赤沢自然休養林は、日本三大美林の一つ。
樹齢300年以上の天然木曽ヒノキが林立していますが、原生林ではありません。
1600年代の半ばに、当時の尾張藩が厳しい森林保護政策をもって護り始めたのが、この森の始まりです。

現在、この森は森林浴発祥の地。
健康増進効果も実証された、美しい木曽ヒノキの森をご案内します。



● 赤沢自然休養林の概要

 赤沢自然休養林は、上松町の南西部に広がる針葉樹林です。面積は728ヘクタール、標高は駐車場付近の1080mから、1558mに至ります。

 この森林は国有林にあたり、国の林政で伐採を免れてきた地域です。江戸時代は尾張藩の保護政策、明治時代には御料林と伊勢神宮の造営用備林に、戦後から現在は国有林に指定されてきました。


 1970年に国内第一期の自然休養林として開園し、1982年には林野庁の提唱した森林浴イベントを初めて開催。1987年からは、木曽森林鉄道の保存運行が始まりました。

 年間の利用者数は、平均12万人。開園期間は4月末のゴールデンウィークから11月上旬までで、例年は4月29日に開園、11月7日に閉園というスケジュールが一般的です。
 11月から4月までは冬期閉園となりますが、ゲートなどはありません。ただし水道施設が凍結のため使用できなくなります。最大で、積雪は1.5m前後に達します。


 赤沢自然休養林までのアクセスは、JR上松駅から県道473号線を西に15km。専用路線バスで約30分かかります。園内の駐車場は有料ですが、皆様から頂戴した料金が園内施設の維持管理と遊歩道の整備に活用されています。

 森林鉄道は赤沢の開園中は運行されていますが、年に数回、軌道整備のための全面運休日が設定されています。森林鉄道運行予定をご覧いただき、爽やかな森林の車窓をお楽しみください。


2017年シーズンの開園期間は、

4月29日(祝)〜11月7日(火)の予定です。 


● 赤沢自然休養林へのアクセス

 赤沢自然休養林は国有林の中にあるため、通常の番地がありません。住所を記載すると「長野県木曽郡上松町 小川入国有林」となります。

  (1) カーナビゲーションで目的地を指定する場合、電話番号検索で次のお電話番号を入力してください。 



【時間の目安】 中央道伊那インター中津川インターから、それぞれ90分
  (2) 公共交通機関をご利用の場合、最寄駅はJR東海 上松駅となります。また1つ北の木曽福島駅からも、赤沢行の専用バスが運行されています。

 木曽福島駅、上松駅とも、バス停近くの観光案内所で往復チケットを販売しています。



上記の画像は、クリックすると拡大します。

専用路線バスダイヤ、料金表(上松町役場製作)へのリンク
(運行予定が確定次第、掲載されます)

【時間の目安】 木曽福島駅から片道でバス45分、上松駅から片道でバス30分


 現地までの地図を掲載したパンフレットは、郵送でもお届けできます。

 ● 赤沢自然休養林 散策のご案内

 赤沢自然休養林には多くの森林浴コースがあります。脚力やお時間によって散策コースを選べます。
 右のマップ画像をクリックすると、PDFの散策マップが開きます。大きめに作成されていますのでご活用ください。

 画像ファイルでのダウンロードはこちらから。



 【赤沢自然休養林 駐車場料金】

 普通車  600円    
 大型バス  2,000円
 中型バス  1,000円
 自動二輪車 150円 

   ※ 1日あたりの時間制限はありません。
   ※ 園内の民宿去来荘にお泊りの方、車いす利用の方は、料金所でお申し出ください。
 
 【赤沢自然休養林のご利用について】

 赤沢を含む木曽地域の森林は、先人たちの苦労と努力によって育まれてきた貴重な財産です。

 この美しい森林を将来に引き継げるよう、ご利用にあたって右記にご留意ください。
 ● 赤沢の森は、とても貴重な天然針葉樹林です。
  一帯は保安林に指定され、火気の使用も厳しく制限されています。
  バーベキューやキャンプは火災の恐れがあるため、ご遠慮ください。

● 園内の動植物や地形は、森林法に基づいて保護されています。
  赤沢から植物や岩石を持ち帰ることは法律で禁止されています。

● ペットの持ち込み自粛にご協力ください。
  (外来植物の繁殖防止、野生動物とペット双方の病気感染防止等のため)

● 夕暮れは急速に暗くなります。
  16:00以降の入林に無理は禁物、くれぐれもご注意ください。
 【赤沢自然休養林の運営にあたって】

 赤沢自然休養林の観光施設や遊歩道は、駐車場料金や皆様からお寄せいただいた利用者協力金を用い、整備されています。

 運営には「赤沢渓谷を美しくする保護管理協議会」を設け、利用者の増減や気象状況、お客様からのご要望などを反映できるよう心がけております。
 施設の故障や遊歩道の破損がありましたら、現地スタッフまでお気軽にお申し出ください。



 【取材に関するお問い合わせ】

 赤沢自然休養林の取材には、林野庁へのお申し込みが必要です。
 こちらからお問い合わせ先へリンクしています。


  上松町  林野庁(中部森林管理局 木曽森林管理署)

● 赤沢自然休養林 各コースの見どころ


赤沢自然休養林には、様々な散策コースがあります。 こちらでは、各コースの簡単なご紹介を掲載しています。

「ふれあいの道」 往復2.8km

 ふれあいの道は、全線が舗装と木橋で整備されており、車椅子や足に自信のない方でも気軽に森林浴を楽しむことができます。

 このコースのみ往復となっていて、赤沢橋・森林教室広場から渓流をさかのぼり、丸山渡停車駅まで向かいます。各所に休憩所やあづまやも多くあり、また森林に関する案内板も設置されていて、気軽な森林浴が味わえます。

 なお、丸山渡停車駅には改札がございませんので、森林鉄道のご乗車は森林鉄道乗場からとなります。森林鉄道には、車椅子のまま乗車できる車両もございます。
「駒鳥コース」 1周2.7km

 駒鳥コースは、ふれあいの道を経由して赤沢の代表的な風景を巡るメインコースです。 

 赤沢橋からふれあいの道を歩き、丸葉橋から分岐。昭和60年の「伊勢神宮御神木伐採跡地」や、渓流の休憩地「呑曇渕」を歩きます。呑曇渕にはトイレもあり、休息を取るには最適。のんびりとお弁当を食べる方の姿も多く見られます。

 コースはヒノキ大樹と椹窪を経由して、「床堰」まで戻ってきます。ヒノキ大樹と椹窪のさわら大樹は、この園内でも1、2を争う巨木です。各所の分岐から、他の森林浴コースを組み合わせて歩くこともできます。
「向山コース」 1周2.0km

  向山コースは、ヒノキの根が縦横無尽にからみ合う「走り根」の光景や、中央アルプス木曽駒ケ岳・乗鞍岳の遠望を楽しみながら歩くコースです。6月半ばころには、町花オオヤマレンゲの開花を見ることができます。

 赤沢橋を渡り、まっすぐ散策道へ入ります。お天気がよければ、見晴台では乗鞍岳の遠望が、平沢台では木曽駒ケ岳の眺望が楽しめます。散策道は平沢橋から渓流の近くへ進み、オオヤマレンゲの群生する場所を経由して中立橋へ戻ります。
「中立(なかだち)コース」 1周2.1km

 中立コースは、ヒノキやさわら、あすなろの自生の様子が観察できるコースです。中立台までは上り、そこからの帰路は下りになります。 

 中立橋から森林に入ると、間もなく左側へ分岐する案内板があります。そこから中立台へと上り、道中では、ヒノキからあすなろへと変貌する森林や、この地域では珍しいあすなろの母樹などを見ることができます。

 中立台からは下りとなり、丸葉橋まで戻ります。この区間では、徐々に地面が湿気を帯びて、さわらが分布していく様子を観察できます。
「冷沢(つめたざわ)コース」 1周3.3km

 冷沢コースは赤沢一帯の最深部を歩き、木曽ヒノキの見事な景観を楽しむことができます。 

 このコースは園地の奥にあり、ふれあいの道を経由して入ります。ふれあいの道の折返し点「丸山渡停車駅」まで進み、そこから本谷橋へ向かって森林鉄道の軌道跡を歩きます。本谷橋を渡って森林に入ると、椹窪までの峠道となります。頂上の冷沢峠では、休養林内でも比較的大きなヒノキが群生しています。また4月下旬には、足元にバイカオウレンの花が星を散らしたように咲き乱れます。

 椹窪からは駒鳥コースに合流し、床堰、園地へと戻ります。
「上赤沢(かみあかさわ)コース」 1周2.2km

 上赤沢コースは、天然林と人工林の違いと御嶽山の展望が楽しめる散策コースです。 

 園地駐車場のレストハウス赤沢前の道を渓流沿いに歩き、バーベキューハウスを経由して進むと、遊歩道が折り返して森林へ入ります。ここは人工林で、整えられた木々の姿が見られます。峠の頂上からは赤沢台へ上る道もあり、ここからは御嶽山の眺望が楽しめます。

 頂上から下っていくと、椹窪までの区間で天然林の姿を観察することができ、園内では数少ない広葉樹を多数見られます。椹窪からは駒鳥コース、ふれあいの道へと戻ります。景観の変化と季節感の多いコースです。
「渓流コース」 1周1.5km

一部施設の老朽化のため、現在閉鎖中

 渓流コースは、渓流の音を聞きながら歩ける涼しげな森林浴コースです。 

 赤沢橋を渡り、右へ折れて遊歩道に入ります。渓流に沿って歩くコースは分岐もなく、特に夏は地面の湿り気が気化熱を発生し、通常より涼しい風を生み出しています。コースは木曽森林管理署の事業所で車道と合流します。

 現在は最短コースですが、下流の姫宮橋までの遊歩道約3kmと接続されており、渓流沿いの散策が楽しめます。
「渓流コース姫宮ルート」 片道3.5km

一部施設の老朽化のため、現在閉鎖中

 赤沢の駐車場から下流へ3.5km延びる、渓流沿いの散策コースです。1本の道程なので、往復するか片道の足(バス停があります)が必要です。他のコースとは縮尺が異なるためご注意ください(パンフレットには掲載されています)。

 渓流沿いは赤沢園内でも特に季節感が豊富で、開園時期のアカヤシオやミツバツツジなどの花々、紅葉の時期にはエメラルドグリーンの川面と鮮やかな葉が楽しめます。
■「学術研究路」 非公開ルート

 木曽ヒノキ天然林の遺伝子保護や大径樹保存を目的に管理されている、特別なエリアです。観光目的に解放されることはなく、一般で入林できるのは、赤沢森林浴大会でガイドや森林管理署職員が同行し、学習研究を行なう際に限られます。

 赤沢自然休養林の森林浴大会の情報は、こちらから。

● 赤沢自然休養林内 各施設のご案内


赤沢森林交流センター

トイレ(男女障)、研修室、木工販売店
夏休み自然体験期間中の案内、販売業務

赤沢セラピー体験館

トイレ(男女障オストメイト、ベビーベッド)、休憩室
森のお医者さん健康相談室 ガイド事務室


食事処 せせらぎの里赤沢
0264-52-2792(開園期間中)

繁忙期を除き、火曜日定休
ご飯、麺類、オオヤマレンゲソフトクリーム
トイレ(男女 ベビーベッド)、土産販売


民宿 去来荘

0264‐52‐2602(開園期間中)

大正13年築、皇室御用達
大人のための、何もない、贅沢な時間をご提供


木の家ほりかわ

木工特産品販売、百草取扱店


バーベキューハウス
0264‐52‐2245(ねざめホテル内)

バーベキュー、ご飯、五平餅、ヤマメ塩焼き
夏休み期間 魚のつかみ取り体験

 
森林資料館
開園期間中 無料開館

林業の歴史、職人の道具、生態系、木曽五木など展示


森林鉄道記念館
開園期間中、無料開館

木曽森林鉄道の軌跡、資料、実車両など展示
森林鉄道改札、待合室隣接
   
   

● 木曽の天然林の歴史

  木曽地方の美しいヒノキ林は、天然更新された森林ですが、原生林ではありません。とても限られた地域に人の手が加わっていない地域もありますが、現在歩くことができる多くの森林は、我々人間との歴史の中で育まれてきた、貴重な存在です。

 赤沢自然休養林を含めた、木曽ヒノキ天然林の歴史を振り返ってみましょう。




 木曽地域は古くから良質なヒノキを産出することで知られていました。平安時代の面や仏像に始まり、神社仏閣の建築材、そして武士の時代になると築城の建築材としても重宝されます。

 木曽の寒冷な環境下で育ったヒノキは、非常に緻密な年輪を刻み、同じ径の材木としては格段に強靭で耐久力もありました。
 時の権力者たちは豊富な森林資源を擁する木曽地域を直轄領として、より強固な城や建築物を望み、ヒノキをはじめとする木材を使用してきました。

 しかし戦国時代が終わり天下泰平の世になると、城下町も大きく育っていきます。江戸時代初期に訪れた建築ブームで木曽の木材は枯渇し、森林資源の危機が訪れました。
 この時、尾張藩は木曽に材木役所を置き、直轄地として厳しい森林保護政策を敷いたのです。地元の住民が木を伐採することはおろか、入林すら禁じられ、その禁を破ったものは「木1本、首一つ」と呼ばれる処分を受けました。

 保護の対象はヒノキに類する針葉樹のほか、ケヤキ、カツラなどにも及びました。代表的な針葉樹を木曽五木(きそごぼく)と称します。この5種類は、ヒノキ、サワラ、ネズコ、アスナロ、コウヤマキを指します。

 住民が尾張藩の森林保護に苦しみながらも、森林は回復の道を歩み始めました。明治時代に入る頃には美しいヒノキ林が戻り、伊勢神宮の遷宮用材を産出する神宮備林に指定されます。
 そして第2次世界大戦後は国有林に指定され、かつての森林荒廃を経験した赤沢一帯は、奇跡的に伐採を免れてきました。

 1970年、全国初の自然休養林として、人と森林の共存を目指す新しい国有林の活用が始まったのです。
 
【木曽の森林の主な歴史】 国有林野「木曽谷の森林保全」より


 1300年代  木曽氏の支配 荘園として管理 林政は不明

 1590年    豊臣秀吉、木曽義昌を関東に移封し、蔵入地とする

 1600年    徳川家康の直轄領、山村代官を置く

 1615年    尾張藩へ譲与

 1664年〜  尾張藩の直轄管理、留山制度始まる

 1708年    ヒノキをはじめとする針葉樹の伐採禁止

 1869年    帝室林野局の管理へ

 1945年    第2次世界大戦終了 以後、帝室林野局解体、国有林事業へ

 1950年    赤沢国有林に学術参考保護林を設定

 1969年    赤沢を第1期の自然休養林に指定

 1970年    赤沢自然休養林、開園
 

「第2編の森林鉄道に続くのだ」  「一つ飛ばして第3編は、森林浴特集だぞ」