「上田城址公園のウコン桜」(2000・5・2)

4月22日のソメイヨシノ          4月29日のウコン櫻

 

上田城址公園は役650本のソメイヨシノの花でにぎあいます。市立博物館横には、

一本の「ウコンサクラ」が満開に咲き、話題を呼んでおります。鬱金桜、ウコンと

はインド原産のショウガ科で根茎は黄色でカレー粉の原料やたくあん漬けの着色料などに利用され、

鬱金染めとして衣類にも染められたようです。

ウコンバナ(ダンコウバイ)、ウコンウツギ、などがあります。


衰弱樹木の樹勢回復  

                             2000年3月24日

信州「上田城」といえば、徳川軍を二度にわたり敗走させた、真田一族の名城です。

ここで公園の衰弱した樹木を治癒して樹勢回復させようと、ボランティア作業がされました。

作業は上田市造園緑化業協会山崎信幸会長他18名で、樹木医の後藤正直さんの指導のもとに、

本年で四回目の実施となり、今回はウコンザクラ、とソメイヨシノ二本を処置させました。

樹木の枯れる、衰弱する原因には、老衰、病虫害、酸性雨などの環境汚染、山火事な

どの天災、そして踏圧などがあります。まずはどのような原因があるのか診断します。

 

今回は根瘤病と踏圧によるものと診断され、

衰弱したサクラの根元の土を剥ぎ取ることからはじまりました。

ボランティアの造園協会員

根を傷めないように表土を剥がす

根瘤病の根を切る

殺菌剤の塗布

籾殻燻炭とバークの混合物を伏せる

材料

材料に水を含ませる

敷き藁をしたウコン櫻と滝沢公園管理課長

衰弱の激しいソメイヨシノ

不健全な根があらかた切られた

切られた根瘤病の根

指導する樹木医の後藤さんの目も悲しい

藁で保護されたソメイヨシノ

 

 

 

 

4月29日みごとに満開です

土を剥がすには竹ベらと箒がベストでした。

戻る


what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP