たと氏

[最終更新 2020/06/22]


<TOPIS> [2019/01~2019/12] [2018/12] [2018/11] [2018/09] [>>]
<目次> [コミック新刊] [コラム] [フォトライフ] [ソフト]
<最新更新> [Team FKR走行会] [翠星石改造計画] [12SR オイルキャッチタンク] [箱根巡礼]

(06/22)

部屋の液晶TVがそろそろ10年選手になってきていて、この先のCS機を考えると4K TVを買うのがアレかな、と思ってちょっと家電屋を眺めていたのですが、よくよく考えると今はTVってレコを見るかPS4をやるかにしか使ってないので、だったらTVじゃなくてモニタ買えば良いんじゃないかな? かな?

PS5はWQHDの144Hzあたりがターゲットらしいので、32V WQHD 144Hzのゲーミングモニタを見てみたらTVより全然安い金額で買えるし、今のTVは足が固定で左右に回せないのに比べて、モニタならVESAマウントがあるから標準でスイーベルできなくても後づけモニタスタンドに交換すればエルゴノミクス的にも調整幅が広く取れるというココロ。


問題は音響だけど、HDMI/DPでモニタに音を入れて、そこからAUXでアクティブスピーカに出力すればいいかな。

そのままモニタの両脇に置くとTVに比べて横幅食うけど、モニタを少し上げてその下にスピーカを横置きするかサウンドバーを入れれば問題なしかな。

#昔、PS3用のサウンドバーを持ってたけど、サラウンド感はあるけど絶対的な音質は今ひとつだったからねぇ。ホームシアター用のシステムだとサウンドバー+ウーファーだけど、ウーファーは置く場所が‥‥

(06/09)

メインモニタを更新するとき、EIZOとデュアルにするために中華製のデュアルモニタアームを買ったのですが、流石に27Vと24Vを並べて配置するにはアームの長さが足りなくて、今までのエルゴトロンのアームと、デュアルアームのポールにアームを1本だけ付けた状態のペアで構成したのですよ。

しかし、エルゴトロンのアームに比べると、中華製アームは27Vの重さに耐えられなくてチルトを付けたと思っても結局垂直にしかならないのと、動きがギシギシでちょっと動かすにも思ってない部分までまとめて動いて位置決めがしにくいのと、ケーブルを通すホールの出来が悪くてアームを動かすとケーブルカバーが干渉してカチ割れそうでなんともって感じですよ。

しかも、VESAマウント部分のブラケットが×型になっている、のはいいんですが100×100のネジ穴から外側に盛大に張り出しているせいで、マウントが引っ込んでいるタイプのモニタにはブラケットが干渉して取り付けできないという、汎用性すらままならねぇなと。

#確かにVESA規格にはブラケット外側の寸法の定義はないのですが、先行商品でデファクトスタンダードになっている寸法があるんだからそこからわざわざはみ出すサイズで後発を出すってのもどうかと。


それでもなんとかして位置決めして使ってはいましたが、ちょっと配線整理のためにモニタを持ち上げて戻したらケーブルカバーがカチ割れてこりゃダメだっちゅうことで、結局エルゴトロンのアームをもう一本チェキですよ。

昔は2万円ちょいとかした記憶がありますが、尼を見たら実売1.4万で売ってたのでこの値段で精神の平穏が買えるならまぁいいかなとw

今日のナニ

144Hz・FeeSync対応のゲーミングモニタを入れたので、今までの様に60FPSを切った途端30FPS動作でカクカク、みたいな状態ではなく、ライザのアトリエみたいに45~60FPSうろうろ動作でもFPSの数値そのままにモニタ側が追従するので、今までと比べると十分ヌルヌル動きますよ。

それでも、新作JRPGですら60FPS天井貼り付かないGPUでは、ちょっと限界が近いかもしらんかな。PS5がリリースされれば、国産ゲームもそっち基準のグラフィックになるだろうし。


今のところFHD 144Hzターゲットでコスパ最高のGPUは1660SUPERで、一つ上が1660tiだけど実際のゲーミングスコアを見ると金額差に比べて性能がそんな向上しないので、グレードを上げるなら2060SUPERが次の選択肢って感じですな。

以前は1660SUPERが初物価格で1660tiとほぼ同額だったので1660ti一択だったけど、1660SUPERが値下げされて1660Ti-5,000円とかになると途端に1660tiが割高になると言う微妙なバランスですわん。

それ以上はFHDにはオーバースペック‥‥、だけどVRを想定するならVRカノジョで2070SUPERがスタートライン、2080Tiがベースラインと言われるから恐ろしい。

3600だと相方は2060SUPERが最上位で、2070SUPERになると今度はCPUが足を引っ張る状態になるのですよ。とは言え、3700Xなら2080Ti相手でも十分だから、ハイエンドVRを狙うとしてもM/B交換までは不要なのでまだマシ‥‥、か。

(05/30)

正直なところ、FHD 27inch TN 144Hzモニタってゲームには良いけどゲーム以外には微妙で中途半端だったかなと。

少なくともIPSの144Hzモニタにすれば良かったな。27Vって幅広すぎて、コーディングに使うとTNでは端の色合いがおかしくなる。ゲーミングで多少離れると色合いは気にならないけど、その距離でコーディングするのは遠すぎだし。

FHDだから作業領域も広くならないし、同じサイズでWQHDモニタがあると考えるとね。

まぁ、今のGPUでWQHD出力するとゲーミングのフレームレートが明らかに落ちるから辛い処かな。結局、WQHD 60Hzも1660SUPER以上なんだよなぁ。

今日のナニ

ついでに、TNモニタのせいか判らないけど、自宅からリモートデスクトップで接続した先のVSCode上でIビームが背景のグレーに同化するせいで頻繁にマウスカーソルを見失うのがイライラだったので、昔使ってた極太Iビームのマウスカーソルファイルがどこかに残ってないかなと色々探したけど出てこないので、OS 2世代ぶり位に自作マウスカーソルの作成ですよ。

で、OS付属のマウスカーソルエディタなんかもうないのでフリーソフトを探してみたらReal World Cursor Editってのがあって使ってみましたが、今のマウスカーソルファイルってマルチサイズのカーソルがまとめて入っているのね。


全サイズ編集してもどうせ使わないだろうし最小サイズだけ弄れば良いか、と思ったら半透明色まで使える様になってて、この時代にアンチエイリアスを手動で付けるハメになるとは思わなかったけど、とりあえず昔使っていたBold Iビームっぽいのが再現できたからこれを使ってみるかなと。

通常、黒の一本線でカーソルを書くと黒背景ではネガポジ反転して白のラインに見えるハズなんですが、どうもリモートデスクトップ接続した環境の場合は反転せずに黒背景でも黒ラインで表示されている、っぽいのか?

色々テストして、黒以外の色を使ったカーソルだとローカルでもリモートでも反転処理されない様なので、内側に白で幅4ドットのIビームを書いてその周りを黒に縁取ってみましたが、思惑通り黒背景に持っていっても反転せず内側の白がそのまま表示されるので、リモート・ローカル側どっちでも目立って使いやすいカーソルになりましたよ。

#Win10でもIビームのアレンジ版カーソルは幾つか入っているのですが、ぶっちゃけどれも格好悪いので使う気には、ならんですわん。

(05/25)

なんだか3月からこっち6月までのお出かけ予定が全部キャンセルになってなんともアレでしたが、6月下旬のドライブは行けそうなので、御殿場で一泊、新東名を走って名古屋経由で帰ってくるルートで走りに行くかなと。

新東名もSAの店が休業中の方が多いとか、御殿場のアウトレットが閉鎖中だとか完全な復旧状態ではないですが、まぁ全部のSAの全部の店に寄る訳でもないし、飯×2回寄る場所があれば十分でしょう。


ちなみに、最初はアウトレット内にあるホテルを予約して夕方~夜にショッピングにうろつく予定でしたが、アウトレットがまだ全面閉鎖中の可能性がある状態では、割高な宿泊費を払うメリットがないので別のホテルをチェキです。

前日に250kmくらい走って、翌日に500kmとか走るので、ちょっと広いシティホでもと思ったけど良いホテルなんかないんだよなぁ。まぁ、Yahooで探している&1名なので基本2名以上のシティホは中々出てこないからしゃぁないですが。

今日のナニ

ゲーミングモニタで144Hzまで出る様になると、GPUをちょっとランクアップさせたい欲が出てきてナニですよw

FHD 144Hzだと1660Superか1660Tiがベターで、VRも行く気なら2060Superもアリかって感じ。

ただRX570でもFreeSyncがあるので、今まで60FPS~40FPSで動いてたゲームも結構ヌルヌルに動くから、Steamのライブラリが殆どが60FPS天井ゲーという現状では144Hzまで平均的に出なくてもいいかなぁ、って感じもナニです。

まぁ、FF7がsteamに来た時に考えるか‥‥

(03/10)

2年半使っているAQUOS L2のバッテリーがヘタってきて、ついでにmicroUSB端子もちょっと怪しくて充電が途中で止まる、だけならともかく放電しちゃって電源ケーブル挿しているのにバッテリーがモリモリ減ることがたまにあってアレです。

で、乗り換え先としてFelica付き防水の現行機となるとOPPOかAQUOSですが、3.5マソ帯5.5インチの後継モデルであるsense3が機能的にもバランス良いから第一候補と考えてたけど店頭でモックを触ってみるとL2に比べるとデカい重いで今ひとつ刺さらないと言うかなんと言うか。


と思ってたら、なんかここに来てAQUOS R2 compactがスンゲー値下がりしていて、普通の手段でも3マソ台後半で手に入るんですがIIJmioのSIMセットでR2 compactを買うと端末代金が一括で1.9マソと言う二度見するレベルの値札が付いていますよ。

スペックとしては、CPU/GPUともR2>>sense3で定価で8万円台クラスの端末なのですが、これまではMVNOの端末セットで買うと一括6万円前後で来てたと思うのですが。

発売時期から言えば一年前なので次世代モデルの声も聞こえてくる頃なんですが、AQUOSのMVNO向け主力はsense3の価格帯で、それより上のR2やZeroなんかはキャリア向けと言うポジションですが、キャリアも端末代金割引ができなくなってて8マソ台は売れ筋から外れてきた感じですからなぁ。

それでも、R2/R2 compactはそれなりに売れたモデルなので追加生産&MVNOでも売るために端末値下げ、って言う***。


ただ、最近のシャープ端末はストラップホールが省略されている場合があって、R2 compactもストラップホールがないらしいですよ。ストラップを付けたいならホール付きバンパーケースを買えと言う話らしいですが、ストラップを付けると言うことは胸ポケットに入れるのを想定しているので、わざわざ一回り大きくなるケースはう~んと言う感じです。

保護ガラスについては、元々がゴリラガラスなのにその上にゴリラガラスの保護ガラスを貼るのもどうかと思う感じ?

(02/15)

白州蒸留所のセミナーを予約したのでルートをチェキですが、シャトルバスが新宿方面からの接続しか想定していないせいで、長野方面からアクセスしようとすると行きはともかく帰りの選択肢が酷いですよ。

「接続列車に合わせてシャトルバスを運行しています」って書いてあるのに、バスが15:50小淵沢着であずさが15:50発とか、バスが17:00小淵沢着であずさが16:53発・その次が18:53発とか、長野方面はシャトルバスじゃなくタクシーで帰れと言う勢いで合わさってません。

しょうがないので、どうせだから小淵沢発小諸行きのHIGH RAIL 1375で佐久平まで行ってはくたかに乗り換えて帰るか、とルートをチェキりましたが、HIGH RAILは小諸終点で佐久平は一駅前、はくたかは当然金沢まで行くので、ウイスキーをしこたま飲んだ後に小海線鈍行に2時間半ゆられる行程でまともに長野駅まで帰ることが出来る気がしませんわw


幸い、ツアー後に間に合うシャトルバスから30分ほどで中央本線の鈍行長野行きに乗れるし、その1本後のあずさを待っても乗り換え含めて長野駅着が鈍行より遅くなるから、この鈍行で二時間半揺られて帰るかって感じで。ツアー自体が長いので、このシャトルバスに乗るなら有料試飲タイムがカツカツだけど、その分朝を早くして買い物や昼ご飯は昼前に入っちゃえばいいかな。

乗車券は丁度、長野県内&小淵沢までの駅で1日乗り降りフリーな信州ワンデーパスが使えるので、コレと行きのあずさ特急券を追加しても往復で3,700円。往復とも特急を使うと7,000円くらいになるけどその半額でイケるのでいいんじゃないでしょうか。

今日のナニ

しかし、HIGH RAIL 1375にも乗ってみたいなと思いますが、小海線フル乗車の片道で2.5時間。1日1.5往復しているので、小諸駅まで車で行って駐車しておいて、往復して車で帰るというのが一番マシなルートなのかな。

往復しない場合、長野→小淵沢→小諸→長野(or 佐久平→長野)、と言うルートになって、乗車券は信州ワンデーパスでまかなえるとしても、フル鈍行なら長野15:05発で長野着が22:55。8時間は流石に‥‥、死ねる‥‥。

#まぁ、同じ駅間往復で乗車5時間って時点で一般人からするとドン引きですがw


往復すると腹をくくれば、小諸からじゃなく佐久平を起点にすることで、長野駅と佐久平を新幹線で移動するというアレンジも効くしね。新幹線でも、乗車券部分がワンデーパスでイケるのも大きい。

まぁ、長野~小諸駅なんて高速道路で行けば直結みたいなルートなので、春先からGWの時期なら車でいいでしょう。

(02/10)

2月の竹本泉オンリー行きの足をチェキっていて、行きは高速バスで帰りは新幹線と言ういつものルートかなと言う感じですが、人形町駅から東京駅への乗り換えを調べたら都営浅草線と東京メトロ2本乗り継ぐルートが出てきて七面倒くさいなそもそも人形町駅ってどこやねん、って地図見てみたら‥‥、東京駅まで1.4kmとか歩いた方が早いじゃなイカw


ついでに、仕事じゃない東京行きは久々なのでどこか寄っていきたいけど、いかんせん三連休のど真ん中なのでアキバやら上野は、混雑が目に見えているんでちょっと行きたくないかな。

時間的には昼飯を良い処に行くのが丁度良いので、何年か前に浅草行きで寄った駒形どぜうとか、昼・夜から外れた時間を狙ってリピ行ってみる?

東京下町エリアと言えば月島も一度行ってみたいですが、日曜午後なので有名どころの料理屋は休みか営業時間外、実質もんじゃ焼き一択って感じですがどうせ考えることは皆同じなので、いざ行ってみたら行列でしたってなると帰りの新幹線が怪くなるので落ち着いて食べていられない感じですよ。

話によると、店を指名しないで行くなら通りをブラついて空いている店を見つけたら入ればとりあえず外れはしないのでいいんじゃネ?ってことらしいです。大体、鉄板どころの具(シーフード&明太子)はどの店でも揃えているみたいなので、戸隠まで上がれば後はどこでもと言う蕎麦屋のノリで、いやいやw

今日のナニ

Radeon RX5500XTが出ましたが‥‥、う~ん、今のRX570から乗り換え対象になるスペックは最低でも1660Ti以上なんだけど、ベンチマークで5500XTは1660Superにすら負けているみたいでなんともですな。確かにRX570よりはパフォーマンスアップするし、RX580やRX590と比べると消費電力はずっと改善されているので、RX580(590)をワッパの極悪さで倦厭していたした人には良いかも知れませんが、RX570を底値で買ってしまった身としては流石に乗り換えは、難しいわな。

しかし、5500XTが出たのと前後してRX5x0系が生産終了になった(?)のか、尼で見るとRX570/RX580の在庫がすっからかんですな。RX580の底値に+5,000円で5500XTが買えて、スペックではRX590を上回っているので、旧世代のRX560~RX590がまとめて5500XTに統合した感じかな。1世代前からの買い替え用途としては中途半端だけど、数世代前からの買い換えや0からGPUを買う場合なら最新世代のミドル帯がこの価格ってのはアリでしょう。

ベンチの比較で出てた1660Superはまだ3マソ超えているから、値段差の割りにはスペック差が小さい、と言えないこともないし。

と言うか国内の1660Superの価格が割高すぎて、ちょっと追加して1660Tiや2060を選んだ方がコスパ断然良いって話になっているし。本来なら3マソ切って2.8マソくらいで売って漸く選択肢に入るブツじゃなイカ。

(01/08)

京都市から寄付金の領収書が届いたので、確定申告の書類を作ってみる感じで。

今は国税庁のHPからオンライン入力で確定申告用の記入済みPDFを作成してそれを印刷して書類と一緒に郵送すればOKなので、入力用の書類を取り寄せたりPDFで印刷して手書きしたり対面窓口で書類提出する必要はナシなので楽ですわ。

今日のナニ

結局、ETC車載器はアンテナスピーカのあるパナのCY-ET926Dをチェキ。

既存車載器もよくよく見るとパナで、購入したのが‥‥、11年前ですか。K11の時に付けたので3台乗り継いで来たシロモノですが、10年超で調子悪くなるのは流石に寿命の前兆なので、本格的に故障する前に交換ってことでOK。


で、既存車載器がグローブボックス内で今回も同じ場所に取り付けを依頼しましたが、グローブボックス上面に取り付ける場合は両面テープじゃ力不足でビス留め用のブラケットがないとまず剥がれるので、カタログにあった型番専用の別売ブラケット使って+1,000円くらいかな、と思って仕上がりを確認したら既存車載器で使ってたブラケットをそのまま流用して取り付けましたとか「専用」ブラケットとはなんだったのかと。

取り付けのクオリティは‥‥、ぶっちゃけ寺は純正品以外の電装パーツについては今みっつ位の仕上がりで、YHとかの方がそれなりに綺麗な仕上がりですわ。ただし、持ち込み機器の工賃は高いので用品店で取り付けるのは買い替え前提になるケド。