活動レポート

もう胃カメラは苦しくない 

=経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)のお知らせ=

胃カメラ(胃内視鏡検査)はわが国で開発された世界に誇る医療技術です。長年の創意工夫により以前にくらべ、検査は楽になっています。しかし、現在でも、咽頭反射が強い患者様や胃液分泌の多い患者様では、胃カメラを挿入する際や検査中に「オエー」となってしまうため、“胃カメラは苦しい検査”というイメージが世の中に定着しています。最近開発された鼻から入れる胃カメラは、そのイメージを一新させました。
とにかく楽に検査が出来るのが特徴です。

特徴 (その1)

従来の口から入れる胃カメラと違い、鼻から入れる内視鏡検査はカメラを鼻腔から直接食道へと通しますので、「オエー」となる原因である舌根にカメラが触れることがありません。このため咽頭反射がほとんど起きず、楽に検査が可能となります。

特徴 (その2)

細い鼻腔を通してカメラを入れるため、使用するカメラは専用の極めて細い胃カメラを用います。この細いことも楽に検査ができる理由のひとつです。

特徴 (その3)

口からいれる内視鏡検査では、マウスピースで口がふさがれており、スコープも口から入っているため話せません。しかし、鼻からスコープを入れる場合は口がフリーですので検査中に会話ができます。検査中、医師に質問をしたり、気分を伝えたりできるので、安心して検査が受けられます。

特徴 (その4)

口から入れる内視鏡検査では、咽頭麻酔を行うため検査後はすぐに飲水や食事をすることはできませんが、鼻からスコープを入れる場合は鼻腔への局所麻酔を行うのみですので、検査後すぐに食事をすることができます。

“鼻から入れて本当にだいじょうぶ?”

普通、鼻からモノを入れることはありませんので、すごく痛そうと感じられるかもしれません。実際に鼻腔は神経が集中している敏感な部分です。そこに胃カメラを通しますので、挿入する前には十分な麻酔を行います。鼻からの胃カメラを受けた方へのアンケート調査では、なんと9割をこえる人たちが次回も鼻からと希望されています。欠点としては、経鼻内視鏡は一般の内視鏡と比較すると細いため、画質がやや劣り、行える処置も限られます。また、患者さんの容態によっては、鼻からの挿入が難しい場合もあります。しかし、より患者様への負担が少ないという利点は大きく、経鼻内視鏡の登場によって内視鏡検査が更に身近なものになることが期待されています。