本文へジャンプ

利用規約・利用条件

ウィルスチェックサービス利用条件

第1章 メールウィルスチェックサービス

1.ウイルスチェック機能

ウイルスチェック利用オプションは、Doctor Web, Ltd.の「Dr.Web Anti-virus」を使用し、電子メールに添付されているコンピュータウイルスに感染したファイルを、送受信時にavisのメールサーバー上で検出して削除するサービスです。電子メールにファイルの添付がない場合や、その他のインターネット接続操作でのウイルスチェックは行われません。また、既にご利用環境がコンピュータウイルスに感染している場合の駆除を行うものではありません。

2.ウイルスチェックに関する注意事項

(1) ウイルスチェック後の自動転送
ウイルスチェックは当社のメールサーバー上のみで提供される機能であり、ウイルスチェック後の電子メールを自動的に他の電子メールアドレスへ転送することはできません。
(2) メール送受信にかかる時間
ウイルス検知の際、添付されているファイルのサイズ(容量)や圧縮方法の種類などによってウイルス検索に時間がかかり、当該電子メールの送受信に遅延が発生する場合があります。
(3) ウイルスに感染した電子メールへの対応と保証
ウイルスチェックはDoctor Web, Ltd.のパターンファイルによってウイルスを検知します。そのため、パターンファイルが作成されていない新型のコンピュータウイルスへの感染、その他のインターネット接続中の外部からの不正侵入、FTP、HTTPまたは各種記憶媒体からの感染も考えられます。以上の理由から、オプションサービスを利用されている場合においても、当社では電子メール経由を含む、何らかの原因によりお客様のコンピュータまたはネットワークがコンピュータウイルスに感染しないという保証は行いません。
(4) メールアドレス毎のチェック動作
ウイルスチェックはメールアドレス毎に全ての電子メール送受信に対してチェックを行います。但し、当社の指定する方法で電子メール転送とメールソフトウエアへの設定を行わない場合にはウイルスチェックは行われません。
(5) ウイルスチェックにより削除されたファイルの復旧
ウイルスが検出された場合、電子メールに添付されているファイルは自動的に削除されます。この処理により削除された添付ファイルのバックアップや保管、添付ファイルに含まれるコンピュータウイルスの駆除や無力化は行っておりません。よって、いかなる場合であれ、削除された添付ファイルの復旧はできません。
(6) パターンファイルによる誤処理
ウイルスチェックはDoctor Web, Ltd.のパターンファイルによってウイルスを検知します。パターンファイルの内容により、まれに誤動作する場合がありますが、削除された添付ファイルの復旧はできません。
(7) 暗号化された電子メールの処理
PGP(Pretty Good Privacy)などの公開鍵暗号システムによって暗号化を行った電子メールに関しては復号化が不可能であり、ウイルスチェックは行えません。
(8) ウイルスパターンファイルの更新
Doctor Web, Ltd.から提供されるパターンファイルの更新は当社の定める期間毎に自動的に更新されます。ただし、当社の判断する緊急の場合はこの限りではありません。また、お客様からの要望に応じたパターンファイルの逐次更新は行いません。
(9) ウイルスチェックを行う電子メール容量
ウイルスチェックを行う電子メールの送受信容量は当社の提供するメールサーバーの仕様に準じます。

おすすめサービス

  • ウイルスバスター 月額版
  • ノートン360 月額版
  • ノートン インターネットセキュリティ 月額版
  • マカフィー 月額版
  • インターネット サギウォール 月額版
  • パスワードマネージャー 月額版
  • avisのお得なサービス

ページ上部へ