ワ ー ク シ ョ ッ プ の 進 め 方

 近年地域づくりなどでポストイットを使ったワークショップ方法がよく使われます。

大きな声の人に圧倒されず、それぞれの人の意思や考え方が表現され、皆の表現が一同にして共有でき、

目前にして方向性を探りだせる方法です。

 どうやってやるの?なんてよく聞かれるため、自分の経験を紹介します。

ただし私はまったくの素人で見ようみまねで覚えたことですから、あしからず。

(それぞれに書き込まれたポストイットを張っていく)

 

その手順


1、 ポストイットにそれぞれの表現を書いてもらい、大きな模造紙などに張っていく

 

2、 皆の意見を聞きながらポストイットを区分していく

 

3、 いくつかの固まりになり、またその中間のもの、まったくはみ出たものもあります

 

4、 さあ、これから何を読み取り、何を考えていくか!

(例)平成11年の地域の文化活動のアンケートの分析例

 

アンケートの実施 


数字で表われたグラフ

エクセルでまとめた表

アンケート集計(文章)

アンケート結果

(言葉で表現された項目を、ポストイットにて貼り付ける)

 

 地域づくりの場合「目的」「コンセプト」が大切です。 「誰が」

「何をするのか」「いつまでにするのか」「どのようにして」「どこまでやるのか」

こうして導かれたことを、どのように実行していくか!出来ることと出来ない事があります。

やってみたい事、やらねばならないこと、まず出来る事からやってみましょう。


what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP