コンサート・活動記録
2008年


アグアドの会の関連をはじめ、ギターなどのコンサート&活動の記録です。


ギター二重奏の夕べ(岩村通康・越敬一)
2008年11月29日(土) 午後2時45分開演
会場:コンサートホールみすず(美鈴楽器本店3F)
入場料 : 2,000円
お問い合わせ:026-244-9408(岩村ギター教室)
PROGRAM
・ランクラージュマン op.34 ・・・ ソル
・幻想曲 op.54 ・・・ ソル
・舟歌 ・・・ メルツ
・星に願いを ・・・ ハーライン
ほか

ギターの小箱特別例会:佐藤絢子ギターコンサート
2008年10月26日(日) 松本市中町蔵シック館

岩村ギター教室発表会
2008年9月20日(土) 13:30開演
長野市松代文化ホール(地図)
入場無料

信毎女性セミナー「岩村通康コンサート」
2008年8月26日(火) 飯田シルクホテル
2008年8月27日(水) 諏訪濱の湯

アグアドの会 第10回 サマースクール
1.日時
2008年7月26日(土)〜7月27日(日)
●集合・・・午後1時30分 ●解散・・・午後3時
2.会場
飯綱高原 ペンション・ドルチェ (長野市内から車で20〜30分)
Tel 026-239-2200 (地図)
3.講師
荘村 清志(しょうむら きよし)先生
小原安正、ナルシソ・イエペスに師事。1964〜1968年スペイン留学。
69年の日本デビュー・リサイタルで、「テクニック、音楽性ともに第一人者」との
高い評価を得た。
74年にはNHK教育テレビ「ギターを弾こう」に講師として出演。
77年と80年に再びスペインに渡り、イエペスのもとでさらに研鑽を積み、ヨーロッパ各地で
コンサート活動を行う。以後、リサイタル公演、日本の主要オーケストラとの共演は数多く、
また、ソロ活動のほか、フルート、ピアノ、ヴァイオリン、チェロや声楽との共演にも積極的に
取り組み、ギターの魅力をさまざまな形で人々に伝えている。
CDには「天使のミロンガ」「森のなかで」「25周年アルバム」「カタロニア郷愁」
などがある。
2007年6月より、NHK教育テレビ「趣味悠々」のギター講師として再登場した。
4.内容
*公開レッスン *有志によにコンサート など
5.参加費用 (当日集金)
一人 18,000円(1泊3食付き・レッスン料込み)
[1日のみ受講 9,000円(食事付き)、聴講のみ 1日3,000円(食事なし)]
6.問い合わせ先
岩村ギター教室 Tel 026-244-9408

フォト・コンサート
写真&ギターの調べ
2008年5月3日(土)〜5日(月) 連休
10:00〜18:00
朝陽館 ギャラリー「蔵」入場無料
(長野市中央通り朝陽館荻原書店内) tel 026-234-2059

2008年フォトコンサート、当日の写真

ギターデュオ アットホームコンサート
CD「GUITAR DUO 燕になりたい」発売記念
2008年4月29日(火) (昭和の日)
入場無料
開場 PM 2:30 開演 3:00
美鈴楽器3F アンサンブル・ルーム
出演 Guitar Duo 足立由香里&高村浩二
大場義郎(賛助) 長野ギターアンサンブル

アグアドの会ギターコンサート
2008年4月19日(土)
12:30 開演
松代文化ホール(地図)
入場無料
客演:宮下祥子
演奏曲
・悲歌風幻想曲 Op.59 (F.ソル)
・ソナタ より 第1楽章ファンダンゴとボレロ 第2楽章パスキーニのトッカータ (L.ブローウェル)
宮下祥子(みやした さちこ)さん PROFILE
札幌出身。北海道大学卒業。7歳よりギターを始め、渋谷忠三、、福田進一に師事。オスカー・ギリア、エドゥアルド・フェルナンデス、パヴェル・シュタイドル、フランシスコ・クエンカ各氏に多数レッスンを受ける。音楽理論を作曲家の木村雅信、蛯子元各氏に師事。イタリア・キジアーナ音楽院のサマーセミナーに参加し「Diploma di Merito(最優秀ディプロマ)」を授与される。
1991年クラシカルギターコンクール優勝。2002年アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール(スペイン・リナーレス)で日本人初の第2位入賞。国内の活動に留まらず、2006年、、世界の女流ギタリストの祭典「"ギターと女性"フェスティバル」に日本人として初めて招聘されるなど海外公演も多く、これまでスペイン、チェコ、トルコ、パラグアイなどの15都市で演奏。アグスティン・バリオスの生地サン・ファン・バウチスタ市で公式に演奏したギタリストとして市から表彰されパラグアイ全紙で紹介される。
札幌市民芸術祭大賞受賞(最年少受賞13歳)、同奨励賞を2度受賞。
ファーストCD「PASSION」は『レコード芸術』誌で特選盤に選ばれ好評を得る。
札幌大谷大学音楽部非常勤講師。


池田満寿夫美術館「友の会」主催
●ギターと共に●
岩村通康ギターコンサート
2008年4月19日(土)
PM 4:00 開演
池田満寿夫美術館 1階ラウンジ
料金:入館料のみ(友の会会員は無料)

平安堂カフェコンサート
「宮下祥子ギターの夕べ」
2008年4月18日(金) PM 7:00開演
長野駅前「平安堂」
\1,200(飲物付)

クエンカ兄弟 コンサート

〜ギターとピアノの究極のアンサンブル〜

2008年3月22日(土) PM 3:00開演
竹風堂大門ホール
\3,500- (当日 \4,000-)
チラシ
チラシ(pdf)
プログラム
1部
クエンカ兄弟
序奏とファンダンゴ(L.ボッケリーニ)
フランシスコ ギターソロ
セゴビア讃歌(F.クエンカ)
セビーリャ幻想曲(J.トゥリーナ)
スペイン舞曲第5番(I.アルベニス)
2部
クエンカ兄弟
愛と戯れの踊り(M.ファリャ)
ファルーカ(M.ファリャ)
アルハンブラの思い出(F.ターレガ)
コルドバ(I.アルベニス)
アビラ(F.クエンカ)
クエンカ兄弟プロフィール
フランシスコ・クエンカ(ギター)/Francisco Cuenca
 コルドバ生まれ。3歳よりギターをギタリストの父に学び、8歳でコルドバ音楽院に入学。ギターと音楽全般を学び、同院を首席で卒業後、スペイン、イギリス、ロシアの著名オーケストラとアランフェス協奏曲を共演。アルムニェルカルの『A・セゴビア国際ギターコンクール』第2位、マドリッドの『A・セゴビア国際ギターコンクール』第3位、並びにスペイン音楽最優秀演奏賞を受賞。現在、リナレスのアンドレス・セゴビア音楽院の院長を努めるかたわら、ヨーロッパ、アメリカなどで活発な演奏活動を行い、どこでも絶賛を浴びている。
ホセ・マヌエル・クエンカ(ピアノ)
 コルドバ生まれ。幼少より音楽を学び、8歳でコルドバ音楽院に入学。同院を首席で卒業後、ヨーロッパ各地でリサイタルを行なう。その後、弟フランシスコとのギターとピアノのアンサンブルで世界的な名声を得、ニューヨークのカーネギーホールをはじめ、数々の舞台で大成功をおさめている。
2004年リナレス音楽賞を受賞、2005年5月にはデュオリサイタルがスペイン国営テレビ局にて全国中継される。
現在ウベダ音楽院長、アンダルシア ピアノ協会委員長
主催:アグアドの会
問い合わせ:026-244-9408 (岩村)

第7回スペイン夢紀行
地中海沿岸ローマ遺跡から アンダルシアの古都カディスへ
2008年2月23日(土)〜3月2日(日)


最初のページに戻ります