05月31日up

「ゆがんだ屋根の家、カナディアンファーム」 2005年5月


私のHPの掲示板でカナディアンファームが話題になり、連休の後ネット友達と原村を訪れました。ここ原村はオーガニック精神の豊かな村で、なおさら私を引き付けます。 そして噂で聞く「ゆがんだ屋根」に魅せられて!

16日月曜日、大門峠を越え茅野市へ降り、原村へと向かいます。「八ヶ岳美術館」・「中央農業実践大学」の下辺りなので、ほとんど迷うことなくカナディアンファームへと進みました。農園の農道のような道を入ると、鉄平石のコバ積みが目に入り、箒が立てかけてあり、軒には鮭やらの燻製が釣り下がっています。車を止め、止まる前にすでにドアーを開け。足が吸い込まれて行きました。

重量感のある木材を支えるに十分な鉄平石の基礎でした。

裏側から入ってきた来訪者にスタッフの方は驚かれたようですが、にっこりと私を迎えてくれました。

メインのゆがんだ屋根はパンの窯の上にありました。白樺の立ち木を利用して、桁や垂木の曲がりを活かして屋根のゆがみを現していました。レッドシーダーと思われる板が葺かれ、その上手は草が生え、奇妙な石の煙突が顔を出し、なんともすばらしい味わいです。白樺は寿命なのか、大分衰弱しており。小さな穴が開いており、そこへコゲラらしき小鳥が飛び込んでいきました。

それは生命共存体って感じで、ここにあるもの、ここに住まう者、ここを訪れる人、通りすがりの者までが全てが共存共有してるって! その奇怪な風景に魅せられました。パンを焼く窯の中を炎がうねり! そこで焼かれたであろうパンをかじりながら。私の目は点、点と、シャッターを切っていました。枕木と電柱の家 ウイスキーの樽の板で葺かれた屋根、鉄平石の屋根も登場する。足元のレンガの曲線、そして向こうにむくり屋根が見えます。花壇でヒゲ面のおっちゃんが作業してます。人目でハセヤンであることが感じます。「こんにちは」ハセヤンの優しい眼差しから、全てを受け入れる包容力を感じ取れます。手は真っ黒で、その右手の甲が血だらけです。雄鶏に蹴られたのだそうです。生き方そのものが有機的なのでしょう。

訪れた方が農民の音楽とやらを古楽器で演奏してくれました。全てが共存共有してるって!こんな感じで現われたのです、すばらしいことであり、ここに居合わせられたことが幸せでした。

屋根が泳いでいる! マンタが泳いでる! 蝶が舞っている!

スイングワールド八ヶ岳山麓です。

屋根まで有機的生命体です。

カナディアンファーム
〒391-0112 長野県諏訪郡原村1077−7 Tel 0266-74-2741
http://www.lcv.ne.jp/~haseyan/

戻る


what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP