ホリデイ・トレッキング・クラブ

私たちの目標 

(1)急性期から慢性期、また、在宅医療までの総合的な医療サービスを提供し、
   地域の医療福祉に貢献することを目指します。
(2)患者さんの立場にたった医療を第一とし、
   優しさ、いたわり、思いやりを持って接します。
(3)常に質の高い医療を提供できるように
   職員全員が研修、研鑽に勤めます。

ご挨拶


 医療法人三世会金澤病院は約170年の歴史を有する地域に根付いた医療機関です。その間、皆様から大変温かいご支援を頂き、地域医療に邁進して来ることができました。
 その体制は時代とともに変遷してきましたが、現在は41床の一般病棟、41床の療養病棟、および、みついクリニック、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所などを有し、約100名のスタッフが日夜、医療、介護に専心しております。
 当院は地域の皆様が、安心して、便利に、心地よく医療を受けていただけることを大きな目標と定め日々努力しています。
 医師スタッフには、埼玉医科大学名誉教授(呼吸器内科)金澤 実先生、日本医科大学名誉教授(循環器内科)の清野清彦先生をはじめとして、肝臓病、消化器病、整形外科、放射線科などの専門医が診療を行っています。
 こうした専門的な医療とは別に、診療を行うすべての医師が皆様のホームドクターとなるべく心のこもった診療を行い、小規模病院ならではの患者様の使い勝手が良い、心地よい医療機関となることを目指しています。
 また、近年の高齢化社会の到来により在宅診療、在宅介護の重要性が高まってまいりました。このため、当院では過去数年間、院外部門である在宅部の拡充に努めてきました。病気を持った高齢者の患者様がご自宅においても安心して療養できるよう、在宅診療や病院と在宅部の連携(診療と介護の連携)に力を注いでいます。
 私どもは、地域に根付いた、地域の皆様に信頼される医療機関であることを目指して更に努力してまいります所存ですので、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

医療法人三世会 金澤病院 院長                   
金澤政之

《 沿革 》

江戸時代まで遡ることができます。