[telescope]
[いれこに響くピンク・フロイド]


《ピンク・フロイド 幻燈の中の迷宮》は今井著の「いれこに響くピンク・フロイド」と高橋著の「ピンク・フロイドの偶像」からなります。
ここでは「いれこに響くピンク・フロイド」のみ紹介します。



無意識においては時空が存在せず、また視覚と聴覚の境界もない。
ゆえに眼で音を、耳で光景を捕える。
ピンク・フロイドが具体音に固執する理由がそこにある。
『狂気』のプリズム、その六本の分光は暗闇に潜むピンク色が加わり七色となる。
眼で聴け、耳で視ろ。ピンクは耳で視る色なのだ。





[telescope_title2]

In the unconscious, the space-time continuum does not exist and there is no boundary for either auditory sensations or visual sensations.
Therefore, in the unconscious, sound is sensed by the eyes and sight is sensed by the ears. Therein lies the reason why Pink Floyd persists in concrete sound.
As for the prism of 'Dark Side of the Moon': six spectra, one pink color lurking in the dark joins, and becoming seven colors a perfect spectra is made.
Listen with your eyes and look with your ears! Pink is a color sensed by the ear.




目次
プロローグ
第1部 「エコーズ」大全
第1章 「Meddle」への干渉
第2章 『狂気』そして「エコーズ」の懐胎
第3章 「エコーズ」の作品論
第4章 「エコーズ」の胚芽
第5章 ピンク・フロイドの側面
第6章 未生譚

第2部 二元論を超えて
第1章 ホログラフィ
第2章 時空への舞踏
第3章 自我の二元論『ザ・ウォール』
第4章 トライアル97
第5章 20世紀のエピローグ



CONTENTS
Prologue
Part 1: Cyclopedia of 'Echoes'
Chap. 1: Interference to 'Meddle'
Chap. 2: Pregnancy of 'The Dark Side Of The Moon' and 'Echoes'
Chap. 3: Work Theory of 'Echoes'
Chap. 4: Embryo Bud of 'Echoes'
Chap. 5: Side View of Pink Floyd
Chap. 6: My Unborn Tale

Part 2: Beyond the Dualism
Chap. 1: Holography
Chap. 2: Dance to Time & Space
Chap. 3: Dualism of the Self -- 'The Wall'
Chap. 4: The Trial '97 -- Which One's Pink?
Chap. 5: An Epilogue for 20th Century



[magic]
高橋著の解説
Takahashi's Page
[Jap/Eng]
[Homepage logo]
Main-scope || Telescope | Magic-scope | Column-scope | Spectroscope | Kaleidoscope | Review-scope | Echo-scope
Links || Mail