涸沢の紅葉(2007年10月15日〜16日)

上高地
梓川沿いに明神、徳沢から横尾と、殆んど平坦な道を約11キロ歩きます。上高地の紅葉はまだ早くケショウヤナギも緑でした。

横尾大橋
ここまで来たら桂の黄葉がきれいでした。ここから直進すれば槍沢を経て槍ヶ岳の登山道です。この橋を渡るとあと6キロで涸沢に到着です。ここは槍へ登る人、涸沢へ登る人との分かれ道で、大勢の登山者が休んでいました。

屏風岩
日本有数の岩場だそうです。

本谷橋
つり橋を渡ると、いよいよ本格的な登りになります。このあたりから紅葉が盛りになり、道はもみじのトンネルでした。

涸沢ヒュッテ直下の紅葉です。
このあたりから涸沢ヒュッテと涸沢小屋との分岐になります。私たちは涸沢小屋に泊まりました。

明神岳と紅葉
上高地の河童橋から明神岳が見えますが、この明神は反対側からです。

ナナカマド
ナナカマドの紅葉です。実も葉も真っ赤になるとても美しい樹です。

テント場を見下ろしています。
この土・日曜日にはこのテント場には色とりどりのテントの花が咲いたそうです。

北穂高岳
3角錐のきれいな山でとても存在感がありました。

このあたりの紅葉は緑も混じっています。

涸沢カール
このカールは夏まで雪渓が残り、お花畑になるそうです。上の方はガスで隠れていますが、奥穂高岳、涸沢岳が隠れています。

前穂高岳

涸沢小屋を背景にナナカマドと記念撮影です。