本文へジャンプ

利用規約・利用条件

2017年4月1日改訂
株式会社 電算

INCケーブルインターネット無線LANプラスオプション利用条件

第1章 無線LANプラスオプションサービス

1.無線LANプラスオプションサービス

(1) 無線LANプラスオプションサービス(以下、本サービス)は、株式会社インフォメーション・ネットワーク・コミュニティ(以下、INC)の有線テレビジョン放送施設のアクセス回線を用いて、INCの保有する無線LAN(Wi-Fi)機能を内蔵した屋内端末装置(以下、無線LANモデム)を会員に貸与するサービスです。
(2) 本サービスは、INCケーブルインターネット光ハイブリッド160M、光ハイブリッド100M、光ハイブリッド30M、光ハイブリッド2Mのプランで提供します。

2.無線LANモデム

(1) 会員は無線LANモデムからLANケーブルによる有線接続、および無線LAN接続によって会員端末をインターネットに接続するものとします。
(2) 会員は必要に応じて、INCから指定された識別符号により無線LANモデムの設定を行うことができます。但し、会員が変更した無線LANモデムの設定に関して、当社は通信の保証を行いません。
(3) 本サービスは、無線LANモデム標準仕様の暗号化技術を用いた接続を推奨します。無線LANモデムの脆弱性によって会員が損害を被った場合でも、その損害について当社は一切責任を負いません。
(4) 無線LANモデムは本体の初期化操作によって出荷時の状態に戻すことができます。その場合、会員が変更した無線LANモデムの設定を復元することはできません。
(5) 当社は、会員宅無線LANモデムの障害の切り分けのため、無線LANモデムの設定変更、および設定情報のリセットを会員に依頼することがあります。
(6) その他、無線LANモデムの扱いは、CATV網アクセス回線利用規約に準じます。

3.接続設定

(1) 会員端末等には、DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)によりネットワークアドレス(IPアドレス)を取得する設定を行うものとします。
(2) 会員が無線LAN接続を行う場合、INCが設定したWPS(Wi-Fi Protected Setup)方式およびSSID(Service Set Identifier)、WPA(Wi-Fi Protected Access)暗号キーの入力による方式によって無線LAN内蔵ルータに接続するものとします。
(3) 本サービスは全ての通信機器の無線LAN接続を保証するものではありません。

4.申し込み、解約

(1) 会員が本サービスの申し込み、および解約をする場合、当社指定の方法で行っていただきます。
(2) 本サービスの申し込み、解約の際は屋内端末装置(ケーブルモデム)の交換工事が必要となります。工事にあたっては別途工事費用が発生します。
(3) 設置工事の際、INCの指定業者が会員端末に接続設定を行います。但し会員端末が複数台の場合、および標準的な設定で接続できない機器の場合は接続設定をお断りすることがあります。

5.料金

(1) 本サービスは無線LANモデムの利用を休止している場合も料金が発生します。

附則

この利用条件は2017年4月1日から適用されます。

おすすめサービス

  • ウイルスバスター 月額版
  • ノートン360 月額版
  • ノートン インターネットセキュリティ 月額版
  • マカフィー 月額版
  • インターネット サギウォール 月額版
  • パスワードマネージャー 月額版
  • avisのお得なサービス

ページ上部へ