知恵袋その12

 

 

コンクリート舗装の中に芝生のデザインを!

    巨大猫の足跡の巻

 (2002年8月16日)

 

                               塚原吉政

「でいだらぼっちの足跡って知ってますか?

 信州東部町に伝わる、大地を作った大男!」

                                    

http://www.avis.ne.jp/~torebi/new14.html

 「手作り土器の野焼き」で私が紹介した書き出しです。

 

東部町田中常田には、でいだらぼっちの民話が伝えられています。

昔むかし「でいだらぼっち」は烏帽子岳に腰を下ろして眺めていると、目の前の平らがどうも面白くない。

そこで南佐久の土を両手で一すくいして、目の前に置きました。それが外山となり、

南佐久の一すくいした後が松原湖となった。と伝えられています。

 東部町常田の東部中学の南斜面の畑の中に、大きな石があります。

そこには大きな窪みが三つありそれは、「でいだらぼっちの足跡」と呼ばれています。

(でいだらぼっちの足跡)

 

tomoちゃんから駐車場の舗装をしてくれと頼まれ!ふと思ったんです。

  コンクリートの上に猫の足跡!   こいつはおもしれ〜や!

 早速tomoちゃんは発泡スチロールを買ってきて!

  猫の足跡を切り抜きました。

でっけ〜! 足跡!

 「でいだらぼっち」という巨人伝説の郷、

   でっけ〜 猫の足跡はぴったしです!

(コンクリートを打ちます)

 

(コンクリートから発泡スチロールを抜き、土をいれます)

(芝生を植えます)

 戻る


what'snew風景の哲学暮らしたい街花情報庭師の時代地域づくりの提案らくがきノート

イズミック文庫ラピグッズ||ガーデンの知恵袋ラピクラブ漫遊記庭師の考えるリサイクル

ラピキャラリーイズミックガーデンリンク集どんな会社コラムTOP