石の巨匠 坂井達省さん プロフィール

坂井達省さんとの出会いは10年ほど前、

当社のぎゃらりー「カモミール」でのある作品展のときでした。

見物静かな彼に、重たく堅い石を刻むパワーがどこにあるのだろうと思いました。

そのころの彼はメタセコイアの葉のようなデザイン「植物」というテーマで、

石を刻んでおりました。軽井沢のアナベラさんの「母系」、アナベラの愛犬をデザインして

五に積み上げた、動物重ね。そして「山河」シリーズでは幾多のダイナミックな「山」と「河」が

表現されてきました。 私が搬入にお手伝いした一つの作品能生中学校に設置された「山河」。

東海村に設置された「朝」でした。

東海村「朝」

能生「山河」

彼の作品は実にたくましい、具象と抽象。二つを実に巧みに成熟させてきた、

偉大な作家であると思います。この度、上田市に新設された「上田信用金庫本店」の中庭に

設置された「山河」ご覧下さい。

この堂々たる作品は彼の成熟を意味するなにものでもないと、私は思います。

 

 

 

次のページ


what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP