マッサージ師・はり師・きゅう師の国家資格(厚生労働大臣免許)の取得を目指す課程(理療科)のご案内

長野盲学校では、以下の入学基準に該当する方を対象として、3年間であん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格取得を目指す課程(理療科)を設けております。

[1].両眼の矯正視力がおおむね0.3未満の方

[2].視力が0.3以上であっても、視野が狭いなど、視力以外の視機能障がいがある場合で、医師の診断書をもって、本校での教育を受けることが適切と判断される方

視力が全くない方だけでなく、見えにくさがあって就職等でお困りの方など、お気軽にご相談ください。40代・50代など、年齢制限も特にございません。

[理療って何?]

眼が見えづらいことで、働く意欲があっても仕事が制限されてしまう方が沢山います。そんな方々の社会自立を支援することを目的とした職業教育課程が盲学校における「理療科」です。理療とは、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうの三つを総称した言葉です。「理」という文字には、『きちんとすじみちをたてる』、『すじを通して整える』という意味があります。身体の変調を整える東洋系の治療法としてこの言葉が生まれたと言われています。医療の一端を担っているマッサージ・鍼・きゅうは、国民の健康を守る責務とやりがいのある仕事です。3年間の学習は大変ですが、国が技術を保障する免許を取得することで、将来の職業自立の道が大きく広がります。

[理療科には2つの課程(コース)があります]

【専攻科理療科】

高卒以上の学歴の方を対象としております。3年間の就学で、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家試験受験資格が得られます。

【本科保健理療科】

中卒以上の学歴の方を対象としております。3年間であん摩マッサージ指圧師の国家試験受験資格及び高校卒業の資格が得られます。専攻科理療科のように、はり・きゅうの免許取得はできませんが、あん摩マッサージ指圧の学習に特化した授業内容となっておりますので、高卒以上の方であっても、視覚障がいが高度で日常的な生活訓練が必要な方、高齢の方、勉強には少し自信の無い方にはこちらの課程をお勧めしております。

[卒業後の進路先]

・マッサージ、はり、きゅうの治療院開業

・就職(マッサージ・はり・きゅう治療院、接骨院、訪問マッサージ、病院、介護施設、他)

★保健理療科を卒業して、あん摩マッサージ指圧師免許を取得された方は、引き続き本校の専攻科理療科に進学し、はり・きゅう免許の取得を目指す道もございます。

★専攻科理療科を卒業して、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師免許を取得された方は、筑波大学理療科教員養成施設(東京)に進学し、理療の教員免許取得を目指す道もございます。

[入学の手続きは?]

入学の可否は、3月に行われる入学検査の結果を元に決定します。

願書提出期間:12月上旬〜2月中旬

入学検査・合格発表:3月上旬(学力試験・小論文・適性検査・面接があります)

※入学検査の要項や願書については、直接本校にお問い合わせ下さい。

[入学後の経費]

授業料は要りません。教科書は無償給付です。

★活字の読みにくい方には、音声または点字教科書が給付されます。

通学が困難な方のために寄宿舎を設置しております。

家庭の経済状況に応じて、学用品費等が補助される就学奨励費制度がございます。詳しくは本校にお問い合わせ下さい。

[お問い合わせ]

お電話、メール等で、お気軽にご相談下さい。

長野県長野盲学校(教育相談係鴨井)

〒381-0014長野県長野市北尾張部321

TEL026-243-7789FAX026-263-3038

Eメール:nagamo-sc@pref.nagano.lg.jp

ホームページURL:http://www.avis.ne.jp/~centenia/


以下は、パンフレットのPDFデータです。理療科についてご紹介いただく場合等にご利用ください。

理療科パンフレット、PDFダウンロード


長野盲学校トップページへ