今!注目の「荒砥城」 戸倉上山田温泉の山城    2001年5月1日

 

戸倉上山田温泉の南西に桜の名所の城山公園があります。村上一族の要害堅固な「荒砥城」があります。

数年前に復原された「砦」は鉄平石の石垣や栗の丸太の外柵が組み合わされ、

石垣の曲線のデザインと栗の柵が印象的です。

曲線の石垣と柵

 

 

鳥瞰図

櫓よりの全体

 

 大胆不敵なデザインを私は気に入っております。きっと歴史学者にしてみれば、

「地元産の石ではない、枡形に積む本来の石垣のデザインではない」と苦標が飛び交って

いることでしょう。 しかし鉄平石垣の曲線のデザインと栗の柵は、

訪れた人々の心に焼きつきます。それは信州特産の「鉄平石」が信州のイメージ通じる事と、

曲線の石垣が現代人の心をつかんでいるからなのでしょう。そして栗の丸太の柵、

これが野性的で、この味に、信州の安堵感を感じるのでしょう。

砦も小屋ももっと簡素な丸太柱で出来ていたなら、なんと素敵だったことでしょう。

 

 

 

石垣の曲線

 

石積みのディテール

櫓の向こうが葛尾城

 

右の高い山が出浦城 

戻る


 

what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP