2月5日up

長野市若穂『領家』の家並み     2001年4月

 

須坂からの帰り道、北の美術館前を通り403号線を南下すると、土壁風の大きな民家が見えてくる。

まだ陽が高いし、ちょっと見学してみました。

(領家)

近づいてみると、土壁風の色は漆喰であることがわかる。しっかりとした石垣、そして切妻側の木組み、

由緒あるお屋敷であろう。表門はどうなっているのだろうと、集落の中にはいっていくと!!! 

その驚きに目をみはるばかりでした。大きな長屋門、(最初のお屋敷と違うのですが)

シャチホコと不動様の鬼瓦、立派な高いノシ瓦、そして家紋が付けられている。

そして公会堂前には数々の石碑が並び、見事な土蔵そして亀甲積の石垣、、、。

赤松の門かぶり、これほどにバランスのとれた民家はあるだろうか? 集落の中心地である辻には数々の石塔があり、

その姿の格調の高さ! 仁王様なのかショウキ様なのか?の鬼瓦!!!

静かに生き抜いている、北信の集落、実に見事です。

いつまでも後世に生き続けることを願います。

 

戻る


what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP