りんご作りへのこだわり


 高原特有の豊富な日射量と、生育期の昼夜の大きな温度較差は、果実養分の消耗を減らし、糖度の高い果肉の引き締まったおいしいリンゴを作ります。         
 一般には外観重視のりんごがほとんどですが、当農園では、長年にわたり“うまさ”と“安全・安心”にこだわり続けています。


 

“うまい”りんご作り

 私たち人間が健康を保つためには、胃腸を丈夫にし、バランスの良い食事に心がけます。                
 うまいりんごを作るためにはバランスの良い土作りが大切です。有機質肥料、土壌バクテリア、アミノ酸等をふんだんに使い土作りを行い、健全な根を作り、こくのある微妙な味を作り出しています。                       
そして何よりも、木の上で完熟したりんごを少しでも早く消費
者の皆様に届けるように努力をしています。 
  


    “安全・安心”のりんご作り

「とれたてのりんごをキューッとふいて、パリッとかじる。
口の中に広がるジュースと甘さ!!」         

なんといってもこれが一番うまいりんごの食べ方です。

ダイオキシンや環境ホルモンなどに始まり、食品の安全性が問われている昨今ですが、当農園では30年以上前から“安全・安心”にこだわり、減農薬栽培を研究してきました。

現在では慣行防除に比べて30%以上農薬の使用量を減らして栽培しています。

長野県環境に優しい農産物に認証されました。



当農園の使用農薬について

一般に、減農薬栽培は単に農薬散布回数を減らした栽培方法がとられています。昨今、食品を通じて私たちの体内にとりこまれる環境ホルモン等の影響が指摘されています。               
当然、農薬は残留毒性の問題等で一番に嫌われます。
私たちの体に対しては、             
             

発ガン性、免疫毒性、生殖毒性、催奇形性、変異原性、等々
の影響が指摘されています。

そこで当園では、これらの環境ホルモン様物質の影響が指摘されている農薬の使用を1998年からできる限り制限しています。散布回数の削減と合わせて、使う農薬の種類も制限しています。


安心して丸かじりをおすすめできます。
リンゴジュースも皮ごと搾るため、残留農薬に気をつけています。








TOPサイトマップ通信販売法に基づく表記個人情報の取り扱いについて
Copyright(C)/CHIKUMA ORCHARDS.All rights reserved.