銀河工房の木のおもちゃは、赤ちゃんから大人まで遊べ豊かな創造性を育みます。 出産お祝いにお名前入れおもちゃがオススメです。wooden toys Japan


  古代エジプト分明のピラミッドは、どうやって積み上げたのでしょうか?
銀河工房のピラミッドには、道具は必要ありません。想像の力をテコにして積み上げて下さい 立体動物パズルは、一つ一つのピースがいろいろな動物になっています。そして、すべてのピースを組み合わせるとどこを持っても崩れない、立たせることが一匹の動物に変身します。遊びながら右脳を育みます。

ネコのピラミッド


かわいい動物たちで出来たピラミッド型パズル

かわいいネコたちが 背中におんぶ ごろにゃんとだっこ
1匹また1匹と積み上がり ピラミッドになりました。
立体パズル(3次元パズル)の上級編です。 曲線で出来ている動物(ねこ)のピースを組み合わせると直線に囲まれた図形(3角形)が あらわれる、造形のおもしろさを味わいます。



三越新潟エレガンス地階特設会場で行われた「注文のおおいおもちゃ展」で使われた「うさぎのピラミッド」


デザイナーの小林が銀河工房を始めてから20数年。試行錯誤を繰り返し、ようやく完成した色使いです。その間、様々な色の調合や配色を試みました。

華やかだけど落ち着いた秋の紅葉を思い出しませんか?





ブラウン系のカラーでまとめられた色や積み上げるとシンプルな三角形になるところ。動物になっている各ピースの可愛くてユーモラスな表情。ちょっと贅沢なインテリアとして飾っておけるのもこのパズルの特徴です。


ブラウン系のカラーでまとめられた色や積み上げるとシンプルな三角形になるところ。動物になっている各ピースの可愛くてユーモラスな表情。ちょっと贅沢なインテリアとして飾っておけるのもこのパズルの特徴です。

このパズルは下の段から上に積み上げていくことも出来ます。形の合う動物を見つけたら崩さないようにのせていって下さい。 もちろん、倒して組み立てても遊べますよ。

とってんかっちん
積めた!はまった!なにできる?
3角形さ ピラミッド!


←建設途中のピラミッド。倒さないで完成するかな?


右の写真はネコのピラミッド。ひとつひとつのピースがすべてネコで出来ているんですよ。
ちょっと太目のネコや親子ネコ、他のネコに寄り添ってのんびり寝ているネコもいます。猫好きな方にぜひプレゼントしたいパズルです。猫は全部で22匹です。

その他、ウサギのピラミッドはウサギだけで、動物のパズルは、いろいろな動物が集まってひとつのピラミッドを形作っています。


22匹の可愛い猫に名前を付けてあげましょう。みんなでいろいろ考えると楽しいです。その動物でごっこあそびをしながらお話しましょう。ストーリーを思いついたら、「我が家のピラミッド物語」が生まれるかもしれません。


ネコのピラミッド

太っちょネコにネコの親子。お澄ましネコもいます。




ウサギのピラミッド

飛び跳ねたり寝そべったり。 ウサギ達が思い思いのポーズをとっています。

動物のピラミッド(A)

後ろ足で蹴っている馬。よそ見している猫。 愛嬌たっぷりの人。

動物のピラミッド(B)

亀、兎、猪、犬、猫、蛇、たくさんの動物がいっぱい。




見る、ながめる

完成したら少し離れてながめるように促してみましょう。塗料に透けて、流れるような木目が見えて来ます。 偶然のもたらす美しい年輪を愛でるひとときです。視点を変えて、木目を合わせるようにパズルの組み立てを 楽しむのも一興です。



木のおもちゃのある暮らし

例えば一枚の布の上に今回御紹介したピラミッドを置き、その周りにさまざまな季節感のあるものを 飾るスペースとしてみましょう。幼稚園のお散歩でひろった小枝や小石、木の葉やお気に入りの何かで あるかもしれません。自然の移り変わりを楽しむひとときを、生活の中にとりいれ、和んでみませんか。 木のおもちゃもそうしたきっかけのひとつとしていただければ嬉しく思います。


紹介されました

《Como》2002.January (主婦の友社) 三越軽井沢店での工房展
木のおもちゃ


サイズ 高200mm×幅300mm×厚40mm
材料 カツラ
塗装 ヨーロッパ安全基準クリアーオイル・塗料

K-01 ネコのピラミッド

価格 20,000円 (税込 21,600円)

個数
木のおもちゃ

木のおもちゃ 名入れ 出産祝い クリスマス 木のおもちゃ 名入れ 出産祝い

 ●お名前入れサービスは有料ですのでこちら からお申し込み下さい。








● 銀河工房の願い
素材、技術、デザイン、塗装など、ひとつの作品が生れるには 着想から製作、完成となるまで様々な行程があり、思いが込められています。それらの作品のいくつかが工房の日常のこまごま とした出来事を乗り越えて今日まで作り続けられています。こうした小さな歴史が子供達の手に触れられ、受け継がれていくよう願っています。