あなたの体をリフレッシュ

りんごの効用について



疲労回復・食欲増進・・・酸味
    リンゴ酸・有機酸を多く含み、血液浄化・腸内殺菌作用


子供からお年寄りまでおすすめ・・・健全な体質作り
     添加物食品の氾濫でアトピ−などアレルギ−体質が増加しています。
    りんごは健全な体質作りに欠かせない果物です。
    離乳食、病人、老人にはすりおろして、幼児にはスティック状にして与えましょう。



整腸作用・コレステロ−ル抑制・・繊維・ペクチン
     リンゴの中でも特に紅玉は他のリンゴにない多くの繊維質を含んでいます。
    その成分ペクチンは下痢、便秘、腹痛などに効く整腸作用と、コレステロ−ル抑制、
    大腸ガンの抑制効果も認められています。



食前に食べるのは金の卵・・・スリムになろう
    食前30分前に食べる。満腹感があり、ご飯の食べる量が少なくなります。
    リンゴ一個はご飯半杯のカロリ−があります。


現代人に不足・・・有効な栄養素ミネラルの宝庫
    有機酸、繊維質のほか、鉄、カリウム、亜鉛、ビタミンC等を多く含んでいます。
    鉄・・貧血改善

    カリウム・・塩分(ナトリウム)を体外 に排出塩分はインスタント食品に多く、
          高血圧、心臓病の原因

    亜鉛・・脱毛症、爪の異常の改善
    ビタミンC・・切っても煮ても壊れない特性を持っています。



紅玉は料理の達人・・・万能の素材
 ジュ−ス、ジャム、パイ、クッキー、焼きリンゴ、漬け物、サラダ等色々あなたのアイデア次第。


 An apple a day keeps the doctor away.

( 一日一個のリンゴは医者を遠ざける)

 

 丸かじりしよう!・・自然食品
丸かじりは、あごを発達丈夫にする。
脳の老化を防ぐ効果。

キュッと拭いてパリッとかじる・・・リンゴ本来の姿
減農薬にこだわる私たちの心意気が伝わる瞬間。







ポリフェノールについて

数年前からポリフェノールがブームになっています。正確にはポリフェノール類と言った方がいいのでしょう。
赤ワインに含まれるポリフェノールが活性酸素をおさえ、ガンの予防や老化を抑制する働きがあることは良く知られています。とはいえ、いくら体にいいからといってワインを飲み過ぎると別の意味で体をこわします。

赤ワインに含まれるアントシアニン(赤い色素)、タンニン(カキの渋)やカテキン(お茶の抗菌作用)もポリフェノールの一種です。
リンゴを切っておくと茶色に変色するのもリンゴに含まれるポリフェノールが酸素と結びつくためです。                     

野菜や果物など日常私たちが食べている物にはポリフェノール類が含まれています。果物では特に皮に多く含まれ、リンゴの皮をむいて食べると一番いい所を捨ててしまうことになります。               

りんごには皮付きの場合生果実100gあたり約104mg、皮なしでも92mgも含まれています。

赤ワインには100mlあたりに約140mgのポリフェノール類が含まれていますので、かなりの量が含まれていることになります。では、王林等の赤くならないりんごはどうでしょうか?
ポリフェノールの含有量は確かに少ないですが、かわりにカリウム等の成分量が多く含まれています。ですから、丸かじりまたは切っても皮をむかないで食べるのが一番です。                       

当然、りんごジュースは、皮ごと絞りますので、ポリフェノールは多く含まれています。




TOPサイトマップ通信販売法に基づく表記個人情報の取り扱いについて
Copyright(C)/CHIKUMA ORCHARDS.All rights reserved.