本文へジャンプ

メールウイルスチェックからメールウイルスチェック2へ変更する場合の注意点

メールウイルスチェック」サービスをご利用のお客様は、月額料金はそのままで「メールウイルスチェック2」サービスへお乗り換えをいただくことができます。

「メールウイルスチェック」、「メールウイルスチェック2」共通の特徴

  • メールのウイルス感染を防ぎます。
  • ウイルスがパソコンに入る前に駆除します。
  • パソコンにソフトをインストールする必要がありません。
  • 他のセキュリティ対策ソフトと組み合わせてご利用になれます。
  • 面倒なパターンファイルの更新は不要です。
  • メールアドレス単位でのご利用となり、パソコン台数の制限はありません。

「メールウイルスチェック」と「メールウイルスチェック2」はどちらも電子メールの送信、受信の際にメールに含まれるコンピュータウイルスをavisのサーバで検知・駆除するサービスですが、次のような違いがありますのでご注意ください。

「メールウイルスチェック」と「メールウイルスチェック2」との違い

  メールウイルスチェック
サービス
メールウイルスチェック2
サービス
メールボックス容量 20MB 50MB
利用開始 メールウイルスチェック用の設定
が必要
設定変更が不要
(利用開始はメールでお知らせ)
メールの転送 ウイルスチェックがされる
前に転送
ウイルスチェックがされた
後で転送
迷惑メールフィルタ 迷惑メールフィルタの設定
が必要
許可リスト、拒否リスト、
迷惑メール振り分け、
7日間自動削除の機能
が利用可能
件名に[spam]とつける
迷惑メールフィルタ機能を使い、
メールソフトで振り分け
迷惑メールフィルタ判定 avis独自仕様 DrWeb Anti-spam

また「メールウイルスチェック」サービスから「メールウイルスチェック2」へのお乗り換えの場合、次の手順を行っていただく必要があります。

「メールウイルスチェック」から「メールウイルスチェック2」へ変更する手順

  1. avisからのメールウイルスチェックオプション2設定完了のメールを受信します。
  2. メールウイルスチェックオプション設定解除方法に沿って設定解除を行います。
  3. テストメールを送信し、メールが受信できること、エラーが表示されないことを確認します。

ページ上部へ