2000年2月24日UP

「真田随想録」(上)刊行  常田軍三さん東信ジャーナル社にて出版

 

真田一族といえば六紋銭の旗印と猿飛佐助、霧隠才蔵で有名な真田十勇士の活躍です。  

 九度山の真田庵には紅い牡丹がたくさん植えられ、真田氏のお屋敷跡には、紅い躑躅がたくさん植えられ、

上田菅平インター周辺では薄紅の大山桜がたくさん植えられています。

真田一族はこよなく紅い色を愛したのです。

そして真田一族の愛郷心を受け継ぐ上田人は、21世紀へのロマンを育んでいます。

「風景の哲学を夢見て」信州上田花情報参照ください。

http://www.avis.ne.jp/~torebi/hana04.html

http://www.avis.ne.jp/~torebi/hana08.html

「愛郷心」原点に「真田随想録」(上)刊行 常田軍三さん東信ジャーナル社にて出版


常田軍三さん(67歳) 上田商工会議所専務理事として活躍されるなか、

真田一族のロマンにかきたてられ、真田一族の関わりのある史跡を訪ね、

真田一族に寄せる心情を綴り、東信ジャーナル紙に310回にわたり連載してまいりました。

 2000年2月21日 真田一族の愛郷者300人が集まり、常田さんの健筆をたたえ激励会が開かれました。

 常田さんは夜9時に寝ると、真夜中の2時にはランランランと目が輝いてしまうのだそうです。

忙しい仕事の合間に史跡を訪ねまわり、それをワープロに打ち込んでいくのだそうです。

 商工会議所堀会頭は「忙しい人に仕事を頼め、暇な人に頼んでもいい仕事をしてく

れない、忙しい人は時間をつくっていい仕事をしてくれる」と絶賛しました。

 

真田随想録(上) 税込み価格 2,500円 

注文先 電子メール tjournol@seagreen.ocn.ne.jp

東信ジャーナル社 代表取締役 井出正義386-0005 長野県上田市古里2256−7

tel 0268-23-6632 fax 0268-26-1403

  

 

写真をクリック!大きく見えます

2000年2月23日 東信ジャーナル掲載 

what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP