木島平やまびこの丘公園

木島村の高社山(こうしゃさん)の山麓に12haの広大な憩いの広場が7月25日オープンしました。

日本で最大級のイングリッシュガーデンということで日本全国で話題になっております。

長野自動車道中野インターを降りて、木島平を目指します。道路標識になかなか木島平の文字が出てこない。

不安の中で通りがかりの人に道を尋ねながら目的地に向かいます。

 

 

曲がりくねった道、道路案内の不備が不慣れな旅に不安に募らせます。

ようやく木島平に着くと、赤い屋根が目につきます。赤い屋根は県内では異国の雰囲気がします。

やっと「やまびこの丘公園」の立看板を見つけ車を逆進します。

どうやら車の動線は同じ目的地のようです。途中ワイルドフラワーが群生しており、

車を止めて見渡すとなかなかのロケーションです。南方に印象的な山があり、切り開かれた芝生の帯はスキー場であります。

上昇気流に乗りパラグライダーが十数機空を泳いでいます。どうやらあの山から「気」が湧き出てくるようです。

ほんのわずか先に進むと高社山の山麓に500台ほど止められる駐車場がほぼ満車。

「何か違う」「この車の数はなんなんだ」この一瞬の思いは間もなく解けました。

ここ「木島平やまびこの丘公園」は第三セクター方式のパブリックガーデンです。

茅野市の「バラクラ」、清里の「萌木の村」や「八ヶ岳クラブ」、軽井沢の「塩沢湖レイクサイド」

安曇野の「ちひろ美術館」、東部町の「中央公園」等多々ガーデンを紹介してきました。

それぞれが地域、風土、環境、そしてポリシーの中で魅力的ガーデンを表現しています。

それぞれ公共・企業・個人と規模、表現力、ポリシーの違いがあります。大切なことは、

有料・無料にかかわらず、どれだけ人々を感動させるか、満足させるかです。

高社山の山麓のコナラ、ミズナラ、ミズキ、ハナノキ、ウリハダカエデ、アオダモ等の

林を切り開き芝中心のパブリック空間、これがパプリックであったために許されたのでしょう。

私の目には自然植生の「思い」と人間としての心の差を感じました。

そして企画設計の力量も感じます。しかしスキーの木島村に夏の魅力を企てて、第三セクターによる

「木島平やまびこの丘公園」に大きな前進をしています。園芸スタッフの一人

「山本裕美」さんは初年度予算のわすかな予算で1年草の育苗の発芽率を高め、スタッフと共に頑張っております。

一年後、二年後、彼女の育てる「木島平やまびこの丘公園」が楽しみです。

ガーデンは設計。施工は3分、残り7分は育てることです。


8月8日地球の日に行われた「地球市民文化祭INメディアランド上田」で

泉園&トレビも出展しました。多数のご参加本当にありがとうございました。

 

 

7月28日(火)長野市平安堂新長野店(長野駅前広場)3Fで

「ガーデン・レッスンVol、1」レンガ・石・木・・・お気に入りの庭が開催されました。

講師:滝沢 かねこ

(LAC インテリア・カラーコーディネーター事務所/二級建築設計事務所) 

もどる


 

what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP