家で高齢化などかかえている問題も多い。経済発展が共産党統治の正当性だったがダウンした時、民族主義を掻き立てて乗り切ろうとしないか。

 一方のアメリカは格差と分断が深刻で大変な世になってきている。妥協なき分断、深刻な人種差別が存在し、産軍複合体で外国に過剰介入してきた。「遠くの戦争は蜜の味がする」。しかし、自由主義のチャンピオンとして創造エネルギーを持っている。米は、覇権国の一方の極としてあり続けるだろう。

 米から見て中国の成長はいいが価値観の違う対極を作ってもらっては困る。2020年以降、米の作った世界秩序を壊そうとしているとの疑念を深め中国の体質(体制)に批判が向けられるようになった。中国から見ると、米は旧体制維持のため価値観を押し付けていると反発している。米中対立、覇権争いの激化の中で日本の立ち位置は難しくなっている。日本は、対米関係を基軸としつつも、最大の貿易相手国である中国ともうまく付き合っていくべきであり、いろいろな分野のいろいろな人々との交流を深めていくべきだ。国と国の関係は一時的な対立、緊張はあるのが当然であり、それを永続させない努力が双方に不可欠。――

 講演終了後受講者からデカップリングや金融資本主義などについての質問が出されました。

 日中友好春節コンサート感動のひと時を過ごす、中国民族楽器演奏に大きな拍手(1/28)

日中友好春節コンサートが1月14日、長野市若里市民文化ホールで開催され、600人の市民が二胡や古筝演奏、バリトンとソプラノ歌唱、ピアノや金管アンサンブル演奏を楽しみました。2時間余りの演奏に観客の皆さんから盛んな拍手が送られました。

 出演者は、二胡奏者で日本二胡振興会会長の武楽群さん、古筝奏者の王敏さんと渡邊美姫さん母子、バリトン歌手の崔宗宝さんとソプラノ歌手の徐泙さん夫妻(軽井沢在住)、ピアノ伴奏の村上藍さんらとともに、地元から二胡奏者の久保里子さんと久保さんが主宰する長野二胡学友会の皆さんや長野ラジオ孔子学堂二胡教室の長谷川宗利さん(中阮)、鈴木正彦さん(笛子)、金管アンサンブルのシュムックの皆さんも加わりにぎやかな舞台となりました。

 武楽群さんは1988年に来日、音楽、美術、演劇、著作など、多方面で活躍。現在、NPO日本二胡振興会の会長として、日本における中国楽器二胡の普及振興に努めています。あいさつの中で、「30年ほど前来日した時は二胡を知っている方も少なかったが今や多くの方が二胡を愛好している。こんなにうれしいことはない」と語りました。また東日本大震災被災地に何度も足を運んだことやつなみで押し流された流木で二胡を作って演奏していること等も紹介されました。武さんに師事した久保里子さんとシュムックメンバーで元SBCアナウンサーの久保正彰さんの名司会で気持ちよく進行していきました。

 大月良則県日中友好協会理事長が、主催者を代表してあいさつし、「日中平和友好条約45周年の春節にあたり、素晴らしい中国民族楽器のしらべを味わってほしい。本日は中国帰国者の皆さんも大勢参加いただいている。日本と中国は、争えばともに傷つき、和すればともに益となる。末永い平和友好を願う」とあいさつしました。

  オープニングの合奏では春節にちなんで「喜洋洋」そして「紫竹調」、さらに美空ひばりの代表作「川の流れのように」が演奏されました。続いて古筝奏者の王敏さんが「嘎達梅林」(ガダ・メイリン)を、渡邊美姫さんも加わり古筝二重奏で「黄山流水」を披露しました。崔宗宝さんは宮沢賢治の「雨にも負けず」の歌を会場全体に響かせ、徐さんとともに石川啄木の「初恋」を歌って拍手を浴びました。武楽群さんと王敏さんの二胡と古筝の合奏「二泉映月」では”津波二胡”での演奏となり、不屈の精神、未来への憧れを表現していると言われ、聴衆に感動を与えました。シュムックの皆さんによる金管九重奏「トランペットチューン」「沖縄メドレー」は華やかな金管アンサンブルが鳴り響きました。「長相思」は武楽群さんと久保里子さんの二胡とシュムックの皆さんの金管九重奏の合奏という珍しい試みで披露されました。村上藍さんの「茉莉花」のピアノ演奏、武さんの「黄土恋歌」も深い感動を与えました。最後に、春節の大みそかに放送されたCCTVの番組「春節晩会」のエンディングテーマ曲「同一首歌」が二胡と古筝の演奏をバックに崔・徐さんカップルによって歌い上げられました。拍手が鳴りやまない中、アンコールに応えて出演者が勢ぞろいして、「ふるさと」が会場と一体となって演奏されました。2時間余りがあっという間に過ぎ、長野市日中友好協会から花束の贈呈が行われ終演となりました。

  「二胡や古筝をはじめ中国民族楽器の素晴らしい演奏、金管楽器演奏も加わりを楽しく聞かせていただきました。心に響き至福のひと時でした」と語りながら帰って行く観客の皆さんを、コロナ禍の中で、無事コンサートが実施できたことに感謝しながら、日中友好協会のスタッフも嬉しく見送りました。

 

年頭祝辞-平和友好条約45周年、河北省との友好40周年、相互信頼を回復し平和友好の歩を進めよう!                  
   
          長野県日中友好協会  会長 高波謙二



 明けましておめでとうございます。日ごろの日中友好のご尽力に敬意を表し、県協会の諸活動へのご支援、ご協力に厚く感謝申し上げます。

 昨年は日中国交正常化50周年の年に当たりました。改めて国交正常化の意義とこの50

年間の日中関係の巨大な変化を認識した次第です。

 日中関係は新型コロナ禍によって、3年にわたり、人的交流が大きな制約を受け、経済・文化・スポーツ交流等も深刻な影響を受けました。さらに尖閣問題や激しい米中対立の影響を受け、日中関係は国交正常化以来最大の危機を迎えているとの指摘もあります。

こうした中、昨秋11月、3年ぶりの日中首脳会談が開催されたことは両国関係を正常な軌道に戻す上で、重要なステップであると期待されております。国際情勢が激動している中、日本は自主的立場に立って外交努力を重ね、日中間の不安定要因を克服し、「戦略的互恵関係」を前進させるため努めてほしいと存じます。

県協会は、コロナ禍の影響を受け、予定した活動の多くを、中止せざるを得なったことは残念ですが、オンラインの活用、可能なところから対面交流も進める方針の下、努力しました。

2月の北京冬季五輪応援と新華社取材を通じての長野県と中国との40年余りにわたるスキー交流の歴史紹介は大きな反響を呼びました。5月の定期大会はやむを得ず書面表決で行いましたが、新理事長選出など組織の若返りに一歩をしるすことができました。9月には日中友好交流会議にオンラインで参加し県協会の友好活動を発表しました。10月には、西園寺一晃先生を講師に日中国交正常化50周年記念講演会を開催し、民間交流が友好の基礎であることを再確認することができました。また中国帰国者日本語教室(オンライン)、中国語講座(オンライン併用)・中国語スピーチコンテスト、日中連続市民講座等を実施しました。各地区協会や女性委員会も、困難な中、対策を講じながら対面での定期総会や身近な交流事業を実施しました。

本年は日中平和友好条約45周年、長野県と河北省友好県省40周年の節目の年を迎えます。日中友好都市中学生卓球交流大会や知事訪中に合わせての県友好訪中団、強制連行殉難中国人慰霊祭などを計画しています。引き続き厳しい状況の中ですが、日中共同声明と平和友好条約の原点と精神に立ち返って、日中不再戦、平和友好を守り、交流の再開をはかっていきたいと存じます。両国の有意の人々とともに民間の立場から相互信頼の回復に努めていきましょう。引き続き組織の若返りを図り、日本の前途にとって大切な使命を負っている友好協会の活性化をはかっていきたいと思います。変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げます。

 

初春を迎えて            

            長野県知事 阿部守一

 
 明けましておめでとうございます。皆様には、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年は、日中国交正常化50周年を迎え、日中両国にとって大きな節目の年となりました。2月には、本県が長野冬季五輪の知識とノウハウにより協力してきた北京冬季五輪が開催され、世界中のアスリートが河北省と北京市に集い、成功裏に大会が開催されたことは、大変喜ばしいことでした。

 そして、11月には、実に約3年ぶりとなる日中首脳会談が実現し、3期目を迎えた習主席と岸田首相が対面で会談し、関係安定化に向け協力する方針で一致したことで、今後、明るく良好な関係で両国の対話が行われていくことが期待されます。

 本年は、いよいよ長野県と河北省の友好提携40周年を迎えます。北京冬季五輪を開催した中国では、ウィンタースポーツ人口が飛躍的に拡大しており、日本の水際対策の緩和によるインバウンド再開とともに、中国人旅行者の訪日が、本格的に再開されることが期待されています。今年こそ、パウダースノーをはじめとする冬の魅力あふれるスキーリゾートや、アルプスをはじめとした雄大で自然豊かな山岳高原リゾートがある長野県を楽しみにお越しいただけることを期待しています。

 また、東京・北京五輪で培ったホストタウン事業の青少年交流の実績を深化させ、今後は長野県立大学を拠点とした中国河北大学との交流など、本県と河北省の次代を担う若者の交流促進が図られるよう取り組んでまいります。

 両県省の大きな節目を、中国朋友と喜びを共に分かちあえるよう精一杯取り組んでまいりますので、皆様の変わらぬご支援ご協力をお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

 
新年のあいさつ

                中華人民共和国駐日本国特命全権大使  孔鉉佑

新年にあたり、中国駐日本大使館を代表しまして、貴協会及び会員の方々にお祝い申し上げ、そして長期にわたって中日友好の信念を堅持し、対中交流と協力を根気よく展開し、両国関係の改善と発展をたゆまず推進してきた各界のご友人の皆様に心から敬意と感謝を表します。

過ぎ去った2022年を振り返り、中日両国は国交正常化50周年という重要なマイルストーンを迎え、双方は各レベルの対話・意思疎通と各分野の交流を積極的に展開し、多種多彩な記念行事を開催し、中日関係全体的な安定と好転を推進してきました。先般、習近平国家主席は岸田総理と対面での初会談を実現しました。両国の指導者は、新時代の要請に相応しい建設的かつ安定的な中日関係の構築において重要な共通認識を達成し、両国関係の発展に方向性を示しました。今年は『中日平和友好条約』締結45周年というもう一つの歴史的節目であり、両国各界がこれを機に、条約の政治的意義、法的義務及び現在における価値を共に再確認し、平和友好の初心と使命を堅持していくことが大事であります。われわれは日本側と共に、中日の4つの政治文書の各原則を厳守し、両国指導者の共通認識の精神を指針として、積極的な要素を引き続き拡大し、矛盾と意見の相違をマネージし、リスクや妨害要因を排除し、中日関係が正しい方向に沿って安定的な改善・発展させていきたい所存であります。

 新たな一年を展望し、中国国民は習近平同志を核心とする党中央のリーダーシップのもと、中国共産党第20回全国代表大会が打ち出した戦略に従い、社会主義現代化強国の全面的建設という新たな道のりにおいて練磨奮進し、中国式現代化によって中華民族の偉大な復興を全面的に推進すると同時に、自らの平和的発展で変革と混乱が絡み合う世界に力強いプラスエネルギーを注ぎ、より多くの新たなチャンスを提供してまいります。中日両国が手を携えて協力し、国際責任を果たし、世界の平和と安定を守り、世界経済の回復と発展を推し進め、連携してグローバルな課題に取り組むために建設的な役割を果たし、新たな、より大きな貢献をすることを期待申し上げます。

 中日友好の基盤は民間にあります。民間友好は一貫して中日関係の独特な強みとして、いつになっても手放してはならない宝物でもあります。「疾風に勁草を知る、烈火に真金を見る」と言われるように、両国関係も風雨にさらされてこそ、民間友好の価値と力が際立つ。両国の友人が積極的な行動で、友好と協力の旗を高く掲げ、プラスエネルギーを広げ、人的文化交流と民間地方往来を力強く推進し、両国民とりわけ青少年同士の交流を強化し、心のふれあい、通じ合いを促し、友情の絆を深め、民間友好の新ブームを盛り上げていただくことを心から願うところであります。

 末筆ながら、友人の皆様のご健勝ご多幸を心からお祈り申し上げ、新たな一年において中日関係のさらなる大きな改善と発展、中日平和友好、協力ウィンウィンの新たな一章が開かれることを祈念申し上げます。

 日中市民講座第2回、中国残留孤児3世がかかえる課題を考える(12/18)

 日中関係を考える連続市民講座第26期第2回は、元中学校教諭の飯島春光さんが「中国残留孤児3世がかかえる課題」と題して講演しました。学校教育の現場での経験や取り組みを踏まえ、残留孤児の歴史的背景を学ぶ大切さを訴えました。

 飯島さんは勤務先の長野市内の中学校で、中国人への偏見から帰国者3世や4世の生徒へのいじめが深刻化したことを紹介。生徒の祖父母らから、戦時中に旧満州(中国東北部)で苦労した経験を聞き取り、授業で他の生徒と共有することで帰国者への理解を深めたとしました。「周囲だけでなく、当事者の3世ですら自分のルーツを知らないのが問題だった」と話しました。

 帰国者の問題が世代をまたいで続いている背景として、「学校教育で満蒙開拓の歴史が十分に教えられていない」と指摘しました。 講演終了後受講者から次々と質問や感想が出されました。

 第26期日中関係を考える連続市民講座スタート(11/26)

第26期日中関係を考える連続市民講座が11月27日からスタートしました。県内の大学と県日中友好協会などで作る県日中学術交流委員会主催で、毎月1回のペースで文化、歴史、経済関係などをテーマに計6回の講座が開かれます。

 第1回は長野大学の塚瀬進教授が「中国における満州族の歴史」と題して講演しました。当日は24名が熱心に受講しました

―中国の人口統計によると約1000万人の満族(満州族)がいるととされる。共通の宗教や言語は存在しない。マンチュリア(満州)における満州人の軌跡を見ると、①ヌルハチ・ホンタイジがジュシェン(女真)人(その後マンジュ=満州と呼ぶ)の各部族を統合し、八旗に編成して軍事力の動員を効率的にし、周辺のモンゴル人、漢人を取り込み勢力を拡大。②山海関から入関後は、漢人移住者を取り込み、旗人の人数は増加。旗人は、マンチュリア、北京、各地の駐防拠点に配置された。③20世紀以降、旗人の特権は廃止、さらには打倒の対象となる。④中華人民共和国により少数民族に指定され、民族として存在が認められる、などと―と語りました。講演終了後、出席者から活発な質問や意見が出されました。

 連続市民講座の開催趣旨は次の通りです。

 日中国交正常化から50年を経過しました。日中関係は新型コロナによる人的交流のストップ、米中対立の激化によって、経済、文化学術、スポーツなどの分野の交流においても困難が続いています。日中共同声明の原点に返って日中関係を破たんさせないため英知を集め、両国国民の相互信頼関係を醸成していくことが望まれます。歴史的に深いかかわりを持ち、日本の最大 の貿易相手国である中国はGDP第2位の経済大国となり巨大な変化を遂げています。14億人が住む隣国中国に対する理解を深めることは日本にとって一層重要となっています。長野県日中学術交流委員会では、中国を多面的に理解するために県内で活躍している大学・短大等の先生を講師に迎え、第26期連続市民講座を計画しました。多数ご参加ください。

 県日中女性委員会、田中角栄記念館を訪問(11/8)  

県日中友好協会女性委員会は11月8日、日中国交正常化50周年記念バスツアーで、柏崎市の田中角栄記念館を訪ねた。美しい紅葉を眺めながら、車中では西堀正司さん(県日中副会長)による恒例のレクチャーを受けた。第64代内閣総理大臣に任命された時は54歳の最年少で、就任直前の「日本列島改造論」で、大都市と地方の格差をなくすために高速道路や新幹線網の壮大な構想を発表。明晰な知識と実行力は「コンピューター付ブルドーザー」と呼ばれ、様々なエピソードを興味深々で伺った。

北陸高速道西山インターを降りて、すぐの記念館では、ビデオ鑑賞後、遺墨・遺品などの展示を見学。目白御殿と言われた東京の自宅応接間も再現されていた。等身大の角栄パネル前では各自、スマホでの記念撮影が人気だった。

昼食は「角さんの台所」で角さんが愛した具たくさんの郷土食・のっぺい汁と西山産コシヒカリのおにぎりをいただいた。帰路は門の表札に「田中」と記した生家をバスから確認。新井の鮮魚センターで買い物を楽しみ無事帰宅した。

新潟の寒村に生まれで、小学卒から総理まで上り詰めた角栄に賛否両論あるが、“人間・田中角栄”の魅力を感じた一日だった。( 事務局長 松原京子)

女性委員会研修旅行に感謝して!
          県日中友好協会理事長 大月良則

私の手元に一枚の写真があります。宮澤女性委員長、西堀さんを中心に30数名余の晴れやかな表情の写真、日中国交正常化50周年を記念した女性委員会主催の研修旅行の写真です。

 田中角栄記念館へ向かう車中では、全国日中西堀専務理事を講師に、日中国交正常化の講演をいただきました。豪雪地帯の新潟からお嫁さんを迎えた長野県の家は、忍耐強いお嫁さんのお陰で家が栄えた話からスタート、田中総理を支えた女性のお話しへと進み、クライマックスは、田中総理の訪中秘話。当時、田中総理が、信念をもって、米国より先に国交正常化をなしえたこと、1972年の国交正常化へ向けての訪中は、戦後賠償、台湾問題、日米安保の3つの重要案件が未解決の状態で、国交正常化が実現するかどうかは、大きなかけであったこと等々、改めて先人の皆さんの英知と勇気に感銘を受けての田中角栄記念館、生家訪問となりました。

日中友好交流の取組みは、新型コロナの感染拡大により、ここ3年、中国の友人の皆さんとの対面での交流が途絶えています。また、各支部におかれても制約が多い中での活動となっています。

いただいた記念写真を見て、参加者の笑顔に、改めて、友好交流が人と人との温もりのある交流が原点であることを感じたところです。来年の日中平和友好条約締結45周年、河北省との友好交流提携40周年へ向けて、友好交流推進への思いを強くした1日となりました。女性委員会の皆様、吉岡さんありがとうございました。 

 第40回中国語スピーチコンテスト長野県大会、20人が出場(10/29)

 1029日、長野県日中友好協会ラジオ孔子学堂の主催による第40回中国語スピーチコンテスト長野県大会が信濃教育会館講堂で開催され、高校生や大学生・一般社会人20人が出場しました。

朗読部門には高校生の部3人、大学生の部5人と一般の部5人が出場、それぞれ全国統一課題文を発表し発音や表現力、熟練度を競いました。

 スピーチ部門には高校生・大学生の部に3人、一般の部に4人が出場し、自作文で内容や表現力を競いました。多様なテーマを取り上げ、レベルの高い弁論発表となりました。

--「キングダム」に魅せられ、中国語を学び始めたが中国の歴史文化に興味を持った。中国語を学んできたが就職内定企業が中国と取引のある会社で中国語が活かせることになり新たな目標ができた。高校の教師時代漢詩を中国語で朗詠したいと思ったが未達成、いま中国語のレベルアップを日常生活の中で工夫し学んでいる。中国人画家が描く日本の祭りの水墨画に感動した。大学でグローバル化の部門を担当しているが中国語を通じて出会いがあり交流が始まった、等々。

スピーチ部門の学生の部で優勝したのは、小林美月さん。英語は高校まで学んできたが通り一遍なものだった。大学に入って中国語を学び始めてからたくさんの出会いがあった。今後の人生に活かしていきたい、と流暢な中国語で発表しました。一般の部で優勝したのは清水岳美さん。技能実習生の外国人に日本語を教える中で有意義な体験をしたことを力強い中国語で発表しました。

 審査委員長の夏丹さんは講評の中で、熱のこもった発表で日ごろの努力の成果が見られ素晴らしかったと述べるとともに、「自分も日本語を特訓中だが、正確な発音や流暢さ、イントネーションを意識することが大切と思う。スピーチ部門では中国人との交流や、中国語を学ぶ中での発見、今後の希望や夢・新たな決意も表明され、多くの方に共感と元気を与えた」と、評価しました。

 安芸洋一長野ラジオ孔子学堂長は冒頭の主催者あいさつで「今回は40回目であり、また国交正常化50周年にあたる。コロナ禍により、学習機会がリモートになるなど、困難な中、勇気をもってチャレンジした出場者に敬意を表いたい。日ごろの学習の成果を発揮してほしい。中国語の学習を通じて相互理解を深め、日中友好の輪が広がることを期待しています」と述べました。

 西堀正司県日中友好協会副会長は来賓あいさつの中で「日中国交正常化50周年、スピーチコンテストも40回を迎えたがこの間中国語の普及向上に貢献してきた。中国語を通じて現在の中国を理解し日中友好に貢献してほしい」とあいさつしました。

 入賞者は次のとおりです。
◇スピーチ部門 高校生・大学生の部 ①小林美月 ②根橋佑奈 ③宮澤 開

◇スピーチ部門 一般の部 ①清水岳美 ②依田光枝 ③原田健司 (奨励賞)千村美恵子
◇朗読部門 高校生の部 ①飯島健介 ②田中来愛 ③水澤優羽
◇朗読部門 大学生の部 ①長澤日向花 ②藤巻美新 ③中坪香菜 (奨励賞)松尾優風 (敢闘賞)太田侑月 
◇朗読部門 一般の部 ①宮坂光子 ②老月秀光 ③木下佐和子  (奨励賞)宮沢一三 (敢闘賞)深井克純

 入賞者にはトロフィーや楯が贈られました。成績優秀者は来年1月の全国大会に推薦されます。

日中国交正常化50周年記念し講演会、西園寺一晃氏を講師に開催(10/18)

 長野県日中友好協会・県日中経済交流促進協議会・県日中学術交流委員会は10月18日、日中国交正常化50周年記念講演会を長野市内のホテル犀北館で開きました。講演会には、各界来賓や県内各地から120名が出席。西園寺一晃先生(元朝日新聞総合研究センター主任研究員)を講師に迎え「米中対立激化の中での日中関係・その現状と展望」と題して記念講演が行われました。終了後、先生を囲んでパネルディスカッションがおこなわれました。中国研究、日中関係の第一線で活躍されている先生ならではのお話で、グローバルな視点から日中関係のおかれている現状と課題を考える有意義な機会となりました。

 布施正幸・県日中友好協会副会長が主催者を代表して、「日中国交正常化50周年を迎えたが、日中関係は経済交流が史上最高を記録している一方、コロナ禍や、尖閣問題、米中対立の激化など多くの困難にぶつかっている。とりわけ米中対立の激化の波に巻き込まれて両国関係が破たんするようなことの無いよう英知を集めて進んで行くことが大切と思う。先生を講師に迎え、グローバルな視点から日中関係のおかれている現状と課題を考えていきたい」とあいさつしました。

 阿部守一県知事の祝賀メッセージが小林一洋県国際交流課長から披露されました。知事は「日本と中国は一衣帯水の隣国同士であり、文化的、歴史的ばかりでなく、経済的にもお互いなくてはならない深い関係にある。来年は長野県と河北省との友好提携40周年の節目を迎える。これまで積み重ねてきた両県省の交流の更なる深化を図っていきたい。講演会が日中関係の理解を深める場となることを期待申し上げます」と述べています。

西園寺先生は、米中対立の現状を分かりやすく解説し、今後もこの対立は長く続くが米中戦争は起こらないと述べました。また1972年の日中国交正常化に至った経過を振り返り、他の国とは違って民間交流の積み重ねがありLT貿易など経済界の期待が大きかったと指摘しました。米中対立が激化する中、「日本は米中のはざまでどのようなスタンスをとるか。双方とバランスの取れた、いい関係を構築しないといけない」と述べました。

講演後、西園寺先生を囲んで西堀正司・県日中副会長がコーディネーター役をつとめ、土屋龍一郎氏(元日本青年会議所会頭)と大月良則氏(県日中理事長・元県国際担当部長)をパネラーに、パネルディスカッションが行われました。(概略下記参照)

≪西園寺先生の講演「米中対立激化の中での日中関係・その現状と展望」 ≫

この数年世界はコロナ禍と米中対立に翻弄されてきた。コロナ禍は終息しつつあるが、米中対立は長く続くだろう。しかし核の時代にあって大国同士の大きな戦争は核戦争となり、人類の滅亡につながる。ウクライナを見ても米ロ戦争にはならない。ポストコロナは米中対立で回っていく。対立は続いても、米中戦争は起こらないだろう。人類史上ローマ帝国など大国強国が表れたが永遠に続くことはない。近代に入って世界の覇権を握っていた大英帝国も2度の大戦を経てアメリカにとってかわられた。米国の覇権もいつまでも続くわけではない。

世界はポスト冷戦の大変革期にある。米ソ冷戦がおわり世界はかえって無秩序になって紛争が多発している。米中対立を軸に動いている。対立は主として経済、貿易、ハイテク分野で激化している。トランプ時代は一国主義で貿易赤字問題が中心だった。バイデン時代になると、親米国家をまとめて中国に対抗しようとしている。仲間を作って中国を封じ込める戦略。「自由と民主主義」の価値観を同じくする国、「自由で開かれたインド太平洋」を標榜しアメリカを中心とした旧秩序を守る。一方どの国も経済グローバル化が進む中で、GDPの1位と2位の国が争ってもなんの益もなく、「三方一両損」の状態。日中貿易ばかりでなく、米中貿易、EUの対中貿易はどんなに制限しようとしても昨年史上最高を記録している。グローバル化した世界経済では部品も国境を越えている。産業のコメと言われる半導体6割は中国が買っていた。中国産は1割。組み立て分業。米のデカップリング政策でハーウェイやテンセントなどが攻撃されたが、半導体の原料のリン酸は中国が世界の70%を産出している。またレアアースも中国が90%を産出しており、これがなければハイテク産業も成り立たないし、兵器も作れない。半導体が外部からの輸入がストップしたら中国は自国で開発する。短期的に見れば中国は困るが、長期的に見れば自国で作り米国からの輸入が減ることになる。かつての、日米経済摩擦を振り返ってみると、紡績から車そしてコンピューター、半導体へと分野は変化していったが、アメリカを追い越すことは許さない。三菱が国産の次期戦闘機を開発することも許さなかった。

 米中対立は貿易摩擦からハイテク分野の競争に移行してきている。米が中国を意識し始めたのは、中国製造2025戦略を打ち出したとき。産業のハイテク化(ハイテク化は軍事とも連動している)建国100周年の2049年には世界の先頭に立つとの目標をかかげた。「一帯一路」巨大経済圏構想、中国の宇宙開発計画(月面着陸)、中国版GPS(米のGPS覇権がくずれる)等々。イギリスの研究所の見込みでは2030年~33年に中国はアメリカを追い抜くと予測している。

 日本の報道を見ると中国は孤立していると思われがちだが、アフリカ、中南米、アジア諸国など幅広い関係を持っている。これからは、日本はアメリカ一辺倒でなく頭を柔らかくして付き合っていく必要がある。国力は貿易だけで推し量れないが、世界の主要国は中国との貿易がトップを占めている国が多い。オーストラリアを見ても輸出の35%が中国向けで、対米輸出は6.3%というのが現実だ。

 では中国は世界覇権を握ることができるのか?できないと思う。特定の強国が世界を牛耳ることはできない。核戦争に勝者はいない。露6.2千発、米5.5千発、中3.5百発--の核を持っているがこれを使ったら世界は破滅する。人類滅亡の可能性は、①核戦争、②強力なウイルス、③極端な気候変動、④環境と生態系の破壊の4つしかないだろう。

 日中関係発展の上でODAによる対中借款は3兆円を超え、これは日本のODAの69%を占めるが、中国の発展に貢献した。主として円借款で中国はこれで日本の製品を購入した。中国の発展に伴い日中貿易も増えた。50年間で350倍になった。米中が仲良くしてもらうのが日本にとって最も好ましい。日本は国益を考えれば米中対立は望まない。

日本の戦後の対中政策を見ると岸内閣は経済交流を露骨に妨害した。池田内閣は経済民生重視政策で有名だが、対中政策も政経分離政策をとり、LT貿易など民間取り決めが結ばれ、民間の経済交流は盛んになった。佐藤内閣はこの流れを抑えるために日中貿易に輸出入銀行の融資を使わせない措置をとった。(吉田書簡)安倍内閣の政策は新政経分離政策と言われ、外交安保は日米同盟強化を基礎に価値観を同じくする国と連合し、中国封じ込めをおこない、経済的には対中協力を促進するというものだ。

「台湾有事」問題。安倍氏は「台湾有事は日本有事」と言った。台湾を巡る歴史を振り返ってみると、第2次大戦終了→米ソ冷戦スタート→国共内戦が始まるがこの時の国民党は430万の軍隊と米国の支援する豊富で優秀な武器を有し、一方の共産党は130万の粟を食べぼろをまとった軍隊で、ゲリラ戦を展開。米国は蒋介石を支援したが敗れた。朝鮮戦争をきっかけに対ソ防波堤としての役割を日本に求め、日本の民主化政策を反転させ、再軍備化に進んで行った。

台湾で戦争は起きるのか?台湾が独立宣言をすれば戦争になる。あるいは偶発的な衝突が引き金になる可能性はあるが、中国はアメリカと戦争をしたくない。米中台いずれも戦争を望まない。ウクライナになぜ米は直接介入しないのか。核戦争になることを恐れている。日本は米中のはざまでどのようなスタンスをとるべきか。中国包囲網の先頭に立つのではなく、外交的努力を傾けるべきと思う。双方とバランスの取れた、いい関係を構築しないといけない。
(文責編集部)

≪西園寺先生を囲むパネルディスカッション≫

◎西堀正司コーディネーター:それぞれの立場から中国との関わり、友好の思いなどを語っていただきたい。

◎土屋龍一郎氏は日本青年会議所会頭を務めていた時の経験を振り返り、「教科書問題の最中に訪中したが、街頭で中国の人々と心通う交流ができた。政治的なギクシャクがあっても国民同士交流を深めていくことが大切と思う」と語りました。

◎大月良則氏は「“飲水思源”の言葉を大切に、友好の先達の思いを継いで県日中友好協会理事長の役割を果たしていきたい。2010年の阿部知事の訪中に秘書課長として同行したが、当時尖閣問題直後で難しい時期であったが、全国の知事に先駆けて訪中したことは、良かったと思っている」と語りました。

◎西堀氏は「官民挙げての日中交流が大切と思う。コロナ禍や様々な障害があるが、平和友好の継続は、政府の意志の問題でもあり、民間の意志の問題でもある」と述べました。

◎西園寺先生は、「日中関係は世界的に見ても特異なものがある。民間交流が先行し、その後、国交正常化が実現した。ニクソン大統領の訪中前後の動き、中国の国連復帰など外的要因も大きかったが、国交正常化には、内的要因があった。石橋湛山、松村謙三、高碕達之助氏ら多くの先達が民間交流の積み上げ方式で努力してきた。また財界の期待も大変大きかった。当時と現在の困難をと比べると当時の方がもっと厳しかった」と述べました。

◎土屋:両国関係発展のためには、地方民間交流の柱になるものが必要と思う。

◎大月:交流の柱の一つとして、長野県は中国と40年にわたるスキー交流をおこなってきた。本年2月の北京冬季五輪のスキー競技は河北省の張家口市で開催された。新華社が40年間の交流を詳しく紹介した。今後も交流を続けていきたいし、インバウンド事業にもつながっていくと思う。

◎西堀:明治維新から敗戦まで77年、敗戦から本年まで77年になる。未来に向けての77年は2099年で21世紀末となる。日本と中国の付き合いの過去・現在・未来を顧みて、今を生きる我々は日中両国の平和友好のために努力していきたい。(文責編集部)


2022年1~12月

2021年1~12月
2020年1~12月

2019年1~12月

2018年1~12月

2017年1~12月
2016年1~12月
2015年1~12月

2014年1~12月

2013年1~12月
2012年1~12月
2011年1~12月
2010年1~12月
2009年1~12月