8月17日up

中之条石ってご存知ですか?

村上義清公のお墓の石は

緑色凝灰岩!

土蔵の土台の石、これが中之条石

 

                             塚原吉政

長野県坂城町の旧家の門から玄関へのアプローチの相談を受けました。母家は江戸時代の建物が残り、

土蔵は数年前に民家再生で修復済み。

この度は門の両サイドに積み上げられていた、飛び石の活用です! 

この石、私の記憶では中野市周辺で産する「ござ目石」です。

「ござ目石」飛び石・庭石として、知る人ぞ知る日本の名石です。板状節理の発達した、一定方向の模様が特徴の石で、

佐久方面では「内山石」に近い表情の石で。安山岩と呼んでいいと思う石です。

この石が50枚ほど眠っていたのです。 私は思わず「もったいない!」 

そんな思いがこの「ござ目石」を生かす方向へ考えました。 

先ずは、門の下にはノミ切りの短冊石があり、それを伏せ直す仕事からはじまります。

この石は緑色凝灰岩(グリーンタフ)と呼ばれ約2500万年ほど前海底火山の

噴出物によってできた石で、上田では「上田城」の石垣の石と同種類の石で、上田では「太郎山の石」

としてこよなく愛されてきました。墓石・記念碑・井戸枠・石橋、

そして火に強いことから炭焼き窯に、コタツ・へっついに使われて来ました。

施工前の門の石敷き

施工中の短冊石、これが中之条石

村上義清公の墓これが中之条石

同じく

広い意味でのこの石に似た石は、「大谷石」「麦飯石」などがあります。

海底火山から噴出した火山灰が堆積した緑色凝灰岩(グリーンタフ)と呼ばれるものなのでしょう。

坂城町は戦国時代の豪族「村上義精」の本拠地です。すぐ近くにお墓があり、早速お参りに行きました。

墓石を見ると薄緑色の色合い、質感の軟らかそうな、ぬくもりの

あるような石です。こいつは「緑色凝灰岩」と呼ばれる太郎山の石だぜ!と直感すると、

何故かすごい愛着を感じたのです。それでも間違った解釈してはいけないと、

坂城町の教育委員会へ電話して、墓石の材質を聞きましたところ、「横尾層」と言う地層から産出したもののようだ、

という事で、ほぼ太郎山の石(上田城の石垣の石)と言う裏づけがとれました。

横尾層という地層は約2500万年ほど前海底火山の噴出物(火山灰など)によってできた石で、

想像を超える火山活動の時代でした。その後、火山の活動が治まり、深く! 静かな! 海の時代となり! 

やがて隆起活動が始まり、陸地から大量な土砂が産みに溜まり。海は北へ! 南へと後退していき!

 今の中部地方が出来たらしいのです?

 

厚さのそろわない、「ござ目石」を伏せて、その間を信濃石で埋めようと計画し、施工します。

施工途中? ちょっと違うな? ってことで急遽変更! 「ござ目石」の周りは「伊勢ごろ太石」を埋めて完成です!

「ござ目石」の飛び石と「伊勢ごろ太石」

「山目地」

戻る


what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP