活動レポート

禁煙治療が保険で出来るようになりました

= お薬で禁煙 =

 
 タバコの習慣性は、タバコの煙に含まれるニコチンが、麻薬にも劣らない強い依存症をひきおこすためです。そして今日では、喫煙習慣の本質は「ニコチン依存症」という治療が必要な病気であるとされています。
 たとえば、高血圧を意志の力では治せないのと同様に、病気である「ニコチン依存症」を意志の力だけで治すのは難しいのです。そこで禁煙外来では、お薬を使って禁煙治療を行なっています。

 タバコが肺癌など「癌」の発生のリスクを高めることや、拘束性肺疾患などの呼吸器病、心筋梗塞や脳梗塞といった血管の病気に強く関わっているのは、ご存知の通りです。タバコをやめたい、あるいは禁煙に関心のある方は、禁煙外来にお尋ねください。

健康保険が使えます。

 以前は禁煙治療には健康保険を使えませんでしたが、今では禁煙外来のある医療機関にかぎり、保険を使って治療できるようになりました。