今、日本のゴミは?

 造園屋が考える 植木の剪定した枝のリサイクル

 

かつて、江戸の都は世界一ゴミの少ない都市であったそうです。

なぜ、生ゴミが燃やされなければならないのでしょうか?

なぜ、プラスチック類が燃やされなければならないのでしょう?

空き瓶から、空き缶、タンスや自転車、プロパンガスのタンクまで焼却炉に放り込まれ

ペットの死骸から植木鉢の土まで、家庭で発生したストーブの灰まで

公営の焼却場に投げ込まれていった現実は何だったのでしょう。

 

ダイオキシン大国日本は、各地でゴミ減量化作戦に乗り出しました。

焼却の必要の無い物を燃やし、貴重な化石燃料の急速な燃焼等により、地球の温暖化現象が進んでおります。

世界一ダイオキシンを排出するわが国は、ダイオキシン濃度の基準を定めその基準値におさまるよう、

各地の焼却炉を膨大な予算をかけ、大改修がされています。

 

なにか間違ってはいませんか?

 

かつて庭木の剪定された枝は、たきものや様々な活用がされてきました。

近年は、無用のゴミとして、公営の焼却炉で燃やされたり、野焼きされてきました。

堆肥化は無味に等しいそんな中でごみ減量化させなければならない現実は

剪定した枝の焼却炉持込禁止が各地で始まってまいりました。

 

かつての時代の剪定枝のリサイクル

「藤ツル」や「アケビ」、「カズラ」は縄替わりに

「クロモジ」は楊枝や箸 「コナシ」(ズミ)で作った扇型楊枝

「萩」は垣根 雑木の垣根は柴垣という

「ウシコロシ」は石屋の玄翁の柄 「ナンテン」、「ウメ」の箸

「ハナノキ」は鍬の柄 「カシノキ」の「コロ」や「カケヤ」

「シナノキ」の皮はロープや布に

その他はかまどの燃料、ときには生け花に

草木染めの原料、、、
 

 

庭園のマルチング材としての提案

自然の中では落ち葉や枯れ枝は自然に朽ちけます。

庭園でもチップ化させて庭園に敷き込むと多くの利点があります。

          

                1. 保水性を高め、菌根菌を増やします。

                2. 分解された栄養素は植物に吸われ、健康に育ちます

                3. 雑草が生えにくく、砂埃を減少させます

                4.園路に敷き詰めると、クッションが良く快適な歩行ができます

                5.自家処理によりゴミの減量化になります

                6.マルチングの下に生ゴミを挿入することによりダブル効果があります

 

 

家庭用剪定枝処理機の紹介

ガーデニングの本場イギリスやドイツでは剪定枝の堆肥化はあたりまえです。

庭園の一角に堆肥場を設け、そこに生ゴミも堆肥化させ、土作りの準備をします。

 

ガーデンシュレッダーHG−1500(ドイツ製)

100V電源 1500W 重量20Kg 最大枝直径30mm 価格68,000円

三陽金属株式会社0794−82−0188当社の処女作の(上田市依田宅)

 

庭園にて実験してみました。むやみに押し込むと負荷がかかりモーターが停止します。

一枝一枝ていねいに入れましょう。太めの枝は回転させながら使用するとよろしいですね。

枯れた枝は堅いため処理しないほうが懸命です。

草木染め愛好者には必需品、好みの植物のチップ化できます。

草木染めの原料のチップ化、

「ヒノキ」や「めぐすりの木」などの薬草木をチップ化し

健康のために入浴材、煎じて飲むとよろしいでしょう。

参考までに 農業用枝さい断機 マメトラCL20Dです。

 小型ではありますが業務用として、中々の能力があります。

その他の庭園での剪定枝の利用

草木染め愛好者には必需品、好みの植物のみチップ化できます。

 

もどる


風景の哲学ラピギャラリー暮らしたい街花情報庭師の時代イズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP