「使い捨てる」そんなガーデニングは本場イギリスではない。ある物をうまく利

 用するのが彼らのやり方だ。日本人のように外国から輸入してまでマクラギを

 使わない。

 ガーデニングは「庭いじり」。日本人ならではのガーデニング文化を形成する

 ことが、私たちの課題であると思います。

 

知恵袋その3(1月13日)

アプローチを自分の手で作ろう

 道路と玄関をつなぐ、大変重要なポイントで、住んでいる人の趣を感じさせます。

自らの手で、表現できるなら、なんとすてきな、住まい環境が誕生することでしょうか。

プロの技とは違い、素人の手による趣は、なんともいえない温もりがあります。

 

1.レンガのアプローチ

  同じ窯で焼くレンガは、一定に造られ焼かれるために、厚さが一定になり、

 施工しやすくなります。以下は、寒冷地を基準にすすめます。寒冷地は、冬季の凍結により、

 レンガがくだけることが、しばしばあります。

ポイント

1.レンガの選び方

 凍壊しにくい、堅質レンガを選びましょう。(国産でしたらヤキスギレンガ)

2.施工方法

 凍上防止のために、図のような、施工が必要です。

掘り取り地盤てん圧砕石の敷きこみ水を打ちながらてん圧かけや・大ハンマー等で基礎を固める。

3.レンガのデザイン 

 一般的にはレンガ張りが基本ですが、その他、たくさんのデザインかあります。

 かごめ張り、うろこ張り、・・・・・・あなたのオリジナルを考えましょう。 図参照

4.レンガの加工

 平タガネ(できるだけ巾の広いもの)で、ハンマ−を打ち込み、割ります。

 その時、地面に砂を敷き、その上で割ります。

 

5.実際の並べ方

 敷き砂をフラットに仕上げること。グランドを均すトンボやコガ板を使い

 レンガの底面を仕上げます。敷き砂の仕上がりがレンガ敷きの仕上がりを左右します。 

 踏圧を考慮した砂厚が必要であり、敷いたレンガの上で施工するか敷き砂の上で施工するか、

 大きな違いがあります。水平はあくまで錯覚を読み込んだ自分の目で見極め、斜面は斜面なりに、

 利用する人の気持ちを感じながら仕上げていきます。

  ゆがみもまた良し、おかしな時代で、ウエーヴもまたよし、そんな時代です。

 目地は山砂がよろしい。目地なしのつきつけはまたよろしい。

 又、目地を広くあけ、芝を5cmほどの巾で植えると最高です。

 

 

次回をお楽しみに!!

戻る